ゲームシナリオライター

ゲームシナリオライター
×
給料・待遇

ゲームシナリオライターの給料情報

ゲームシナリオライターの年収は、とても幅が広いです。300万円未満という人もいれば、600万円以上を稼ぐ人もいます。

1000万円となると有名シナリオライターにでもならない限り難しいです。そんなゲームシナリオライターの平均年収は、250万円から300万円程度となっています。

ちなみに、デバッグ要員の平均も250万円程度です。デバッグと同じか少し高い程度の年収ということになっています。

シナリオライターだけでは生きていくこともままならないという人もいれば、1000万円以上の年収を得ている人もいる。シナリオライターの年収は個人の実力や信頼によるもので、極端な実力主義社会と言えます。

安定した収入を得るにはどうすればいいのか

ゲームシナリオライターとして生きていくのがなかなか難しい中、安定した収入を得るにはどうすればいいのか。

そもそも生きていくのが難しい人が多いのは、シナリオライターの多くがフリーランスで仕事をしているということがあるのです。

アダルトゲームのシナリオからアプリのシナリオまで、様々な案件をフリーランスでこなす人が多いため、なかなか安定しません。

安定したいということであれば、やはりゲームメーカーにシナリオライターとして所属することです。会社に所属して仕事をすれば、収入は安定します。

ゲームがヒットすれば、ボーナスや特別休暇などさまざまな褒美が待っていることですし、有名になるためにも会社所属経験というのは大切です。

ゲームシナリオライターの待遇・労働環境

需要が高いが、待遇は良くない

ゲームシナリオライターは、需要がとても高いです。上ばかり見てしまっていては募集などがなかなか見つけられないかもしれませんが、水面下を見てみると、シナリオライターの案件が多数見つかります。

名前も知られていないようなアダルトゲームの会社だったり、アプリ制作会社だったりと小規模の会社が多いですが、それでもシナリオライターの需要は高いのです。

しかし、現実問題として待遇は良くありません。それは「需要に応えられる人材が少ない」ということに由来します。

使えるシナリオライターが不足?

需要に応えられる人材が少ないから待遇が良くないと先ほど述べました。それは、ゲームシナリオライターになりたいという人が不足しているのではありません。

むしろ、そういった人は多いです。では、ゲームシナリオライターに対する「需要」とは一体なんなのでしょうか。

これは「しっかりと仕事ができるシナリオライター」です。この人になら仕事を任せられるだろうという人材が、あまりいないと嘆かれています。

それは面白いものを作ることができるということもそうですし、スクリプトに書き起こせる人ということもそうです。

ゲームシナリオライターという仕事をしっかり理解してまじめに取り組み、納期を守る。

「あたり前のことじゃないか」と思うかもしれませんが、その当たり前ができるライターが不足しています。売れるライターというのは、最初から不足いているため、いまさら問題にはなりません。

そこで、待遇を良くするには、「任せられる」「信頼できる」シナリオライターになることが大切になります。

最低でも納期と仕様書を守り、修正依頼には快く応じましょう。「ご指摘ありがとうございます」の一言が言えるだけでも、まったく違います。

ラノベ作家とどっちが年収が高いのか

年収についてですが、ライトノベル作家とどちらが高いのかを気にする・比べる人が多いようですね。

ライトノベル作家は、年間4冊=3ヶ月に1冊が限界とされています。初版が1万部売れたとしたら、印税は70万円から75万円といったところでしょう。それを年に4回続けたとして、300万円程度。

ただ、印税というのは跳ね上がる場合もあるため、年収にすると300万円から400万円程度が考えられます。

ゲームシナリオライターとラノベ作家の平均年収で、どちらが高いかといえば、ラノベ作家でしょう。下や上だけ見てみると、ライターもラノベ作家も生活に困るレベルの人もいれば、数千万円稼ぐ人もいるので、あまり変わりませんね。