待機児童数ワーストワンは、もちろん東京都。沖縄県はワーストツー……日本国内で2番目に待機児童が多い県となってしまっているのです。待機児童の問題は保育士の給料の問題と密接にかかわっています。

沖縄県は保育士の初任給が12万円から13万円というのが当たり前。いまどきフリーターでも20万円稼ぐ人がいるのですから、そう考えると圧倒的に低いということがわかるでしょう。

沖縄県は平均年収が260.2万円、平均月収が18.1万円、平均賞与が42.4万円。全国平均は年収から316.7万円、21.6万円、57.3万円。沖縄県は全国と比べて圧倒的に保育士の待遇が悪いのです。

そんな中、転職活動をするにはどうすればいいのか、その指標となるように、沖縄県の求人傾向などをまとめてみました。

正職員で働くなら給料は最重要事項

給料が高めの求人を探そう

沖縄県で転職活動をする場合、真っ先に給料で絞込みをかけましょう。給料で絞込みをかけ、そこから次なる希望条件で絞込みをかける。このようにしなければ、給料が15万円未満ということになりかねません。

比較的給料が高い求人というのは、那覇市に多いです。特にオープニング求人だと、20万円以上35万円未満という条件が記載されているものも多く、おすすめ。沖縄県は待機児童と保育士の待遇問題・潜在保育士の存在が問題となっているため、新しく保育園をつくり、そこで待機児童問題改善と待遇改善の両方を行おうとしている動きがあります。

そのため、オープニング求人を探すと自然と給料の良い仕事を見つけることが可能なのです。

休日日数が120日を越える施設

沖縄県は給料が低いですが、休日日数が多い施設の数が多く見られます。株式会社が運営する保育園は年間休日120日以上というところが多いです。おまけに、そういうところは福利厚生も整っている傾向があるので、一石二鳥を狙うことができます。

那覇市・浦添市に多いので、探してみると良いでしょう。

沖縄県で変わった業務はできる?

保育士で一風変わった仕事といえば、幼児教室の講師や習い事教室の講師などが挙げられます。あとは病児保育や児童養護施設なども一風変わっていると言えるでしょう。沖縄県においてそのような施設の求人があるのか、気になる人もいると思いますが、残念ながら、沖縄県ではそういった求人を見つけることは困難です。

病児保育ありという施設であれば、浦添市にいくつか見られます。事業所ない保育所や託児所も浦添市に多いです。沖縄県で少し変わったところで仕事がしたいなら、そういったところしか狙えないと言っても過言ではありません。

ブランクがあるなら

ブランクがあるという人は、オープニング求人がおすすめです。近年保育園の数が増えてきつつあるということは先ほど述べたとおりで、お勧めする理由も先述のとおり。給料が高く福利厚生が整っているところも多いためです。

ブランクがあってもOKというところも多いですし、これから開園するようなところだと、まだその保育園の雰囲気・気風・カラーが凝り固まっていません。上も柔軟に対応してくれますし、教育もしっかりとしてくれます。

オープニング求人以外なら、学童保育で契約社員として働くのもおすすめです。正職員とは異なりますが、学童保育なら時間帯も限定されていますし、人数もそれほど多くはありません。ゆっくりと仕事の感覚を取り戻すことができます。沖縄は各地で学童保育の求人が出回りやすいようなので、そういった意味でも狙い目です。

非常勤の求人傾向について

パートの時給相場とは?

沖縄県におけるパート保育士の時給相場は、850円です。700円から900円までの金額に設定されている求人がとても多く見られます。これは那覇市であっても、浦添市であっても、名護市や豊見城市であっても同じことです。

全地域に共通して言える相場で、時給1,000円を超える金額を設定している求人を見つけるのは少々骨が折れます。那覇市などの中心地域ではなく、中城村や八重瀬町などといった町村などに時給が高い求人が点在する傾向があるので、探してみるといいでしょう。

時間帯固定が多い

沖縄県では時間帯固定のところが多く、シフト制で柔軟に時間帯を変更できるところは少ないです。事業所内保育所はその傾向がありますが、数が少なく正職員または契約社員での募集が多いので探すのに苦労するでしょう。

それ以外の施設だと、多くのところが長時間で固定されています。学童保育のパートでは時給ではなく月給で給料の記載をしている求人もあるというほどです。時給が高めのところを選べば、正職員の初任給以上に稼ぐこともできるでしょうが、時間帯を限定して働きたいという人には厳しい状況になっています。

まとめ

沖縄県は潜在保育士が問題となっていることは何度か述べています。潜在保育士問題を改善するために、ブランクのある保育士・未経験の保育士向けのセミナーを各自治体で開催しているようです。ブランクがある人は、近場でセミナーが開催されていないかどうか、開催される予定はないかどうかを調べてみるのも良いでしょう。