和歌山県は、自治体をあげて子育て推進事業が進められている地域です。子供の教育に力を入れている家庭も多く、未就学児の保育・教育への関心が高い地域でもあります。

そのため、のびのび保育をポリシーとして掲げる保育園や、認定こども園が増加しているようです。

電車通勤・車やバイク通勤ができるところも多く、自分のスタイルにあった通勤方法を選ぶことができます。求人の数も多いので、少し粘れば希望する求人を見つけることができるでしょう。

和歌山県における保育士の現状と求人全体の傾向について

和歌山県は、保育士の待遇がとても高い県です。平成26年の賃金構造基本統計調査によれば、全国の保育士平均年収は、316.7万円。月収だと21.6万円で、年間賞与は57.3万円。労働時間は168時間となっています。

一方和歌山県では、保育士の平均年収が381.6万円、月収が24.8万円、年間賞与が83.6万円、労働時間が165時間となっているのです。勤続年数は全国が7.6年、和歌山が11.1年。11年近く働いて、年収は400万円近くというのが一般的となっています。

ハローワークの中途求人などは給料が低く設定されていることが多いですが、勤続すると給料が順調に上がるところが多く、転職者には最初から20万円程度の月給を与えるという施設も少なくありません。

給料を重視しつつ、ほかの条件も重視できる状況が整っていると言えるでしょう。

正職員の求人傾向について

求人が多い地域と施設形態

求人が多いのは、和歌山市・橋本市・岩出市・紀の川市です。白浜町などといった地域にも、わずかながら求人があります。

いずれの地域においても給料の相場は変わらず、20万円以上の給料を設定する求人も少なくはありません。

近年は株式会社が運営する施設も増えてきていますが、まだまだ社会福祉法人の運営する施設の求人も多数見られます。施設長や支援員といった少し変わった求人が多いのも特徴的です。認定こども園が増加しているため、こども園での保育士(保育教諭)募集が常時出ています。

休暇制度が整っている施設を探したい

株式会社が運営している保育園では、年末年始休暇や夏季休暇などの休暇制度が整っているところが比較的多く見られます。

有給休暇の取得ができるところも少なくはありません。全国平均よりも労働時間が短く、残業が短い・完全週休2日制で安定的に休みを確保できるというところは、長期休暇が取得できる職場よりも多いです。

長期休暇が取得できる職場は比較的給料が低く設定されているので、休みが多くなる分給料は低くなります。

認定こども園だと、長期休暇が取得でき、なおかつ月給が高いところも多いので、給料と休暇制度両方を重視したいという人は認定こども園を探してみると良いのではないでしょうか。

福利厚生を重視したい

福利厚生を重視するなら、和歌山市内よりも有田市や由良町で探したほうが良いでしょう。

和歌山市にも福利厚生が充実しているという施設が多いですが、求人の割合が高いのは有田市や由良町です。

福利厚生の中でも、住宅手当や通勤手当、保育士手当などの各種手当、各種保険制度、各種研修制度に特別休暇などが整っているところが多く見られます。

それら全部がしっかりと整備されているところもあるので、福利厚生については突き詰めて求人選びをすることが可能です。

非正規の求人傾向

雇用形態ごとの給料相場

和歌山県におけるパート保育士の時給相場は、900円です。これよりも低いところは避けましょう。

正職員の給料はとても高いですが、パートの時給は周辺地域とあまり変わりがありません。和歌山市内には時給1,000円を超えるパート求人も多いので、1,000円から1,200円といった条件で探すと良いでしょう。

和歌山県での保育士派遣社員の時給相場は、1,000円から1,100円です。1,200円を突破すると時給が高い分類になります。

高時給求人は和歌山市内に多数あり、駅から近いところが多いです。時間帯を限定したいならパート、フルタイムでも働けるなら派遣社員も視野に入れると良いでしょう。

契約社員は正職員に比べると月給が低く、正職員と業務内容があまり変わらず、責任だけ少し軽いといった程度なので、和歌山県においてはあまりメリットが無いでしょう。

月給14万円から16万円程度が相場となっています。和歌山市内には求人が少なく、日高町や広川町などの行政区分が「町」となっているところに求人が多いです。

短時間勤務がしたい

和歌山県は短時間勤務ができるところが少なく、その求人のほとんどが和歌山市内にあります。雇用形態はパートと派遣が多いです。

株式会社が運営する認定こども園に短時間勤務可能なところが多いので、和歌山県で認定こども園または株式会社をキーワードとして探すとすぐに見つかるのではないでしょうか。

時間帯は朝もしくは夕方であることが多いです。

復職希望者の転職活動のポイント

和歌山県は保育士の待遇が高く、勤続年数の長い保育士が多く余裕があります。そのためか、ブランクのある人でも快く受け入れてくれるところが多いです。

株式会社運営の施設・社会福祉法人運営の施設とに関わらず、しっかりと研修をしてくれます。

事業所内保育園もあるので、保育園の業務内容に不安がある人は、事業所内保育園で慣らしておくという手もあります。

ブランクありOKとしている求人の時給・月給相場は全体とほとんど変わりがないため、しっかりと稼ぐことも可能です。

研修制度が整っている施設に正職員として入ってそこに定着して高い月給・年収を狙うのもよし、事業所内保育園にパートまたは正職員として入って数年でまた転職をするのもよしといったところでしょうか。

ただし、和歌山県では潜在保育士に対する支援が手薄です。ほかの都道府県に比べて緊迫した状況になっていないためだと考えられます。

自治体からの支援を受けたり、自治体ごとの研修会に参加するというのは難しいので、出来るだけ多くの研修制度を持つ施設を狙うのが良いでしょう。

まとめ

和歌山県は長く働くとそれなりに給料が良くなります。11年働いて年収400万円近く、15年働くと確実に400万円は超えるでしょう。

ほかのサラリーマンと比べると低い基準ですが、保育士としては高水準です。給料が低く設定されている求人を避けながら、給料が高く設定されている求人を追い求めながら、ほかの条件を追求することができます。

長期休暇との両立はしにくいですが、少なからず両立可能な求人もあります。和歌山県では根気よく、じっくりと自分の希望を叶えるために努力をすることが大切です。