私事で恐縮ですが、アデコは個人的に一番長くお世話になっている転職エージェントで、8年ほどお付き合いがあります。

今でもちょくちょくと連絡を取り合っているのですが、他の大手総合型の転職エージェントにはない、有望な求人紹介をもらったりしています。

私のように転職慣れしていると、アデコはとても付き合いやすい転職エージェントなのですが、一般的にはそうでもないみたいで、ネットの口コミ評価を調べてみると、低い評価のところも多いようです。

では、アデコは「使い道のない」転職エージェントなのでしょうか?私はそうは思いません。考え方次第、利用の仕方次第では、あなたにとっても心強い転職パートナーになってくれるところだと思います。

今回は、アデコの転職エージェントのメリット・デメリットをそのビジネスモデルから徹底解剖し、あなたにとって賢い利用法をご提案します。

アデコの「ビジネスモデル」を解剖する

まず、そもそもアデコという会社がどのような会社なのか、しっかり理解することが大切です。そのビジネスモデルの実態をしっかり把握することで、あなたにとってアデコの利用メリットが見えてくるようになります。

世界的には有名な人材サービス会社

アデコを語るうえで、外せないポイントが、世界60カ国にわたるグローバルネットワークを持つ、世界的に有名な人材サービス会社の日本法人だということです。

この知名度とブランドは外資系企業にもしっかり浸透しており、特にヨーロッパにルーツのある企業に浸透度が高いです。

国内では人材派遣が強い

また、アデコは外資系の人材サービス会社としては、早くから日本に進出していた会社です。そのため、日本企業の人事サイドにも馴染みのある人材サービス会社です。

特に、人材派遣ビジネスに力を入れていたため、他の外資系転職エージェントと比べて、事業拠点が多いことが特徴的です。こうした事業拠点でも人材紹介(転職)の相談も可能なところが多いです。

アデコで転職するメリット

上記の2つのビジネスモデルの特徴から、アデコを利用する上でメリットになるポイントがいくつか見えてきます。

大手企業に強い

まず挙げられる点が、人材派遣で長年実績を積んできたため、大手企業の人事部とのコネクションをしっかり構築している、ということです。

また、アデコは国内系の転職エージェントと異なり、「転職支援=キャリア転職」と位置づけているため、紹介される求人が大手企業のハイクラスの案件の割合が大きいことも特徴的です。

外資系企業にも強い

前述したようにグローバルなネットワークを確立している人材サービス会社としてのブランド力は、外資系企業に非常に強みを持っています。

外資系に強いといえば、日本ではJACリクルートメントも有名ですが、こちらは拠点がアジアに集中している転職エージェント。アデコは、北米、ヨーロッパ、アジアにまんべんなく事業展開しているところで、まさにグローバルな人材紹介に強みがあります。

女性の転職に強い

アデコは、日本では人材派遣としてのブランド力が強い企業です。人材派遣の利用者が女性が圧倒的に多い日本において、女性が多い就業先に強い、という特徴があります。

ちょっと変わったところでは、女性の営業職をはじめて募集する企業が、女性の登録者が多いアデコに依頼する、ということがあるようです。

地方での転職に強い

前述したように、アデコは他の外資系企業と違って、日本国内での事業拠点が多い転職エージェントです。そのため、地方での転職先の開拓力もある、という珍しい転職エージェントでもあります。

むろん、正社員の転職先として活発なところといえば、首都圏や名古屋、大阪などの三大都市圏に集中はしていますが、地方に工場があるメーカーなどでは、アデコに転職者を依頼するところが多いようです。

サポート期間に制限がない

もう1つ、いかにも外資系の転職エージェントらしい利用メリットとして、転職サポート期間に制限がないことが挙げられます。

国内系の転職エージェントでは、転職活動を集中して短期間にサポートするところがほとんどの中、1〜2年という長いスパンで(私の場合は8年!!)転職先を紹介してくれる、という稀有な存在です。

