社会人として仕事をしていく以上、日々何の目的意識も持たず流されて働いているようではいけません。

営業職として働いていても、意識して自分を高めていかなければ営業成績は伸びていきません。

そこで業務上必要とされる力を磨いていくべく、スキルアップを考えることは自然なことです。

それとともに昇進して地位を高めての仕事、より多額の収入が得られる仕事といったことを模索してキャリアアップするために営業求人を探すことにも人生を生きる中では大きな意味があります。

営業職としてキャリアアップ(スキルアップ)を考える重要性

新卒で営業職としてのキャリアをスタートさせる事例は多いのですが、なかなかキャリアが浅いうちから先々のライフプランまでを具体的に考えることもないものです。

社会人となる前から描いていた夢や希望といったものは、職業の現実を知ることによって難しいものだったと実感することが少なくありません。

ですが実はその段階で、改めて現実的なものとして将来どうなっていきたいのかというキャリアプランについて考え直すことが重要であるのです。

キャリアプランの中では結婚や子どもの誕生、家を持つなどといった人生の大きなイベントも盛り込むわけですが当然その実現には相応のお金も必要です。

そこで営業職はさまざまな職種の中で比較的高い収入を期待することもできますが、キャリアプランとして実現させたいイベントのタイミングから逆算して何歳でどれだけの給料を支給されていなければならないと想定する必要があります。

そう考えると20代からの早い段階である程度のキャリアアップやスキルアップを果たしていなければなりませんから、無駄にして良い時間などまったくありません。

キャリアプランを考えた転職

日本の社会を支えてきた終身雇用制度が崩壊した現在、個人個人は主体的に自らのキャリアを考えなければなりません。

キャリアプランを実現するために必要となれば、営業職としてさらなるキャリアアップを果たすために適宜あらたな職場を求めて営業の求人探しをする必要もあります。

たとえば高収入の目安となる800万円という年収を得るためには総じて管理職、部長に近い課長クラスといったポストが必要とされます。

30代の後半でそこへ達することを考えるならば、30代前後の時期には課長職へ昇進することができるようにスキルを身につけていかなければなりません。

営業職に関してはプレーヤーとしての成績が良好であることによって評価され上位職へ昇進するケースが多いため、日々の自らのスキルレベルを高めておきたいところです。

キャリアアップを果たすためにスキルアップしておきたい能力の一例として、以下のようなものがあります。

  • コミュニケーションスキル…外勤営業での豊富な交渉機会や条件調整などによって磨かれる
  • マネジメントスキル…キャリアの早期で独り立ちをして後輩の指導にあたる機会を得る中などで磨かれる
キャリアアップ重視で営業の求人を選ぶときに押さえておきたいポイント
社会人として仕事をしていく以上、日々何の目的意識も持たず流されて働いているようではいけません。 営業職として働いていても、意識して自分を高めていかなければ営業成績は伸...

キャリアアップ(スキルアップ)重視で営業求人を選ぶときに押さえておきたいポイント

キャリアアップにはスキルアップが必須であり、そのためには新しい職場へ転職してゼロからあらたなスキルを身につけるよりすでに備わっているスキルをさらに伸ばそうとすることが近道です。

営業の求人探しでは新しいことに手を広げるのではなく、これまでの営業スタイルを踏襲するかたちでできるだけ持っているスキルが活きる求人元を見つけることが理想となります。

個人営業から個人営業へ、法人営業からは法人も個人もアリ?

営業職として営業活動をするために話し合う相手は個人ですが、それが対法人であるのか対個人であるのかによってアプローチは大きく異なります。

個人営業ですと商談をしている相手がそのまま契約の意思を示すことが多い一方、法人営業では担当者から最終決裁者までのステップが非常に多い場合もあります。

そういった意味で考えると、法人営業の難しさは個人営業より勝っているということもできるのです。

キャリアチェンジを考える上で前職が法人営業ならば、個人営業に取り組んでもスムーズに結果へつながりやすくなります。

個人営業としての経験しかない場合で時間的なロスなくキャリアアップへ向かいたいとなれば、引き続き個人営業の仕事に取り組みスキルアップしていくことがより良いでしょう。

同じ業界や近い商材を取り扱う企業へ

異なる業界へ転職するとなるとまず業界そのものに関する勉強も一からしなければならず、なかなかすぐに100%営業活動へ集中することもできません。

スキルアップを重視するのであれば、営業に関するノウハウや知識をすでに持っている業界の企業による求人ですとスキル磨きに専念することができます。

前職に近しい商材を取り扱うのであれば、予備知識があり市場の動きなどもある程度は把握しているものです。

たとえば前職が小売店へ食料品を販売していた卸売企業であって同じく小売店へ日用雑貨を販売する卸売企業による営業求人を選ぶとなれば、業務になじみやすくキャリアアップまでにかかる時間も短縮することができるかもしれません。

こちらの記事もご覧ください。
キャリアアップ重視で営業の求人を選ぶときに押さえておきたいポイント
社会人として仕事をしていく以上、日々何の目的意識も持たず流されて働いているようではいけません。 営業職として働いていても、意識して自分を高めていかなければ営業成績は伸...