ファッションスタイリストの給料【基本データ】

平均年収

アパレル・ファッション業界で働いているスタイリストの給料は、平均すると年収にして200万円から300万円程度となっています。

各所から声がかかるような信頼を得ることができれば、事務所に所属していながらでも年収にして500万円から600万円程度になる場合はあります。

アパレル・ファッションの世界でスタイリストとして得られる月収については、18万円ほどから25万円ほどという水準です。

ただほとんどの場合で決められた勤務時間があるわけではなく、仕事の量によっては時給に換算すると数百円程度になってしまうといった事例も少なからずあります。

事務所の所属であっても、実際には業務のスケジュールに合わせて就業するため、残業手当がつく例はあまりありません。

賞与

アパレル・ファッションのスタイリストとして仕事をしていてボーナスが支給される場合は当然ながら、事務所へ就業して勤務しているケースに限られます。

具体的な金額に注目すると、月給にして2ヶ月分程度としている職場が多く見られています。

スタイリストとして高収入を得るには

  • 昇給制度が整った事務所で働く
  • 後々フリーで働くための土台を作れる事務所で働く

事務所所属のスタイリストとして高収入を得るには、上記の2つのキャリアプランがあります。

今勤務している職場がキャリアアップに向いていないと思ったら、転職するという選択肢も考えなければなりません。

アパレル・ファッション業界に特化した転職サイトを活用する

転職活動や情報収集には転職サイトを利用するのが1番の近道です。

最近ではアパレル・ファッション業界に特化した転職サイトが登場しているので、ハローワークなどを利用するより断然価値があります。

【アパレル・ファッション業界専門】実績No.1の転職サイト

無料登録はこちら

フリーランスとして活動するファッションスタイリストの収入

フリーランスとして活動しているスタイリストの収入は仕事の量による個人差も大きいのですが、平均の年収にしておよそ400万円から600万円となっています。

アパレル・ファッションの分野にあって独立して成功することは難しい職種でもあるのですが、レギュラーの仕事をいくつも軌道に乗せることができれば年収で1,000万以上から中には1億円以上を得ているという例もあります。

キャリア初期の収入

アパレル・ファッション業界においてフリーランスでスタイリストとして一人前であると認められるまでには、少なくとも3年のキャリアが必要であるとされています。

その間は年収にして250万円程度から400万円弱といったように個人差もありますが、仕事がコンスタントに続く状況になれば500万円前後の水準には達するようになります。

年齢に応じた収入の伸び

スタイリストはアパレル・ファッション関係の職種でも特に実力で評価される部分が大きいため、年齢につれて自然に収入が伸びていくというわけではありません。

早ければ20代前半からフリーランスとして仕事を始める実例もありますが、駆け出しですと年収で200万円未満にとどまることも少なからずあります。

傾向としては、25歳を過ぎるころから年間の収入を合計して500万円以上になる割合が高まってきています。

仕事の量にかかわらず安定した収入は定期的に得ることができますから、フリーランスとして自力でコンスタントに仕事を獲得することのできる自信がないうちは事務所に所属して働くことで安心感もあります。

単発の仕事

フリーランスのスタイリストが最初から安定した仕事を得ることは難しく、キャリアの初期では実績を積む上でも収入を確保するためにも単発の仕事を多くこなすことが一般的です。

報酬はたとえば1回の仕事でも数千円から数万円といったように、内容に応じてかなりの差があります。

そこからアパレル・ファッション関連の月刊誌で専属になるなどレギュラーの仕事が増えてくると、おのずと収入も安定していきます。

はじめは金額のことばかりを考えずに数をこなしていくことが人脈の拡大や信頼にもつながり、将来的に高額な報酬が得られる仕事へつながるチャンスにもなるのです。

アシスタントの雇用

アパレル・ファッション業界でフリーランスとしてかなり幅広く活躍しているスタイリストは、少なくありません。

仕事が軌道に乗って一人だけで対応することが難しいとなれば、アシスタントを雇用することでさらに収入の規模を拡大することも可能になります。

アシスタントのスタイリストを雇用する場合に支払う給料は自分自身の収入から捻出するため、雇用する人数が多いほど収入は圧迫されていくことになります。

ただフリーランスとして仕事をする限りは一般のアパレル・ファッション企業と違って最低賃金という概念がないため、支払う給料の金額は個人の裁量で決めることができるようになっています。

金額の決定にあたっては一般的に、次のようなポイントが考慮されています。

  • 抱えている仕事の量に見合った人数をバランス良く雇用し不公平が生じないようにする
  • アシスタントそれぞれの金銭的な状況に配慮する

フリーランスを見据えた転職もプロに相談!

アシスタントスタイリストの給料はどのくらい?

スタイリスト事務所のアシスタント

アパレル・ファッション業界においてスタイリスト事務所でアシスタントとして勤務する場合の給与については、事務所でアシスタントをランク分けして設定している例が多くなっています。

一般的な1日の就業時間は7時間程度であり、日給にすると6,000円から10,000円程度になります。

フリーランスのアシスタント

将来的に独立することを考えるにあたってはすでにフリーランスとして活躍しているスタイリストのもとでアシスタントにつくという道もありますが、給料は仕事の量に左右されるところが大きくなります。

仕事が少なければ月収で10万円に満たないといったケースも往々にしてあり、名前が知られているスタイリストに関してはアシスタントの希望者が無給で勉強したいと志願していることもあります。

【アパレル・ファッション業界専門】実績No.1の転職サイト

無料登録はこちら