ゲームプロデューサー

ゲームプロデューサー
×
給料・待遇

ゲームプロデューサーの給料情報

平均年収は意外と低い

ゲームプロデューサーは上流工程であるため、平均年収が高そうに思えますが、実際には400万円から550万円程度と意外に低いです。それは、ゲームプロデューサーにもさまざまなものがあるということが理由になっています。

真っ先にイメージできるのは、任天堂ハードやSONYハードなどのゲームを作っているセカンドパーティのゲームプロデューサーでしょうか。

そういったところは、有名なコンシューマー向けゲームを生み出しており、ゲームプロデューサーもトッププロデューサーです。年収はとてつもなく高いものだと考えられます。

しかし、ゲーム業界はビデオゲームだけではありません。任天堂ハードやSONYハードなどのソフトだけがゲームだけでは無いのです。

最近ではスマホのアプリゲームの会社も多数あります。そこにも、ゲームプロデューサーはいるのです。むしろ、ゲームプロデューサーを募集しているような企業はほとんどがアプリ会社で、中小企業となっています。そのため、平均年収が低くなっているのです。

トッププロデューサーは1000万円を超える

先ほども少し述べましたが、トッププロデューサーともなれば年収1000万円を超えます。ヒットタイトルを世に生み出し、その実力が認められれば、年収1000万円以上が可能

たとえば、MOTHER2のプロデューサーをした石原恒和や、マリオの生みの親である宮本茂などは、現在は不明ですが、全盛期で億以上稼いでいることでしょう。

それほどまで世界を動かす人になれば、億単位で稼ぐことができますが、それは極端な例です。

そこまでではなくとも、ヒット作を連続で生み出すことができれば、年収もその分上がっていきます。プロデューサーは、自分の生み出した作品が自分の給料に直結するのです。

ゲームプロデューサーとして高い年収を得るには

ゲームプロデューサーとして年収をアップさせるには、マネジメント能力・ビジネスへの深い理解とそれに基づいた思考が必要となります。

プロデューサーは現場を運用していくことが求められているのです。ゲームの情熱よりも、管理能力が優れている人材が求められており、そういった人材が良いプロデューサーとなります。

そのため、そういった能力に特化したゲームプロデューサーになれば、年収をアップさせることが可能でしょう。

ゲームプロデューサーの待遇・労働環境

上流工程だから待遇が良い

ゲームプロデューサーは、ゲームクリエイターの中でも上流工程です。会社によって福利厚生や年収など、待遇に差はありますが、それぞれの会社の中で考えると待遇が良い職種と言えます。プログラマーやデザイナーよりは、間違いなく待遇が良いです。

ヒット作を生み出せばしっかりと年収に反映されますし、各種保険や手当てなどの福利厚生も充実しているところがほとんどとなっています。しかし、決して忙しくないわけではありません。年収や福利厚生面で待遇が良いですが、残業は基本です。

プロデューサーも残業が基本

プロデューサーは、プログラマーほどではありませんが、残業が基本となっています。

だいたいプロデューサーの一日というのが、朝早めに出社して朝礼での発言内容をまとめ、朝礼を行い、100件以上のメールをチェックすることから始まります。それから昼まで会議をして、昼から17時くらいまではスケジュール管理や案件チェック。

案件のチェックをしながらも、報告会などをしなければならないため、とても多忙です。案件チェックは、基本的には21時くらいまで残っているもの。定時は18時や19時に設定されている企業が多いようですが、毎日2時間程度は残業をするようです。

他のクリエイターも残業をしており、随時案件が上がってくるため、チェック作業をしていたらいつの間にか21時だったということも考えられます。

特にオンラインゲームやソーシャルゲームのプロデューサーとなれば、不具合や障害の対応で四六時中仕事に追われていることもあります。

大企業はもちろん残業が長いですが、中小企業についても残業時間はあまり変わりません。むしろ、人員が足りずにプロデューサーが制作作業までしているというようなところは、大企業よりも残業が長くなってしまいます。