アパレル業界の在庫管理・ディストリビューターの役割

商品の配分

在庫管理・ディストリビュータースタッフは、バイヤーやMDによって確保されたアパレル・ファッションアイテムをそれぞれの店舗へ配分することが役割です。

その配分についても振り分け方次第で店舗の売り上げが大きく変わることになるため、大きな責任を負う役職となっています。

分析にもとづいた売上目標の達成

在庫管理・ディストリビュータースタッフは自社の売り上げへ貢献すべく、アパレル・ファッションの各店舗で効率的に売り切ることができるように在庫を配分することが役割として求められます。

そのためには売り上げや在庫の分析をする必要があり、さまざまな観点から考慮した上で在庫が過剰になっている商品を業績の良い店舗へ移動させるなど工夫して売上目標が達成されるようにします。

分析にあたって注目すべきポイントとしては、以下のような点が挙げられます。

  • 店舗の売場面積
  • 商品の旬となる時期
  • 売れ行きの地域差
  • スタッフの意見

店舗の最適化

在庫管理・ディストリビュータースタッフはアパレル・ファッションにかかわる店舗それぞれの特徴について把握した上で、商品の売り上げがもっとも伸びるよう最適化することも役割として任されています。

同じアイテムひとつにもフィーチャーして売り上げが良い店舗とそうでない店舗を判断しなければなりませんから、各店とのコミュニケーションを密にしてくわしい情報収集から内情について知ることが必要です。

可能な限り大きな利益が生じるように、売上の予測を立ててそれに見合った配分をしなければなりません。

アパレル業界の在庫管理・ディストリビューターとして伸ばせるスキル

判断力

在庫管理・ディストリビュータースタッフとして働く中では、アパレル・ファッションアイテムの納品状況や店舗での売れ行きなどに関しても瞬時にまた的確に判断することが求められます。

仕事自体が現場の生きた声も取り入れながらの判断という連続であり、それによって売り上げの数字も変わっていきますから自然に判断力が磨かれていきます。

コミュニケーションスキル

在庫管理・ディストリビュータースタッフの仕事はデータを分析しているだけで成り立つものではなく、アパレル・ファッション業界の最前線でもある現場からさまざまな意見を吸い上げる必要があります。

たとえばある店舗ではヒットしていて別の店舗ではまったく売れていないアイテムがあれば、その理由を探るべくスタッフの話を聞いて集約するといった作業が必須となるのです。

そういった業務を効率化させていこうと意識していると、実務の中でコミュニケーションスキルが伸びていきます。

コンピュータスキル

在庫管理・ディストリビュータースタッフが担当している業務はシステム化されている部分が大きくなっていて、コンピュータのハード面に関して一通りは知識を持っていなければ務まりません。

またアパレル・ファッションアイテムを扱う店舗でも専用のソフトウェアを導入して商品管理などをしている事例が多く、ソフト面も含めてコンピュータスキルは向上していくでしょう。

アパレル業界の在庫管理・ディストリビューターの仕事は大変?

責任の重さ

アパレル・ファッション関係の企業によっては、全国で100軒以上といったように膨大な数の販売店を展開しているケースもあります。

在庫管理・ディストリビュータースタッフは少ない人数で多くの店舗を担当することも珍しくなく、全店について特性を頭に入れた上で商品の投入計画を講じることは大変です。

頭脳労働と身体労働

在庫管理・ディストリビュータースタッフがたずさわる業務の割合は、内勤と外勤が半々程度になっています。

オフィスでは数値分析にもとづいて計画を立て、そのほかの時間はアパレル・ファッションの店舗で情報収集するといったようにバランス良く行動しなければならず身体的にも大変なところがあります。