アデコで転職するデメリット

上記のようなメリットがある反面、アデコを利用する上でデメリットとなるポイントもあります。

求人数が見劣りする

最初に挙げられる点が、人材派遣に経営上のリソースを多く割いていることが影響していると思われますが、求人開拓力が、日本の大手総合型の転職エージェントと比べて見劣りがする、ということです。

HP上では10万ほど取引先があることをうたっていますが、ネットの口コミサイトでは、他の大手総合型の転職エージェントより紹介数が少ない、という証言が多く寄せられています。

私も、実際に利用してみて、他の大手総合型の転職エージェントより紹介数が少ないので、実感として多くの方が共有しているのだと思います。

転職サポート力が見劣りする

次に、転職サポートの面で、他の大手総合型の転職エージェントと異なり、転職支援のコンテンツや書類添削、面接指導に厚みがありません(やることはやっているようなのですが・・・)。

日本の他の転職エージェントのサービスに慣れた方からみると、見劣り感は否めません。

転職紹介に熱心ではない!?

上記のようなデメリットに加え、(日本では)人材派遣で有名であることや、連絡がビジネスライクであることも相まって、ネットの口コミサイトでは評価が低い転職エージェントになっているようです。

また、これは同様に私が転職エージェントに勤めていた時にも、転職者の方から聞いた評判でもあります。中にははっきりと「熱心でない」というストレートな批判も聞きました。

ですが、すでに述べてきたようにアデコにも利用メリットがあります。次のパートでは、その利用メリットを見いだせる利用法について、ご紹介していきます。

アデコを上手に活用して転職できる人のイメージ

大手企業に絞って転職活動をしたい方

まず、利用メリットのあるタイプの方は、大手企業の志向が強く、大手企業に絞って「効率的に」転職活動を進めたい方です。

他の国内系転職エージェントでは、ご自身の志向に合わない求人も積極的に進められてくるのに対し、そうした煩わしさがない点で、利用メリットがある転職エージェントです。

外資系企業の日本法人を狙う方

次に、グローバルな展開をしている人材サービス会社というメリットを活かして、外資系企業を目指す方にとってもおすすめしやすい転職エージェントです。

特に、アデコは日本での事業展開の長い転職エージェントですから、外資系企業の日本法人のような会社を狙いたい方にはおすすめできます。

ワークライフバランスがある転職先を志望する方

これは、女性が転職活動をするうえで特におすすめしたいポイントですが、女性の活躍に理解のある転職紹介先が多く、ワークライフバランスを保って転職を進めたい方におすすめです。

転職は一般的に、転職先へ自分の活躍を売り込む分、ワークライフバランスへの配慮が言い出しにくいのですが、アデコの場合は、転職先がもともと配慮のある会社が多いことが特徴的です。

Uターン転職を目指す方

日本国内に事業拠点が多い転職先という点で、件数は決して多くないのですが、Uターン転職を目指す方にはおすすめです。

地方での正社員転職では、メーカーの工場、研究所などのエンジニア職、地方都市でのIT系企業に強みがあるようです。

焦らずに転職活動を進めたい方

また、焦らずにじっくり転職活動を進めたい方、現職が多忙ですぐに動き出せない方、転職をするべきかまだ迷っている方など、転職活動を長期で考えている方には、アデコはおすすめです。

何年経ってもサポートしてくれるという点では、一度の転職だけではなく、長期的なキャリアアップのサポートをしてくれるという面でも、貴重な転職エージェントといえるでしょう。

まとめ

最後に、これは私の持論ですが、「転職エージェントは、求人数が多く、転職サポートが手厚ければいいってもんじゃない」と思います。

一見、他の転職エージェントよりサービスの量・質が見劣りするように見えても、マッチングや転職サポートで「やるべきことをしっかりやってくれる」転職エージェントが良い転職エージェントです。

その点で、アデコは十分良い転職エージェントの部類に入ると思います。