秋田県にはさまざまな形態の保育施設がありますが、中でも子供一人ひとりを大切にし、より密接に関わって成長を見守ることができる、小規模保育園が増えてきています。

小規模保育園はアットホームな雰囲気なところが多く、子供にとっても保育士にとっても過ごしやすい施設であることが多いです。

ブランクのある保育士にとっても、現役保育士にとっても、働きやすいでしょう。秋田県は保育士の待遇もそれほど悪くはなく、さまざまな希望条件を叶えることができます。

希望条件ごとに求人傾向を見ていき、転職活動に役立てましょう。

秋田県の保育士の現状

平成26年の厚生労働省の資料によれば、保育士の全国平均年収は316.7万円、月収が21.6万円、年間賞与は57.3万円とのことです。

秋田県は平均年収が313.5万円、月収が19.6万円、年間賞与が78.3万円……。全国平均と比べると月収が2万円低いですが、年間賞与が高く、平均年収は300万円を超えています。

周辺の県と比べると、秋田県の保育士は待遇が良いと言えるでしょう。労働時間も全国平均と同じ168時間。平均勤続年数が15.9年ということを考えてもそれがわかります。

秋田県は他県と比べると待機児童数も少なく、保育士も充足傾向にあるので、余裕のある施設が多いです。

そのため、正職員での求人募集が少ない傾向があります。正職員の求人のほとんどは秋田市にあるので、秋田市外に住んでいる方は車通勤・バイク通勤可能というところや、駅から近いところを探しましょう。

正職員で希望条件を叶えるための求人傾向まとめ

正職員募集は、どんな施設が多い?

正職員を募集している施設は、院内保育室・新規開園の保育園・株式会社が運営する小規模保育が多いです。

院内保育室は全国的にパートでの募集が多く、正職員の募集が多いのは珍しい傾向だと言えます。院内保育園は夜間保育があり、変形労働時間制勤務となるので、生活は安定しませんが、イベントなどは特に無く、業務内容自体は比較的楽です。

大きな病院だと月給が20万円を超えるところも多い傾向があります。小規模保育園は秋田県全体で求人が多く、正職員でも募集があるようです。株式会社が運営しているところは研修もしっかりと用意されていることが多いので、ブランクがあるけど正職員で働きたいという人におすすめします。

住宅手当が支給される施設を探す

正職員の求人で、住宅手当が支給されるというものはとても多いです。住宅手当が支給されるというところは、保育手当や通勤手当なども用意されているところが多い傾向があります。

夜間保育や宿日直があるというところも多く、そういった施設では宿日直手当や夜間保育手当なども整えられています。

それ以外の住宅手当を支給するとしている施設は、株式会社が運営していることが多いです。各種手当を合わせると20万円を超えるというところも多いので、人によっては設定されている給料よりも多く支給されることがあります。

育児支援が整っている職場を探す

育児支援が整っている職場は、秋田市内に多数あります。育児支援というのは、具体的に言えば育児休暇や産前産後休暇などです。

中には子供が病気をしたときに休めるというところもあるので、子育てをしながら正職員としてバリバリ働くことも可能でしょう。

数も多いので、秋田市内であれば苦労せずとも見つけることができます。

非常勤保育士の求人傾向

契約社員の求人傾向について

秋田県では、保育士の契約社員募集がとても多いです。契約社員の月給相場は15万円から16万円程度ですが、中には20万円以上の給料を支給する施設もあります。

月給が高いのは院内保育室の契約社員募集です。夜間保育手当の分で給料が高くなっているものと思われます。

契約社員は大仙市や東成瀬村など、秋田市内以外にも多く出回ります。契約社員を募集している施設は、株式会社運営よりも社会福祉法人運営の施設のほうが多いです。

給料の高さは株式会社・社会福祉法人ともに同程度。福利厚生はどちらも皆無に近いですが、各種手当だけは支給されています。

パートの求人傾向について

秋田県で最も募集が多い雇用形態が、パートです。秋田県では余裕のある施設が多く、正職員の募集が少なくパートの募集が多く見られるのです。

秋田県でのパート保育士の時給相場は850円。決して高くはありませんが、中には1,000円以上の時給を設定する施設もあります。850円以下の時給を設定している施設には応募しないようにしましょう。

パートの求人は、秋田市に大仙市や横手市・由利本荘市など秋田県全土に見られます。市役所で保育士の求人が出るということも珍しくはありませんが、市役所は850円以下の時給を設定するところが多いのでおすすめできません。

ブランクがある場合の転職活動のポイント

秋田県は保育士が充足傾向にあるため、ブランクOKとする施設は少ないです。正職員だとほとんど見られません。

パートは正職員よりも多いですが、それでも全体の求人数からすると、とても少ないです。

株式会社が運営する小規模保育園だと、研修制度が充実しているところがあり、そういったところはブランクのある人でも受け付けています。

秋田市よりも大仙市や横手市・脳代市といった地域のほうが、ブランクOKという施設が多く見られます。

ブランクがある人は、秋田市よりもそれらの地域で求人を探したほうが良いでしょう。マイカー通勤OKというところも多いので、車を持っている人は以上の地域に限らず、秋田県全体で探しても良いかもしれません。

ブランクがあるという人は、正職員なら月給15万円以下、パートなら時給850円以下になることがあります。一般の保育園では特に給料が低い傾向があるので、気をつけましょう。認定こども園だと月給15万円というところが多いので、やはりブランクのある人は認定こども園の求人を探すのが得策だと言えます。

まとめ

秋田県は保育士の求人が少ないですが、各種手当が支給される・育児支援制度がある施設の求人が多く、パート求人や契約社員求人の幅も広いです。

ブランクのある保育士を受け入れる施設が少ないのがネックですが、現役保育士にとっては希望条件をかなえやすい地域だと言えるのではないでしょうか。

ブランクがある人は、少しでも給料の高いところを探すしかありません。