ブラック企業の居酒屋で3年勤務し、結婚を機に転職

28歳女性です。24歳から居酒屋で正社員として3年働いていました。

大手の居酒屋なので、安全でしっかりした所だと思っていたのですがブラック企業だったようで(後から知りました)働いてみると休みは少なく、有給は使えない、給料は上がらないなど精神的にも金銭的にもつらい職場でした。

3年が経ち27歳の時もう限界だと思い、退職することにしました。本当は入社してすぐの時から退職したいと思っていたのですが、とりあず3年はいないといけない・・・という日本の風習にしたがって3年頑張りました。

この3年でボロボロになりお金も全然貯まりませんでしたが、なんとか3年が過ぎて良かったです。

さらに転職したい理由はもう1つあって、結婚する事になったからです。それで結婚式や、新居にかかるお金がとんでもないので、今の安くて休みのない居酒屋で働くのは無理だなぁと感じたのも、退職を決意した1つです。

ブラック企業が多い業種一覧から見えてくる「ブラック企業に転職しない秘訣」
転職するにあたり、社会問題にまでなっているブラック企業だけは職場選択で避けたいところ。ですが、最近は「ブラック」な企業が巧妙にその実態を隠しながら求人募集をするようになって...

給料の高い歯科助手の仕事を見つけ、無事採用をゲット

もし妊娠したら休めないかクビになるだろうなぁと思ったので、次働くところはきとんと休めて有給や育休もあるところにしようと思いました。

近所のハローワークに仕事終わりや休日にせっせと通い、歯科助手の仕事に応募することにしました。ハローワークではパソコンを使い、求人欄を見て希望の職種があった場合、ハローワークの社員さんにお願いして面接を組んでもらいました。

歯医者の歯科助手なのですが、経験や資格がないといけないと思っていたのですが、資格なしでも働ける所でした。転職理由はなんといってもお給料の金額です。

資格も学歴もない私なのですが、それでもなかなか良いお給料が出るみたいなので、歯科助手を選びました。それに自分自身も歯医者には定期的に通っていて、歯はきれいにする事が習慣ついているので、歯医者で働いても失礼ではないだろうと思いました。

歯医者では基本的にマスクをして人前に出るので、歯を見せることは滅多にないとは思ったのですが、その滅多に見せた歯が汚いのはいかがなものかと思ったからです。

面接は、その歯医者の先生との1対1で、どんな仕事内容なのかを教えてもらい、すんなりと終わり、後日無事に採用の連絡が来ました。どうも人出がかなり足りないようで、面接時間も10分くらいでしたし、返事も翌日とかなりスピーディーな対応でした。

転職をして大変だったこと・良かったこと

居酒屋を退職して一ヶ月後には、歯科助手として働き始めたのですが、まず最初に思ったのが想像よりも重労働です。

やるべきことがたくさんあって、時間も人出も足りなくて、なんで歯医者で私は走り回ってるのだろうと自分でも不思議に思いました。

そして歯医者に通っているので、歯医者の流れはなんとなく理解できていても器具の名前はわからないし、歯の知識がまったくなかったので、メモしてもしても分からない器具や専門用語が出てきて最初の頃はつらくて泣いてしまいましたが、1年経ち28歳になった今ではなんとかこなしています。

居酒屋の時も人の入れ替わりは多くありましたが、私のいる歯医者も人の入れ替わりがよくあります。先生は経営者なので、変わりませんが歯科助手はすぐに変わります。いつの間にか後輩がたくさんいるようになっていました。

大事なお給料ですが、資格もないのにけっこうもらっていると思います。お休みが基本的に週2日固定で、長期休みがないのが不満ですね。ゴールデンウィークを長く休んで楽しんでいる人々が羨ましいです。

でも有給は使えるし、それになんといってもボーナスもあるので金額的には充実しています。ボーナスってないのが普通だという感覚になっていたので、ボーナスを最初もらった時はほんとうに嬉しかったです!!今となってはもっとボーナス上がらないかな?と思うようになってしまいましたが笑

居酒屋の時は仕事はそんなに苦しくなかったのですが、給料の安さに本当に困っていたので今でも仕事はつらいですが、お給料が良いのでなんとか続けていけそうです。

転職したおかげでお金が貯まり、無事に結婚式を挙げて、新居にも入れましたし、一番の目的は果たせているので転職して良かったなと思っています!

残業月40時間以上はつらい…。毎日のような残業に疲れた方はホワイト企業への転職を考えよう!
定時になったとき、「さて、夕食(夜食)でも買いに行くか」と考えるのは、おかしなことなのです。定時になれば、デスク周りを片付けて帰宅する。これが普通のはずなのに、いつしか、残...