ゲームスクリプター

ゲームスクリプター
×
給料・待遇

ゲームスクリプターの給料情報

ゲームスクリプターの年収は200万円から300万円程度だと言われています。初任給としては、15万円から20万円程度です。

コンシューマー向けゲームなのか、スマホアプリなのかなどによっても、年収などは変わってきますが、ゲームスクリプターは基本的に給料が低めとなっています。

デバッガーの給料と比較

スクリプターはゲーム業界でも特に年収が低いとのことですが、もうひとつ、ゲーム業界の中で年収が低いとされている仕事があります。それが、デバッガーです。

デバッガーとスクリプターの年収を比べてみると、スクリプターの年収のほうがやや高いといった状況となっています。

スクリプターは200万円から300万円、デバッガーは250万円程度です。場合によってはスクリプターのほうが低い場合もありますが、基本的にはスクリプターのほうが高めとなっています。

スクリプターと他の業務を兼任するケースが多い

ゲームスクリプトの作業は、非正規雇用のアルバイトや、スクリプト担当の人材が担っていることも多いのですが、特にスクリプト専用の人材というのを採用していない企業も多い傾向があります。

そういったところは、シナリオライターやプログラマーなどに任せているようです。

ゲームスクリプターの求人を探していると、シナリオライターとしての経験がある人優遇と書いてあることがあるのですが、それはこのためです。

アドベンチャーゲームやノベルゲームのシナリオを書いた人間というのは、そのゲームの演出などを一番に理解しているものです。理解者がスクリプト作業を行うほうが、効率よく・スムーズに作業が進みます。

シナリオライターの手間が増える・仕事が増えるということで、人を雇う余裕があるところは、アルバイトにゲームスクリプターをやらせているというわけです。そうでないところだと、新人研修としてゲームスクリプトの作業をさせるところも多いようですね。

ただ、研修としてやらせるのは一部となっています。新人のいないときにスクリプト作業をしなければならなくなった際に、もう既に一人前の人材として活躍している人にスクリプトをやらせるわけにはいきませんからね。

ゲームスクリプターの待遇・労働環境

ゲームスクリプターはゲーム業界ヒエラルキー下層

ゲームスクリプターは、比較的誰でもなれる職業とされています。ゲーム業界の中には、ヒエラルキーのようなものが存在するのですが、そのヒエラルキーでも、スクリプターは下から二番目なのでないかと、よく言われているのです。

給料について見てみてもわかると思いますが、待遇は全体的に良くありません。給料が低いだけならまだしも、残業をしても残業代が支払われなかったり、意見が許されなかったりと、ぞんざいに扱われてしまうこともあるようです。

一般的に知名度が低い職種でもありますし、「スクリプターやっている」と言っても理解してもらえないことが多いのも、ゲームスクリプターにとって辛いところではないでしょうか。

非正規雇用も多い

ゲームスクリプターは、シナリオライターやプログラマーの兼業や、新人研修の一環として扱われることがありますが、一般的にはアルバイトが多いとされています。

平均年収について述べはしましたが、そのデータというのはとても曖昧です。一時しかスクリプターの仕事をしない人もいますからね。

ただ、ゲーム業界を知る・ゲーム業界の中に入り込んで仕事をするということであれば、とてもハードルが低い仕事となっています。

そのため、プログラマーなどに興味がある人が、一時期のバイトとしてゲームスクリプターになるというのも、良いでしょう。

待遇が悪いですが、非正規雇用として入れば、それもあまり関係なくなるかと思います。

待遇が悪いが、魅力的な仕事

これまで、ゲームスクリプターは待遇が悪い・ヒエラルキーの下層に位置する仕事と述べてきましたが、魅力が無いわけではありません。

この仕事は、自分の手でゲームを実際の形にする仕事です。プログラム・データがばらばらに存在しているだけに過ぎなかった物を、実際のゲームの形にするということは、とてもやりがいがあります。

待遇とやりがい・面白さを比べてみて、「やってみたい」という気持ちが残れば、挑戦してみるべきではないでしょうか。