飲食業界のスーパーバイザー・エリアマネージャー

飲食業界のスーパーバイザー・エリアマネージャー
×
仕事内容

フードサービス業におけるスーパーバイザー・エリアマネージャーの役割

レストランや居酒屋、ファーストフード店など、フードサービス関連の業界で働くスーパーバイザー・エリアマネージャーの役割は、基本的には店舗を統括して売り上げを増やすためのコンサルタント業務になります。

ですが、お店で扱う食べ物や顧客ターゲットが異なるので、マニュアル通りに行えば良いものではありません。

むしろ各々のお店に合ったアドバイスを行えるかどうかが、スーパーバイザー・エリアマネージャーの腕の見せ所になります。

会議、そして情報収集

細かい部分ではそれぞれ違うかとは思いますが、大まかにいえばエリア毎によって担当者が分けられています。エリア担当者が集まる事で会議を行い、情報交換を行いますが、こちらがとても大切です。

ここで失敗や成功のノウハウを報告し、共有する事によってデータベースが生まれます。

さらにはイベントやキャンペーンといった企画も立案・発表されるなど、飲食店にとっての方向性を示す上でとても大切な場となります。例えば、居酒屋やレストランでは割引クーポンや季節ごとのキャンペーンメニューの実施などがあります。

そして、そこで得た情報等は当然店舗に流す事になるのですが、流す方法は様々です。直接顔を合わせた時に報告するパターンもあれば、電話やメールで連絡したり、情報共有ソフトで知らせるケースもあります。

店舗への訪問

インターネットが発達しているとは言っても、やはり実際に店舗にまで赴く事によって見えてくる事が多々あります。

また、現場を見るだけではなく、店長やオーナーとミーティングを行うなど、「お店の今後」についてじっくりと話し合いが行われる事になります。

お店の売れ行き・動向。周辺環境やライバル店の状況。売り上げ。これらを聞いて、では具体的に何をすべきなのかを模索する事になります。

こちらはただの顔見せではなく、お互いの顔を見て真摯に意見交換を行いますので、どうしてもそれなりに時間が必要になります。場合によっては1店舗数時間以上かかる事もありますので、一日に2~3件程度しか回れないケースも多いのです。

解決策の実行

では具体的に何が必要なのか。現実的にどのような事が必要になるのかを模索し、自分たちにの業務に於いてどのような事が必要になるのかを落とし込んでいきます。また、他店舗での情報もとても大切です。

売り上げアップのために、自分たちが行うべき事を明確にするのですが、理想を掲げつつも、現実を直視する事が求められます。

特に店舗の売り上げを上げたい場合、他店舗や同じ食べ物を扱うライバル店舗、顧客ターゲットが同じライバル店の事まで考慮しなければなりません。お店は競争原理に晒されています。

消費者も自分にとって有益なお店で買い物をと考えていますので、消費者の地域性やライバル店の動向を踏まえた上で、それまでのノウハウ等を活かして解決策を模索していく事になります。

一店舗だけでも大変な事ですが、これを様々な店舗毎に考えなければなりません。地域性や条件が異なれば、何が通用するのかもまったく異なります。

どのような事が必要なのかを冷静に考え、実践する事が求められます。

他店舗の調査

伝聞だけではなく、実際に自分の足で他店舗に行く事も大切です。自分の目で見れば、良い部分や付け入るスキが見えてきます。叶わないなと思ったら、ではどうすれば勝負する事が出来るのか。

自分たちと冷静に比較し、勝負所を見定める事が求められますし、単純に商売敵としてだけではなく、参考にすべき事も多いですから、自分の目で競合店の動向を探る事もとても大切なお仕事です。

フードサービス業界のスーパーバイザー・エリアマネージャーの大変さとやりがい

スーパーバイザー・エリアマネージャーの難しい所は、マニュアルが通用しない点です。ある程度はマニュアル通りに行うのですが、店舗毎によって違う部分もあります。むしろ二つとして同じ条件のお店などありません。

それらを自分の経験に照らし合わせて、売り上げアップを目指さなければならないのですが、自分の行動が売り上げに直結すると言っても過言ではありません。

また、店舗の方針によって異なりますが、フードサービス業界は残業や早朝出勤など、ハードな場面が多いことで知られています。そんな中でエリアマネージャーのような立場に就くと、上と下のそれぞれの意見の板挟みになり、つらい思いをすることもあります。

しかし、フードサービス業は常に同じ商品だけを扱っているわけではなく、時代に合わせた移り変わりが激しい業界でもあります。また、栄養士などのフード関連の資格を取得するなど、スキルアップの仕方も人それぞれです。

刺激もあり、自分のすべてをぶつける事が出来る、やりがいのあるお仕事といえるでしょう。