青森県は保育士の待遇がとても低い県です。全国平均年収316.7万円、月収21.6万円、年間賞与57.3万円。それに対して青森県は平均年収264.1万円、月収18.2万円、年間賞与45.7万円となっています。

今すぐ待遇改善をすることは不可能なので、この低基準の待遇の中で底辺の待遇にならないように注意する必要があるでしょう。ある程度は給料を意識しつつ、ほかの転職希望条件を満たす求人を探さなければなりません。それには、給料ともうひとつだけ、希望条件を設定しましょう。

青森県の正職員求人相場・傾向

休日日数は十分重視できる

給料が低いなら、せめて休日日数だけでも多くしたいという人が多いのではないでしょうか。青森県は、年間休日120日以上という条件を満たしやすい傾向があります。ただ年間休日120日以上というのであれば、平均よりも高い給料を得るのは難しく、15万円から18万円の間で設定されている求人が多いということに注意しましょう。

年間休日120日以上という求人は、弘前市・青森市に多く見られます。株式会社が運営している保育園もそうですが、社会福祉法人が運営している保育園のほうが年間休日日数が多いです。高い給料を得ることができないなら、いっそのこと休日に振り切ってみるのも良いかもしれません。

手当・福利厚生を重視する

給料・休日ときてその次に重視したいのが、手当・福利厚生です。給料が比較的高く福利厚生が充実しているのが理想的ですが、基本給が低くても残業手当や夜間保育手当が支給されるというところであれば、基本給の低さを埋めることもできます。

福利厚生が充実している傾向があるのは、株式会社運営の保育園です。地域は八戸市・弘前市に多く見られます。月給は15万円から20万円まで幅広いですが、20万円よりも高い数字はなかなか出せません。

内容は有給休暇取得実績あり、社会保険完備、夏季休暇・年末年始休暇あり、交通費支給、住宅手当ありといったところが多いです。中には福利厚生施設の利用ができるというところもあります。保育士としては十分の福利厚生・手当ではないでしょうか。

ブランクがある場合

ブランクがあって正職員として職場復帰したい場合、重視すべきは給料です。ブランクのある保育士を受け入れているところを探すと、施設の種類はある程度限定されてきます。多いのは院内保育・学童保育・事業所内保育です。これらのところは、ブランクがあっても未経験でも関係なく受け入れてくれます。

業務内容は子供をただ預かるだけというところが多く、比較的楽です。そこから徐々に慣れていき、保育園に転職するという風に段階を踏むのが良いでしょう。

給料はブランクがあるからと自分を低く見て、低い給料でも受け入れてしまいがちですが、青森県は案外ブランクがある人に対しても、それ以外の人に対しても給料の設定を変えないところが多いようです。15万円から19万円まで、自分の経歴や実力に応じて決定されます。あきらめず、給料を重視しましょう。

非常勤で働く場合に留意すべきポイント

パートの時給相場は?

青森県のパートの時給相場は、800円から900円。1,000円というのも決して珍しくはなく、青森市・五所川原市あたりで多数見られます。1,200円を超える時給で働くのは難しいでしょう。狙い目は1,000円から1,100円程度の時給を設定している求人です。

認定こども園の保育教諭は特に時給が高い傾向があります。

時間帯を重視する

パートで働く人には、「この時間帯しか働くことができない」もしくは「この遺憾対に働きたい」という希望がある人が多いでしょう。青森県内で時間帯を限定して募集している求人は多くありませんが、青森県の人材バンクなどである程度の数であれば見つけることができます。

早朝なら青森市内、午前だけなら八戸市・五所川原市・弘前市、午後だけなら五所川原市・弘前市、延長保育なら青森市内に多いです。早朝のみ・延長保育は午前・午後のみと比べると数が少ないので注意しましょう。

ブランクある人で、いきなり正職員はハードルが高いと感じる人は、午前のみ・午後のみのパート求人を探すのもひとつの手です。

まとめ

青森県は給料こそ低いですが、年間休日120日以上・福利厚生や手当の充実、ブランクOKの職場など、給料以外の条件が揃っている職場が多いです。給料を気にしつつも、給料以外の希望条件を最重要項目として考えたほうが、転職活動を有利にすすめられるのではないでしょうか。