平成26年の厚生労働省の調査によると、鹿児島県で働いている保育士の平均年収は293.1万円、月収にすると19.6万円、年間の賞与は57.4万円とのことです。年間賞与は全国平均と変わりませんが、平均月収が全国平均よりも2万円低くなっています。

鹿児島県はどちらかといえば保育氏が充足傾向にあり、特に正職員はほとんどの施設が「不足していない」と感じているようです。そのため、正職員の求人は比較的出回りにくいと考えられます。求人探しに苦労することが考えられるため、選ぶ基準はしっかりと考えておかなければならないでしょう。

何を基準にして選べばいいのか、自分が職場に求めることを基にして考えてみる必要があります。

高い給料を得たい

正職員で月給20万円以上

鹿児島県では正職員の募集よりも、パートの募集の方が多いです。その中で正職員として転職をし、月給20万円以上を得ることはできるのでしょうか。まず正職員の求人から、給料相場を割り出してみます。鹿児島県における保育士正職員求人の月給、設定金額の相場は15万円から17万円です。

月給20万円以上を設定しているところは、認定こども園の保育教諭が多く見られます。保育士□もそうですが、幼稚園教諭免許を持っているほうが給料が上がるようです。未経験だと15万円程度で、保育士・幼稚園教諭免許の両方を持っている場合は、月給20万円以上25万円未満もあり得ます。

正職員で月給20万円以上の給料を最初から獲得したいのであれば、スキルアップやキャリアアップを試みるのがもっとも早いのではないでしょうか。

パートで高い時給を得るには?

鹿児島県で保育士の募集が最も多いのは、パートです。鹿児島県の実態調査によれば、パートが不足していると感じている施設が多いとのこと。それにも関わらず、パート保育士の時給を750円から850円程度に設定しているところを多く見ます。「保育士確保が困難だと感じている」施設も多いのですが、これではなかなか保育士が集まらないのも当然でしょう。

鹿児島県でパートとして働くなら、時給1,000円未満は除外することをおすすめします。そうなれば求人は大幅に減ってしまいますが、鹿児島市などのアクセスしやすいところに時給1,000円以上のところが多いので、特に困ることはありません。

中には時給1,500円というところもありました。院内保育や学童保育・企業内保育などといったやや特殊な形態の施設よりも、認可保育園の方が時給が高いところが多いです。ただ、時給1,000円でも困難なので、1,200円以上という高時給を得るということは、ほぼ不可能と言っても過言ではありません。

ライフワークバランスを重視したい

残業なし

高い給料を得るのが難しいのであれば、残業なし・休日日数が多いなど、ライフワークバランスを重視した働き方をすればよいのではないかと考える人が多いでしょう。残業なしという求人は、鹿児島県内には少ないですが、鹿児島市内であれば数件は見つかります。

認定こども園、児童発達支援員、託児所といったところで、残業がほとんどないというところが多いです。そのうち正職員の求人はなかなか見られません。パートでも残業があるというところが多いです。

年間休日120日以上

残業無しというのが難しいのであれば、年間休日の多いところで働きたいという人が多いでしょう。残業無しという条件よりは多く、正職員の求人も見られますが、それでも他の都道府県と比べると少ないです。

年間休日120日というところは、霧島市に多く見られます。鹿児島市だと110日というところはあっても、120日というところは珍しいです。休日が85日しかないというところも多いですから、年間休日110日でも休日日数が多いと言えます。

霧島市・鹿児島市で、年間休日110日以上にまで範囲を広げて探すのが良いでしょう。

ブランクがあるという人の転職活動のポイント・注意点

ブランクありの給料はどれくらい?

ブランクありOKとしている職場は、鹿児島県内に多数ありますが、月給17万円以上というところはほとんど無いと思ってください。正職員だと14万円から15万円が相場、中には16万円と高めのところもあります。

パートなら時給770円から900円までが相場で、ブランクが短い人だと時給1,000円も可能です。地域は鹿児島市内が最も多いですが、南九州市や霧島市にも多く見られます。施設形態も幅広く、認可保育園・企業内保育所・託児所・学童保育・療育関係とさまざまです。ブランクありOKの求人を見つけるのは簡単ですが、高い給料を得るのは困難となっています。

ブランクありの人におすすめの職場

ブランクがあるという人で気になるのは、仕事に対する不安。久しく保育に携わっていない場合、認可保育園で働くことをためらう人も多いでしょう。認可保育園だと子どもと関わる以外にもやらなければならないことがありますし、行事もあって、大変です。

それなら業務の幅が狭いところがいいのですが、鹿児島市内でブランクありOKとしている職場の中で業務の幅が狭いところは、企業内保育所・託児所・学童保育の三つになります。これらはパートで募集されていることが多いので、正職員で働きたい場合は、ハードルの高さを乗り越えて認可保育園で働くことになるでしょう。

最もおすすめなのは、企業内保育所で正職員の求人を探すことです。学童保育や託児所はパートしかないと言っても過言ではないのですが、企業内保育所ならたまに正職員の求人も見つかります。

見つからない場合、敢えて療育関係で働くのも良いでしょう。療育関係の仕事をしたことがない人なら、ブランクではなく未経験になります。ブランクがあるということは経験があると見なされ、研修などを省略されがちですが、未経験ならそんなことはありません。不安が多いなら、逆に未経験の分野に飛び込むのもおすすめです。療育関係は給料も高めなので、なお良いでしょう。

まとめ

鹿児島県は、求人が鹿児島市に偏っています。鹿児島市内は県内では比較的交通の便が良いところなので不便はないでしょうが、通勤時間が長くなるのは考え物です。霧島市にも求人は多く出回り、どちらかといえば霧島市の方が待遇がよいところが多い傾向があります。

年間休日数を重視するなら、霧島市で探したほうが早いでしょうし、給料が高い求人の割合も霧島市の方が高いです。全体の数が鹿児島市より少ないからこそでしょうが、敢えて求人が少ない地域で探すのも、鹿児島県内だと有効かもしれません。