インテリアコーディネーターは女性からの注目度も高く、人気の資格の一つにもなっています。資格を活かして転職したいと考えている人も多いのではないでしょうか?

今回はインテリアコーディネーターの資格のニーズと将来性、資格を活かせる転職先、未経験の人におすすめの転職先までご紹介していきます。

インテリアコーディネーターの資格のニーズと将来性

インテリアコーディネーターは、主に建築関連の業界でニーズが高いといえるでしょう。人が生きていくうえで居住空間は必要不可欠であり、特に現代では「個」を大切にした暮らしを求めている人がたくさんいます。

個性を出しながら自然とともにナチュラル思考で暮らしたい人、デザイン性や機能性を重視したい人など好みは人それぞれです。

さまざまな要望に応じてベストなアドバイスや提案をし、理想の暮らしを実現させるためにインテリアコーディネーターが必要となるでしょう。

また、これからは少子高齢化社会に突入していきます。今後は新築や戸建て住宅に加えて、リフォームやリノベーションへの注目度もどんどん高まっていく傾向にあるでしょう。

自然やナチュラル思考の人が増えているのと同時に、既存の建物を活かして古い部分を活かした和風とモダンとを併せ持つ建物を好む人も増えています。

そのため、インテリアコーディネーターの知識を活かした転職先は今後広がる可能性が高いといえます。

インテリアコーディネーターの資格が活かせる転職先とは?

現在インテリアコーディネーターの資格を活かして働いているものの、さらなるスキルアップを目指して転職をしたいと考えているあなた。

インテリアコーディネーターの資格を持っている人を応募要件にあげていることが多い転職先は、以下の通りです。

建築会社や工務店など

建築会社や工務店など、主に新築住宅のオーダーが入る会社でインテリアコーディネーターがよく募集されています。

なかでも建売ではなく注文住宅に関する設計スタッフの募集が多いでしょう。

注文住宅の場合、顧客側のニーズや要望をうまくキャッチして形にしていくことが最重要であり、顧客満足度の高さがさらなる受注増につながるためインテリアコーディネーターは顧客側・企業側の双方にとって重要なポジションになるのです。

月収はおよそ25~80万円と幅広く、それまでの経験年数やその他に持っている資格に応じて異なってくるでしょう。資格手当としては、ない企業もありますが、ある場合はおよそ5千~1万円前後が相場になります。

応募職種はインテリアコーディネーターとしてだけではなく、設計士・建築士・施工管理・ショールームスタッフなど企業の規模によってさまざまです。インテリアコーディネーターの資格が活かしやすい仕事が豊富にあるのが魅力的です。

ハウスメーカー

ハウスメーカーでは、ショールームで直接お客様の声を聞いて提案したり、自社の魅力を説明したり、インテリアコーディネーターならではのアドバイスをすることができます。

また、インテリアコーディネーターの資格を活かして提案力や交渉力を高めることにもなるため、ニーズがあります。

月収は、20万円~40万円で職種によって幅も広いといえるでしょう。資格手当は月数千円~1万円程度ある企業もあります。

リフォーム会社

現在では既存の建物を自分らしくリフォーム・リノベーションすることに人気が高まってきています。求人も多く見受けられるでしょう。アドバイザーやコーディネーター・営業など職種も豊富です。

月収は20~40万と職種によって幅広く、建築士など所有資格によっても変動があります。資格手当がつく場合、数千円~1万円が相場となります。

壁紙やカーテンなどの専門店

住宅関連の専門店でもインテリアコーディネーターの資格が活かせる環境が多いでしょう。

自社の商品だけでなく、そのグッズ周辺のインテリアをどのようにするとお洒落で見栄えがいいか、お客様の要望に合わせたコーディネートを提案することで自社商品を購入してもらえるきっかけにつながります。

