IR担当者 × 給料・待遇

IR担当者の給料情報

平均年収

IR担当者の平均年収については300万円程度から800万円程度といったように大きな開きがあり、入職後の初年度で300万円程度からスタートして30代から40代になると500万円を超える事例も多くなってきます。

それぞれの企業で業績や事業規模による幅もあるのですが、すべての職種から考えると平均的な金額となっていて比較的安定した年収を得ることのできる仕事であるということもできるでしょう。

月収

IR担当者が得ている月収は、新卒で入職した場合ですと初任給で20万円ほどとなっています。

この金額もほかの職種と比較して特別に差があるわけではなく、平均的な水準に落ち着いています。

賞与

IR担当者に支給されるボーナスの金額は個々人の能力にもとづく部分よりも職場の業績によるところが大きい傾向にあり、それぞれの企業によってかなり金額の違いは大きくなっています。

支給日の設定はほかの職種と違うことなく1年につき2回が一般的になっているほか、業績次第では別途の期末手当などが加算される可能性もあります。

派遣社員の場合の時給

IR担当者としては派遣社員などといった正社員以外の形態で勤務する場合もあり、こういった場合では時給制がとられていて1,600円から1,800円といった金額設定が大部分です。

1ヶ月に換算すると22万円前後となり正社員の月給ともあまり変わらないのですが、原則として賞与の支給対象外となるためにそこで差が生じることになります。

IR担当者の給料は妥当?

仕事の大変さと給料のバランス

IR担当者には会社の代表として社外の株主や投資家へ向けて自社の業績、事業方針などを説明し投資判断の材料にしてもらうという大きな責任があります。

給与の額こそ平均的なものではありますが、心理的に負担がかかる部分も多々あるために相応の金額であると感じにくいところもあるかもしれません。

学びの必要性

IR担当者として諸事に対応する上では学ばなければならないことが多々あり、絶えず最新の情報を収集して情報発信などの業務に反映させていかなければなりません。

さらに近年は各種事業のグローバル化が進行していることもあって標準レベル以上の英語力が求められる職場は増えてきていて、研修などの機会があまりない場合ですと相応の自己投資も必要です。

また、自己学習から成果がもたらされて昇給や昇進へとつながる事例もありますが、必ず直結するわけではありませんから努力の量と評価が一致しないことによるジレンマが生じる可能性もあります。

IR担当者として収入を伸ばすために

営業マンの素養を身につける

IR担当者は自社のことを漏らさず株主や投資家へ説明しなければならず、良いところだけではなくウィークポイントの部分にもふれなければなりません。

そういったことを考えるとある意味で、営業職のスタッフより営業職に必要なスキルを身につけていなければならないとも考えられます。

具体的に実務で役立つスキルとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 交渉力
  • プレゼンテーション力
  • 情報分析力

自社への理解を深める

IR担当者として説得力のある仕事をするためには、自社が展開している事業のことはもちろん得意としている部分から弱みになっているところまでを熟知している必要があります。

担当者としての引き出しがより多くなることによって、人事評価においてプラスのポイントとなることは十分に考えられます。

業務経験を重ねていく中でも自らで発信した情報の反応をダイレクトで受ける立場にあり、そこへ対応するためにより豊富な知識が身につきノウハウも蓄えられていくことになるのです。