物流企画・物流管理

物流企画・物流管理
×
仕事内容

物流企画・物流管理担当者の役割

物流ネットワークの構築維持

●企画から運用まで
物流企画・物流管理担当者は自社の事業を展開する上で必要な物流にかかわるネットワークを構築し維持拡大していくべく、企画から運用へ至るまでの諸事を役割として任されることになります。

仕入れた資材や製造した自社製品なり取り扱う商品なりを在庫として任意の場所で保管し管理し、出荷した品物を配送するルートを確立することなども必要です。

具体的には、以下のようなことを行います。

  • 品物を保管するためのスペースを確保する
  • 配送のネットワークをつくりあげる
  • ポイントごとに必要とされる人員を配置する

●広い分野にかかわる
物流企画・物流管理担当者は、業務を行う上で社内のさまざまな部署をサポートする役割も果たしています。

もし物流が滞ってしまうようなことになるとユーザーや販売の現場へ品物が届きませんし小売業も卸売業も成り立たなくなり、物品を必要とするサービス業にしても同様ですから事業の根幹を支える重要な存在であるのです。

特に密接にかかわる社内の部門としては、「生産部門」「営業部門」「販売部門」などが挙げられます。

事業の効率化と合理化に貢献する

●コストの削減
物流にかかわる部分で事業にかかるコストをできるだけ少額に抑えることも、物流企画・物流管理担当者の役割です。

在庫を置いておく倉庫スペースの場所を選定するほかより短時間で配送することのできる物流ルートを見つけるなどして、合理的かつ効率的な流通のネットワークを機能させるように力を尽くします。

●適正な人員の配置
費用対効果をもっとも高める流通ネットワークが実現するためには、適材適所で適正な人員を配置してスムーズな物流を実現させる必要があります。

物流企画・物流管理担当者は人的計画の部分にもたずさわり、最適な物流チームをつくるために尽力することも役割となっています。

物流企画・物流管理担当者として身につくもの

●合理的な思考
物流企画・物流管理担当者として物流を最善の状態で機能させるためには、合理的に思考することが求められます。

未経験から仕事に就いたとしても実際に仕事をして全体の流れが見えていくと、無駄なものを省き効率を向上させるための考え方が身についていくのです。

●コミュニケーションスキル
物流企画・物流管理担当者の仕事をする上では多種多様な職種とかかわりを持ち、物を動かしていかなければなりません。

その中では生産の現場から運輸、サービスなど広い分野とやりとりしていく必要がありますから、おのずとコミュニケーションスキルは上がっていきます。

●業界の知識
物流企画・物流管理担当者の実務ではいろいろな業界で働く人と接する機会があるため、自社以外の分野についても情報を得ることができます。

仕事をしていく中で、後々別の仕事をするにあたっても役立てることのできる知識が蓄積されていきます。

物流企画・物流管理担当者に向いている人

●視野が広い
視野を広く持ち何事に対しても冷静かつ客観的に判断することができると、物流企画・物流管理担当者への適性があります。

自分の主観的な考えだけで行動していては、自分の発想にない物流合理化のためのアイデアも柔軟に受け入れることができません。

●創意工夫がある
マニュアルどおりに仕事をこなしているばかりでは、物流企画・物流管理担当者の仕事は務まりません。

自分の持っている知識や経験を活かしながらより良い物流のために創意工夫を凝らし、意欲的にこれまでなかった発想を生み出そうとする姿勢が歓迎されるのです。