アパレル業界の在庫管理・ディストリビューターの求人・転職動向

求人数の推移

在庫管理・ディストリビュータースタッフは、アパレル・ファッション業界において現場で生じる利益を左右する職種でもあります。

さまざまなブランドを展開する企業やメーカー、関連企業も含めて国内だけでなく外資系の企業でも市場規模の拡大へ向けての動きが活発になっている中で物流にかかわる求人も増加する傾向が続いています

転職市場においては商品の詳細や店舗の特徴、戦略といった部分にも明るいことが求められるため現場経験を重視する向きもあります。

今後の展望

アパレル・ファッション分野では単一の販売形態だけで活路を見出すことが難しくなってきつつあるという状況もあり、物流に関して多角的なアプローチに取り組む上でも必然的に在庫管理・ディストリビュータースタッフの人員増強に力が入れられています。

活発な採用活動は続いていくと見込まれますが、グローバルな市場規模が志向される中では語学力のほか企画や営業といった分野にもかかわることのできる資質があると大きな強みになるでしょう。

なお販売形態に関する戦略としては、以下のような展開が活発になっています。

  • アウトレットへの参入
  • オンライン販売の強化

アパレル業界の在庫管理・ディストリビューターの求人の選び方

職種経験の要否

即戦力となる人材が求められている職種ではありますが、求人のすべてが実務経験を必須としているわけではありません。

ショップマネージャーや営業職の仕事にかかわり現場に関する知識や分析力を養った上で、在庫管理・ディストリビュータースタッフとして就業させるという方針をとるアパレル・ファッション関連企業も少なからず見受けられます。

キャリアアップを考える

アパレル・ファッション業界においては幅広い職種を経験していくことで視野が広がっていき、自分の引き出しも増えていきます。

個人の成長に合わせて、さまざまな職種へ就かせる方針をとっている企業も少なくありません。

在庫管理・ディストリビュータースタッフであれば後々マーチャンダイザーやバイヤーなどへの転属を想定しての求人などがありますから、キャリアアップを考える上では注目したいところです。

アパレル業界の在庫管理・ディストリビューターとして採用されるためのポイント

面接ではここを見られる

服装

在庫管理・ディストリビュータースタッフは、担当する店舗のことについて把握した上で商品を配分することが仕事です。

同時にアパレル・ファッションの現場で働くということもあり、採用面接では身につけている服装も選考の対象になっています。

コーディネートを決定する上ではあらかじめ応募先の店舗を訪れ雰囲気やスタッフの服装をチェックしておくなどすると、プラスの評価につながることも考えられます。
メイクやヘアスタイル

アパレル・ファッションの分野では、一般に推奨されるリクルートスタイルが必ずしも良いものであるとされません、

店頭で直接立つというわけではない在庫管理・ディストリビュータースタッフについてもメイクやヘアスタイルも含め、面接では応募するブランドやメーカーのイメージにふさわしいかどうかという点が見られます。

採用に有利な資格

繊維製品品質管理士

一般社団法人日本衣料管理協会によって管轄されている資格であり、繊維に関するスペシャリストであるとして信頼にもつながるものです。

アパレル・ファッション業界においてその知識は欠かすことができないものでもあり、在庫管理・ディストリビュータースタッフとして繊維製品の流通にかかわるとなれば大いに役立つものとなります。

ファッションビジネス能力検定

一般財団法人日本ファッション教育振興協会によって認定されているものであり、アパレル・ファッションにかかわる仕事をする上で十分な企画力や営業力が備わっていると認める資格です。

商品の企画から流通へ至るまでの知識や技術が証明されますから、在庫管理・ディストリビュータースタッフの選考でもプラスのポイントになります。