物流企画・物流管理

物流企画・物流管理
×
求人・転職

物流企画・物流管理担当者の求人・転職動向

求人件数の状況

物流企画・物流管理担当者は企業の事業において流通という裏方の部分に徹しつつ合理的で効率的なネットワークを企画構築して管理までにあたることで、自社だけでなく社会全体にも貢献している職種です。

業種を問わずに多くの企業で不可欠なポストとなっていることから人材の需要としては極端に増減することがなく、求人件数にしても安定した状況が続いていて市場の拡大方針によっては伸びていくと見込まれます。

サービスの多様化にともなう需要

顧客からのさまざまなニーズに応えるべく運送業界が取り扱うサービスの形態を増加させたことがきっかけとなって、その物流ネットワークを十分に機能させるための物流企画・物流管理担当者がより必要とされるようになっています。

効率を過剰に追求することで現場における事故やトラブルが頻発するといった問題にもなり、実務にあたるスタッフにも配慮した仕事が要求されやりがいの面が一層増しているということもできます。

宅配業者による日付や時間を指定しての配達サービスや、小売業者などによる各種宅配サービスなど、物流にかかわるサービスは多様化しています。

物流企画・物流管理担当者の求人の選び方

工業系の学歴がある場合

物流企画・物流管理担当者としての資質は実際に配属されてからの実務を見て判断されるところも大きいのですが工業系、電気や機械などに関係する学校を卒業している場合や専門として学んでいた場合ですと物流ネットワークの根幹にかかわる求人も選ぶことが可能です。

物流部門においてもシステムや設備といったように重要な部分を任せられるとなると厚遇されるケースが多く、給料も高い水準が期待される求人は少なくありません。

語学力がある場合

語学に関して優れた成績を残してきていてTOEICなど語学力を示すことのできるものがあれば、輸出入を扱っている企業の物流企画・物流管理担当者として活躍することのできるチャンスがあります。

国境をまたいでの仕事となると外国語が記載されている書類の確認や海外の担当者とのやりとりも多く、各国の言語を必要とされる場面が多くあります。

特に求められる外国語としては、英語、韓国語、中国語などが挙げられます。

物流企画・物流管理担当者として採用されるためのポイント

注目される経験

●マネジメント経験
募集元では物流企画・物流管理担当者を採用するにあたって将来的には管理職のポストとなってさらなる後進の育成に貢献する人材を求めていますから、転職志望で業界は問わずマネジメントの経験があると採用へつながりやすくなります。

人の動きを見る目が養われているのでスタッフに対する指示や指導も行いやすく、現場を率先して引っ張るキーマンとなることも期待されるのです。

●物流に関する経験
過去に物流を扱う仕事を経験があればやはり、物流企画・物流管理担当者として即戦力になることができます。

改めて一から物流のことを勉強するより予備知識がありますし、それも前職が志望先に近しい業界となればなおさらです。

留意すべき勤務条件

●勤務地
特に大手の企業では多くの物流センターを擁していることが多く、物流企画・物流管理担当者という職種ですと各地への転勤が発生する可能性は十二分にあります。

企業側では勤務地を選ばないという意向がある人材がいれば歓迎すべきところであり、転勤にともなう給与面の厚遇などをメリットとしてとらえるという考え方もあります。

●勤務時間
職場の体制にもよりますが近年は必要に応じて早出や遅出、夜勤なども物流企画・物流管理担当者のシフトに組み込んでいる職場が増えてきています。

全体としては1週間あたり40時間程度の勤務時間となるように調整されているのですが、夜勤も積極的に受け入れることができるとなれば大きなアピールポイントになります。