現在24歳の女性です。

新卒の事務職で入社した会社で、3年目になる数ヶ月前、つまり社歴約2年のタイミングで退職を決断し転職活動を始めました。

転職活動中、探していた職種は前職と同じ事務職です。

前職勤務中に転職活動を行っていたのでブランクというものはなく、面接では自分のスキルを自信を持って言えましたが、初めての転職活動でしたが、新卒の就職活動とは違い少し気持ちに余裕を持ちながら活動を行えました。

転職を決断した理由

転職を決断した理由は、「休日の少なさとサービス残業」です。

自分の時間をもっと多く持ちたかったのと、勤務内容に見合ったお給料が欲しいと思ったからです。

休日は週休2日でしたが隔週土曜日は出勤だったので、定休日は1ヶ月6日間でした。事務職だったので、営業職の人と比べたら残業は時間は短かったので社内ではマシな方でしたが、残業代は一切出ませんでした。

休日が少なく、6日勤務の週は休日は寝て過ごすことが多く、友人との予定も合わせにくくと不満が積もるばかりでした。また、残業代も1日1時間、1カ月22日勤務なので22時間。

この時間の残業代があるかないかでも、お給料の額はだいぶ変わると思います。

勤務日数が2日少なく残業が全くない友人と給料が変わらないと知った時、衝撃を受けました。

転職活動~採用決定まで

転職活動をする時、企業探しでは事務職を軸に「完全週休二日」と「残業代支給」を条件に探していました。

活動方法は新卒の時の就職活動と同じで、求人サイトに登録して自分の条件に合う企業を探し、良いと思った企業に応募をし選考を受けました。

利用した転職サイトはリクルートエージェント、en転職、マイナビエージェントです。

HPよりもアプリの方が操作性があり効率が良いと思ったので、サイトとアプリが連携しているリクルートとen転職をメインに活動をしていました。

どちらかといえば、アプリの画面の見易さや操作のしやすさから、リクルートエージェントの方が利用率が高かったです。

転職先は、転職活動をしてから約2週間で決まりました。

選考は書類選考2回、筆記テスト、面接1回という流れだったのですが、選考結果がすぐに来たので短期間でした。

第一志望の企業だったので、他の企業の書類選考結果待ちの状態だったので大変だったという感覚はありませんでした。

転職して良くなったこと

月収は前職よりも1万円ほど下がりましたが、完全週休二日と残業代支給なので、1時間当たり労働賃金は格段に上がったと思います。

転職してよかったと思ったのは、金銭面以外にも時間面です。

前職は隔週土曜日休みでしたが、忙しい時は日曜日しか休めない時が続く事があり、唯一の休暇は体を休める時間に費やし、
友人と遊ぶ時間や趣味の時間がなかなか作れていませんでした。

しかし、完全週休二日のおかげで、休む時間、友人と会う時間、趣味の時間など有意義に時間を使えるようになりました。

また、現在一人暮らしで実家は1時間半ほどで行ける距離にありますが、休日が1日しかなく行っても泊まる事が出来ず、祝日などで日曜日と組み合わせて連休になった時や長期休暇など3,4か月に1回くらいにしか帰れていませんでした。

転職してからそれほど時間が経っていないので繁忙期を経験していないのですが、現在の勤務状態だと1カ月に1度は実家に帰る事が出来そうです。

転職して後悔したことはありませんが、前職は待遇は良くありませんでしたが職場の人たちの人柄はとても良く、退職する時は寂しいという気持ちがいっぱいでした。

あれだけ退職したいと思っていたのに、いざ退職する時「もうこの人たちと一緒に働けないのか」と思った時は悲しかったです。
現在の職場は初日はとても緊張しましたが、優しい方ばかりですぐに馴染むことができました。

勤務状況だけでなく職場環境にも恵まれたので、いい転職が出来たと思っています。

事務職へ転職したい方必見!求人事情・仕事内容・給料、内定をもらうまでの道のりを紹介
転職を考えている人のなかには、事務職として働きたいと考えている人もいるのではないでしょうか? しかし求人があったとしても、人気が高い職種のため内定をもらうのは難しいで...