介護予防運動指導員
×
求人・転職

高齢者が増え続けている日本では、従来の介護では限界があると感じられるようになりました。

体の調子が悪くなり自立した生活が出来なくなってから介護の手を差し伸べる従来の方式から、「介護の状態になる前に予防をして健康的な毎日を送れるように」という考え方に変えたのです。

そこで必要になってきたのが、介護を”予防”するプロ「介護予防運動指導員」の人材。

今までにない取り組みですが成果は上がっており、事業所では新しく介護予防のプログラムを投入しようと考えているところも多いため今後注目される資格と言えるでしょう。

では介護予防運動指導員の資格を持っていると、求人や転職は有利に進められるのか、次から見ていきますね。

介護予防運動指導員が求められる場所

高齢者が介護の手を必要とせず、自らで生活ができるように、健康面をサポートするのが介護予防運動指導員の主な仕事です。

運動の時間だけを考えるのではなく、食事や生活習慣なども考慮に入れながら時には医療従事者と連携を図り1人1人に合う健康プログラムを作成していきます。

今までの介護職員とは求められる内容が大きく異なっている介護予防運動指導員ですが、この資格を持っているとどんな場所で求人があるのでしょうか?

たとえばリハビリ型に特化したデイサービスや、有料老人ホーム、ショートステイ、訪問介護など幅広い分野から求人があります。

さらに、「ヘルス研究所」や「薬品会社」など直接高齢者と接しない分野からも求人が出ているので、注目されている資格だと分かりますね。

高齢者になると運動機能が低下するので、年齢に合わせた運動器具を用意しなければいけませんし、栄養バランスも若い頃とはずいぶんと変化があるので注意しなければなりません。

そこで介護予防運動指導員の専門的な知識を活用し、運動器具やサプリメントの開発に役立てているのです。介護予防運動指導員は、実に様々なところでの活躍が期待されています。

介護予防運動指導員のフルタイム以外の求人はあるの?

介護予防運動指導員の資格を有していますが、フルタイムで働けない人もいますよね。介護職員はフルタイムが原則という風潮もありますが、介護予防運動指導員の求人はどうなっているのでしょうか?

介護予防運動指導員のほとんどは正社員による募集となっています。

しかし最近は、パート・アルバイトでの採用を実施している施設も増えてきましたので、諦めてはいけません。

また今は事業として行っていないけど、今後は介護予防について取り組みたいと考えている企業なども少なくありません。

面接の際にしっかりアピールしておくと、パート・アルバイト枠での採用を特別に認めてくれる可能性もありますし、実際にそうした例は報告されています。

フルタイム以外の仕事を探している場合は、求人数は少なくなるかもしれませんが、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

介護予防運動指導員の資格は転職活動で武器になる

介護予防運動指導員の資格を武器にして、厳しい転職戦線を勝ち抜くことは可能なのか、転職を考えている人なら気になりますよね?

この資格を有するためには、介護職員初任者研修を有しており、かつ2年以上の実務経験がなければ受講の資格が与えられません。つまり介護の現場の知識や経験を持っている人材しか、介護予防運動指導員は取得できないのです。

そのため、転職で介護予防運動指導員を持っていることをアピールできたら、かなりの武器になることは間違いありません。

まだまだこの資格を取得している人材が少ないため、ライバルも多くないでしょう。

狙った転職先に就職できるチャンスはありますので、転職を考えている人は積極的に行動してみてください。

この資格を持っているだけで、条件の良い求人と巡り合える可能性は高くなると言われているので、転職活動を有利に進められるでしょう。

介護予防運動指導員は今後重要視されるだろうと言われる資格なので、企業側も欲しがっているのです。

転職では強い武器になりますので、積極的な行動をしていくことをおススメします!