マーカーの給料情報

平均年収

マーカーという職種の専任スタッフとして得られる年収については、300万円前後となっています。

アパレル・ファッション企業の規模や人員配置によってはパタンナーが兼任しているケースもあり、この場合ですとパタンナーとしての収入になりますが兼任という要素も加味されて300万円台後半程度になります。

キャリアや年齢にともなって昇給していくことで、年収は400万円を超える程度には伸びていきます。

月収

アパレル・ファッション業界の企業がマーカーへ支給している月給の金額としては、およそ20万円から30万円程度という水準が大部分です。

一部、個人の実績に応じてそれ以上の月収になっているケースもあり40万円前後に及んでいる事例もあります。

金額の決定にあたっては個々人のスキルなども評価される場合が多く、転職者では前職までの職務経験などが考慮されています。

専任のスタッフであるのかパタンナーとしてマーキング作業も担当しているのかによっても給料には差が生じ、専任ではそうでない場合と比較してやや低めの数字です。
賞与

アパレル・ファッション分野の企業で出している賞与は、ほかの業界と比べて群を抜いて高い金額ではありません。

マーカーに関しては1年に2回の支給としている職場が多く、ボーナスの金額は月給にして1ヶ月分から2ヶ月分ということが多くなっています。

ただ各企業の業績によって支給される金額は変動しますから、マーキング作業の成果によってコスト管理がうまくいき利益の増加へつながったなどの実績があれば増額することもあり得ます。

非常勤のマーカーの給料

契約社員

アパレル・ファッション業界の企業では人材育成にかかるコストを節約する目的で、契約社員を雇用する例も増えてきています。

生産現場で勤務するマーカーなどの職種でも、契約社員として働くスタッフの数は増加しています。

最初から一定期間にわたる実務経験やある程度のスキルがあることを条件として雇用することが一般的であり、人物評価によって給与の金額は異なりますが年収にすると300万円程度になります。

なお一部の大手企業を除いて基本的にボーナスは支給されていませんが、勤務実績によって契約社員から正社員へと登用する制度を設けている企業もあります。
アルバイト

アパレル・ファッション関係の企業では忙しさに波があることもあり、おもに製品の生産にかかわるスタッフをアルバイトなどとして雇用する事例があります。

マーカーの給与については時給制がとられていて金額は1,500円前後に設定され、1ヶ月にすると20万円程度から30万円程度になることが標準的です。

そのほか会社によっては、アルバイトのスタッフに対しても各種社会保険などの福利厚生を充実させているケースが少なくありません。

マーカーの給料面から見た将来性

労働環境の改善

アパレル・ファッションの分野では一時期よりもスタッフの労働環境を改善しようという動きが強まっていて、マーカーの勤務体系としても週休二日制を導入している企業が大部分になりました。

休暇制度も同様に拡充されてきていて一定日数の夏季休暇や冬季休暇なども有給休暇として設けている会社が増えていますから、給料面から見ても将来的に長く働きたいと思うことのできる環境が整いつつあります。

福利厚生面の充実

アパレル・ファッション関係の企業ではより良いスタッフを確保するために、福利厚生面にも力を入れる傾向が強まっています。

急な残業が要求されることなども多いマーカーに対しては社会保険を用意しているほか、交通費を全額支給することなどでもサポートしていて金銭面について安心して永続的に働くことができます。

なお業界として女性のスタッフも多く働いていることから産前産後休暇や育児休暇の制度も十分に整えている職場が多く、休暇中の収入面に関する不安を小さくするための配慮もなされています。

昇給への期待

マーカーはアパレル・ファッション業界においても、専門職としてスキルアップに励み得意な分野のレベルアップや業界研究へ力を入れる姿勢などが大きく評価される職種となっています。

たとえばCADを使用しているだけでなく手作業も行うことができるなど、能力や経験に応じての昇給を期待することができ収入面からのキャリアプランも描きやすくなっています。