月収は17~20万円前後が相場です。資格手当はつかない場合も多いでしょう。

キッチンメーカー

ショールームスタッフの募集が多く、インテリアコーディネーターの資格が重宝する職場です。

自社のシステムキッチンに合う室内空間などの提案やアドバイスもできるため、求人先企業からも魅力的な人材と思ってもらえるでしょう。

年収は300万円台が相場です。資格手当はない場合も多いですが、平日にしっかりと休みがあり、働きやすい環境も多くあります。

アパレル企業

アパレルショップの店内内装やデザイン・設計などを行うスタッフ募集をしている場合があります。数は少ないものの、インテリアコーディネーターの経験を活かすことができる環境です。

アパレルショップの出店に応じてレイアウトや室内デザインなどに携わり、引き渡しまでそれぞれの施工会社と連携して進めていきます。

年収は300万円~500万円程度が相場で、経験年数に応じてスタート時の給与に変動があるでしょう。

インテリアコーディネーターを活かした仕事が未経験の方におすすめの求人

インテリアコーディネーターの資格を取得したものの、まだインテリアコーディネーターの資格にまつわる仕事に就いたことがなくて、これからチャレンジしたい人もたくさんいるでしょう。

しかし、実務経験がないというのは転職において弱点の一つにもなります。どんな仕事においても同じではあるのですが、企業側はやはり経験がある人を採用したいという気持ちがあるのは事実なのです。

また未経験でも応募可能な場合、第二新卒歓迎など比較的若い年齢層を求めている場合も多いです。

さらにインテリアコーディネーターは比較的人気のある仕事でもあるため、募集人数よりも応募者の方が多くなってしまう場合が多いでしょう。

インテリアコーディネーター未経験でもチャレンジできる場合が多い、おすすめの職種は主に以下の通りです。

ショールームスタッフ

ハウスメーカーや建築会社、キッチンメーカーや各種インテリア関連など、ショールームスタッフを募集している業種はたくさんあります。

ショールームスタッフはお客様の窓口となって直接声を聞けるため、経験を積むという意味でもぜひ未経験者がチャレンジしてみたい仕事なのではないでしょうか。

土日はおおむね出金となりますが年間休日は比較的多めな企業が多く、年収は正社員で20万円円前後~が相場です。資格手当はない場合が多いでしょう。

営業職

ハウスメーカーや建築会社などで多く募集されているでしょう。基本的に飛び込みではなく、モデルハウスの来場者や電話での問い合わせに対する営業が主となることが多いです。

営業職は、前職が別の業界の営業職であると、営業スキルがある程度ついていることも多く、即戦力として採用される場合もあります。

月収は25万~40万円程度が相場であり、企業の給与体系によって残業代や成果報酬型などの計算方法が異なるため事前に確認が必要です。資格手当はおよそ5千~1万円前後が相場です。

施工管理

ハウスメーカーや建築会社・工務店など、新築住宅を請け負う際にはお客様とのやり取りで施工管理スタッフが必須となってきます。

打ち合わせや設計図面の作成、業者の手配や指示だし、工程・安全管理、検査など幅広い業務内容で豊富な知識を吸収できる仕事です。

月収は20~25万円程度がスタートとなるでしょう。経験年数によっては収入アップの見込める職種の一つであり、資格手当はおよそ5千~1万円前後が相場です。

事務職

建築会社や賃貸会社などで事務職の社員がお客様の対応をしている場合もあり、インテリアコーディネーターの資格が優遇されている求人もあります。

特に営業事務職で募集されている場合にはお客様との電話・直接対応が必須のこともあり、事務職だからインテリアコーディネーターとは関係ない…と思わずにチェックしてみましょう。

月収は15~20万円程度が相場であり、資格手当がある場合、およそ5千~1万円前後が相場です。

最後に…

インテリアコーディネーターは、リビングやキッチン・雑貨・家具など女性が好むコンテンツがぎゅっと詰まっています。

そのため、仕事としてだけでなく趣味の一つとして資格を取得している人も多い資格だといえるでしょう。

人気の資格だけになかなか転職に結びつかないかも…と思っている人でも、未経験応募可能な転職先も実は結構あるのです。

インテリアコーディネーターの資格を活かして、あこがれの仕事に転職することはじゅうぶん可能なことなのです!