営業の仕事というとお客さんから呼び出されれば時間を問わずに対応し、売上目標を達成するためには年中無休で働かなければならないといった印象もあります。

そのために、営業マンはなかなか子どもの顔を見る時間がないといったも珍しくありませんでした。

男女雇用機会均等法の制定や改正を機にあまりに過酷な職場環境は近年是正される傾向にあり、支援制度の確立や高まるニーズへ応える社風の変化などもあって子育てと仕事を両立させる営業職の女性は増加してきています。

かつては難しかった営業の仕事と子育ての両立

一昔前の営業職は…

とにかく激務だった

営業職がかつて24時間365日、まったく休みなしという体制で仕事に取り組んでいたということは大げさな話ではありません。

ベテランの営業マンから聞かれることもあるエピソードですが、実際にそういった事実はあったのです。

一例として、次のような実態がありました。

  • 営業先を回ってから社内で深夜まで報告書類を作成する
  • お客さんからの呼び出しは休日も深夜も関係なし
  • たまの休日には接待ゴルフ
男性多数の職種だった

営業職という激務は従来から男性によって支えられてきたところがあり、家庭のことは奥さんに任せて仕事に打ち込むという図式は当たり前のものでした。

このような仕事は女性には無理だという先入観も固まっていたために採用されることはほとんどなく、修飾したとしても出産や育児と両立させるようなことはまったく叶わず退職するといったことが当然だったのです。

昨今の営業職は…

男女雇用機会均等法成立後の変化

営業職をめぐる環境が変わった契機は男女雇用機会均等法の成立であり、改正もあって募集や採用をはじめとして男女の間に差別を設けることが禁じられました。

妊娠や出産を理由として女性が不利益を被る扱いも禁止され、もちろん営業職も例外ではありません。

労働条件の改善

営業職では週休二日制の導入が進んでいて、女性が働くにあたっても良い材料になっています。

休日出勤を原則禁止にするほか事前の申請を必須とする職場、また代休を取ることができるようにしている職場もあります。

女性への配慮

子育てをしている時期には子どもから目を離すことができないこともあり、仕事に充てることのできる時間がどうしても限定されます。

そこで配慮が進んでいる職場ですと、チームで仕事へ取り組むことによって急な欠勤や早退にもカバーすることのできる体制を確立しています。

女性でも仕事と子育ての両立に適している営業求人の選び方

営業という仕事に関しては設定された目標を達成するため、あるいはお客さんへ対応するための残業や休日出勤などが避けられない場合もあります。

子育ての時間を確保することが現実的に難しいという困難、そのような中でも目標を達成していかなければならないというプレッシャーで結果的には仕事と子育ての両立を断念せざるを得ない女性も少なくありません。

社風に注目する

すでに女性営業職の活躍が実績としてある求人元、またこれからあらたに女性の営業職を育てていきたいという方針の求人元は仕事と子育ての両立に対して理解があるということもできるでしょう。

またあらたな事業へ取り組むにあたり、これまで男性を中心としてきた組織形態を改めようとしている求人元もあります。

情報関連産業の分野などで女性も含めて多様な人材が活躍する組織を目指す企業も多くなっていますから、注目に値するでしょう。

子育ての支援制度に注目する

育児休業制度のほか企業内に設置されている託児所、また保育費用に関する補助などは子育てをしている女性にとって非常に重要なサポート制度です。

また営業という世界においては最新の情報を常に収集しておかなければなりませんから、職場全体やチーム単位で情報を共有することのできる体制になっているかどうかも注目したいところです。

仕事と子育ての両立に適しているのはどんな企業?

生命保険業

歴史的に女性の営業職が活躍している分野であり、女性にとって働きやすい職場環境づくりも進んでいます。

カレンダー通りの休日で子育ての時間を確保しやすくしている職場が多く、個人事業主として契約すれば勤務時間の融通もつけやすくなっています。

不動産業

女性には店舗のカウンターセールスが多く、来店したお客さんのニーズを把握して物件を案内します。

それほど残業が多くないこと、決められた休日が保障されていることからも女性にとって働きやすくなっています。

女性が活躍できる営業職ガイド ~転職事情・未経験者のための求人の選び方~
“営業”と聞くと「男性の仕事」、「大変・厳しそう」、「自分の時間がなさそう」など思い浮かべるあなた、ちょっと待ってください! 確かに営業職では男性の割合が多い業界も未...