SEO・SEM・Webマーケティング

SEO・SEM・Webマーケティング担当者
×
仕事内容

SEO・SEM・Webマーケティング担当者の役割

Webマーケティングの仕事にSEOやSEMというものがありますが、それぞれの違いについて知らない人も多いのではないでしょうか。

まず、SEMというのは何かということについて説明します。SEMというのは、リスティング広告にSEOなど、さまざまなWebマーケティングの総称です。

検索エンジン上位表示させるための施策全般をまとめてSEMというわけです。SEMは、リスティング広告という意味ではありません。つまり、SEMはSEO・リスティング広告が属している集合体ということになります。大きな集合体の中にあるひとつが、SEOなのです。

リスティング広告

Webマーケティングの仕事に、リスティング広告というものがあります。先ほども名前が出てきていましたね。これは、サイトのユーザーを増やす方法のひとつです。検索エンジンの検索結果に、何かサイトの広告が表示されているのを見たことがあるかと思います。その広告が、リスティング広告です。

検索結果とは別に、その検索キーワードと近いサイトが広告として表示されます。そのため、ユーザーを効率よくサイトに誘導することができるのです。Webマーケティング担当者は、リスティング広告の予算やキーワード設定などを考えます。

ランディングページの最適化

ランディングページの最適化、LPOと呼ばれている仕事です。これは、サイトにアクセスしたユーザーを引き止める手段になります。

サイトの中で、ユーザーが最初に訪れることになるページが、ランディングページと呼ばれるページです。そのページのレイアウトなどを改善して、ランディングページだけを見てバックスペースを押してしまうユーザーの数を減らします。

その仕事が、LPOなのです。リンクメニューや検索機能などを充実させて、ユーザーが見たいページに簡単にアクセスできるようにするなどの方法があります。そういった取り組みをして、結果を出すのがWebマーケティングの仕事です。

SEO対策

SEOというのは、検索結果の上位にサイトを表示させるための施策のことです。SEOの仕事としては、まず、キーワードをリサーチする仕事があります。

ユーザーが検索しているキーワードをリサーチし、そのキーワードを含んだ記事を用意したり、ページを用意することによって、検索結果に表示させやすくするのです。

重複コンテンツがあれば、グーグルからの評価が下がります。グーグルからの評価が下がれば、検索結果表示順位も下がるので、サイトの重複コンテンツについては常に注意していなければなりません。また、誰かが自社サイトを再発行するかもしれないことにも注意を払います。

そういったさまざまな仕事が、SEOには与えられているのです。Webマーケティングの中でも、SEO担当者としてSEOのみを行う人材がいることもあります。

SEO・SEM・Webマーケティング担当者に必要なスキル・知識

SEO対策スキル

Webマーケティングの仕事をするのであれば、SEO対策についての知識・スキルは必要です。どのようなことをすれば検索結果上位に表示されるのか、GoogleとYahoo!の検索結果表示システムはどうなっているのか。様々な知識が必要とされます。特に検索結果の表示システムや評価システムについての知識は必要です。

Googleの評価システムについて考察・解説している本などを必ず読んでおきましょう。

アクセス解析ツールの使用スキル

Webマーケティングをするなら、必ず必要になるのが、アクセス解析ツールです。2016年現在主体として使われているのは、Google Analyticsでしょう。フリーで使いやすく、簡単な設定から深い設定までさまざまな操作を行うことができるため、多くの現場で使われています。

他にも、SiteCatalystやAD EbiSなどが使われています。

プロデュース能力

Webマーケティングは、同時にWebサイトのプロデュースを行うこともあります。また、Webマーケティングの取り組みは、プロデュースとほとんど同義です。そのため、SEO知識などだけではなく、プロデュースをする能力も必要とされることを、最後に覚えておきましょう。