宮崎県の保育士の平均年収は、290.5万円。平均月収にすると20.0万円、平均年間賞与は50.5万円です。

全国平均年収316.7万円、月収21.6万円、年間賞与57.3万円と比較すると、とても低い水準になっていることがわかります。それでいて労働時間は全国平均168時間よりも長い175時間。

宮崎県は保育士の労働条件が悪く、宮崎市では待機児童や保育士不足が問題となっているのです。

宮崎市は住居や食費など生活費にかかる物価が日本一安いとも言われている地域なので、全国平均と比べて給料が低いことはある程度納得しなければならないでしょう。

大切なのは、その他の希望条件を叶える努力をすることです。その手伝いとなるよう、各希望条件ごとの求人傾向などについてまとめてみました。

宮崎県全体の保育士の状況・求人傾向について

冒頭でお話した宮崎県全体の保育士の状況や求人傾向について、2016年9月現在の現状に基づいてもう少し深く説明します。

宮崎県は推定人口150万人とされており、近年では核家族世帯が増加し、子供の数が増えているようです。

そのため、保育施設の拡充が声高に叫ばれています。保育所への入所待ちが長く、待機児童が増加。宮崎県はこれに対処するため、駅周辺のアクセスしやすいエリアで保育施設を増やしています。

車やバイク通勤が出来る、駅から近いから電車通勤ができるという施設の求人が多いです。保育士の増員をする施設も増えているので、求人自体は宮崎市を中心として多数あります。

給料については未だ状況が悪いままですが、福利厚生の充実・各種休暇の取得などといった条件は叶えやすくなっているというのが現状です。

正職員の各希望条件ごとの求人傾向について

福利厚生が充実している職場を探したい

保育士業界では福利厚生といっても、会社員のように「保養施設あり」「優待利用あり」といった福利厚生施設やベネフィットクラブなどの福利厚生制度を導入しているところは、なかなかありません。

保育士業界で福利厚生が充実しているといえば、住宅手当がある・長期休暇が取得できるなどといった、会社員にとっては当たり前に思われる部分が整っていることです。

その中でも、宮崎県では特に住宅手当が支給されるところが多い傾向があります。

また、住宅手当を支給するとしている施設では、保育士手当や通勤手当なども支給されるところが多いです。

地域はやはり宮崎市が多く、中でもJRの駅周辺には多数の「住宅手当あり」の求人があります。

育児支援が充実している職場を探したい

宮崎県の保育園は、育児支援が整っている施設が多いです。冒頭で述べたとおり、保育士不足が問題になっているので、潜在保育士を保育士に引き込みたいのでしょう。

潜在保育士の中で以前保育士として働いていたが、今は仕事をしていないという人の多くは、子持ちであると全国的に見られており、そういった人たちに安心して働いてもらえるよう、育児支援制度を充実させる保育園が多いのです。

宮崎市、延岡市、日向市に多数の求人があります。施設形態は株式会社運営の保育園が多いです。

給料は15万円から20万円まで幅広く設定されている傾向があります。育児支援が充実して、なおかつ比較的給料が高い施設というのも探せるので、子育てをしながらバリバリと働きたい人には良い傾向です。

パート保育士の求人傾向

パートの時給相場はいくら?

宮崎県におけるパートの時給相場は、850円から950円ですが、宮崎市内には時給1,000円の求人も多数見られます。

時給1,000円を超える施設は、認定こども園が多いです。逆に時給が低い傾向があるのは、社会福祉法人が運営する保育園。株式会社運営の保育園は900円から1,000円までの時給が設定されていることが多いです。

パートとして働くなら、宮崎市内で株式会社運営の保育園または認定こども園の求人を探すことをおすすめします。

各地域でどの施設のパート求人が多いのか

宮崎市には、株式会社や社会福祉法人の運営する保育園、認定こども園の求人が出回りやすいです。中には午後のみの求人や、夜勤の求人なども見られます。

小児科の保育士求人というのも多いです。宮崎県内で見られる形態の施設であれば、どこでもパートを募集していると考えても良いでしょう。

都城市には認定こども園の求人が多いですが、宮崎市ほど時給が高いところはありません。認定こども園でも認可保育園でも時給は800円から900円程度です。

幼稚園の保育補助(8時間勤務)であれば時給1,000円という施設も見つかりますが、それ以外だと時給が高いところはなかなか見つけることができません。

延岡市には認定こども園の保育教諭、午後だけの求人、乳児保育園でパートの募集が多数あります。

日向市は3歳未満児クラス担当といった低年齢児を扱う施設の求人が多いです。日南市には院内保育所の求人が多数あります。

宮崎県の復職希望者向けの求人とは

正職員で探すのであれば

宮崎県は、正職員でもブランクOKとしている施設の求人が多数見られます。これも保育士不足への対策なのでしょう。

月給相場は15万円から17万円程度で、特別低いというわけではありません。新卒保育士と変わらないか、それより少し高い待遇です。

正職員のブランクOKの求人は、宮崎市のほかに、日向市や日南市で多数見られます。

残業が短い・ほとんど無いという条件を設定している求人は日向市に多く、育児支援ありという求人は宮崎市に多いです。

給料はどの地域で探してもほとんど変わらないので、育児支援を取るか残業時間の短さを取るかのどちらかを基準として探すのが良いでしょう。

非常勤で探すなら

ブランクOKという条件を設定している求人を探すと、一番多く見つかるのは、やはりパートの求人です。

パート求人の時給相場は先ほど述べたとおりですが、ブランクOKという条件で探すと、時給1,000円を超えるところが少なくなります。

時間帯を限定して扶養内で働きたいという人は、パートしか選択肢が無いようなものなので、高い時給を設定する求人が少ない中で、比較的時給の高いところを探さなければなりません。

正職員という責任の重さに二の足を踏んでいるだけだという人は、契約社員からはじめることをおすすめします。

契約社員なら月給16万円から18万円程度という条件を設定しているところが多く、育児支援が充実してなおかつ残業も少ないです。

正職員ほど責任が重くなることも無いので、気楽にはじめることができるでしょう。契約社員の求人はほとんどが宮崎市内にあるので、アクセスも良いです。

まとめ

宮崎県の保育士求人を見ていると、給料を平均のレベルに保ちつつ、給料以外の条件を充実させることによって保育氏を呼び込もうとしているところが多いことがわかります。

宮崎市は住宅手当や育児支援制度などといった福利厚生を充実させ、日向市では残業時間を短くし、各地域でパートの受け入れもする……各地域ごとに違う方向性からアプローチをかけているので、希望条件によって探すべき地域も変わるのです。

これからさらに施設数も増え、保育士の増員が見込めるので、求人には困らないでしょう。