シノダ1

旅行業界と言えば、少し特殊な職業に思えるかもしれません。

しかし、未経験でもコツを抑えることで転職成功の確率も上がります。

今回は、旅行業界の実情から各旅行会社の特徴まで幅広く紹介していますので、参考にしてみてください。

旅行会社の仕事の種類と求人データ

ツアーコンダクター

旅行の添乗員として、お客様を案内するのがツアーコンダクターです。

例えば、観光バスの中で盛り上げる。旅行者に観光名所を詳しく伝える。さらに旅行の初日から最終日まで安全に旅行を楽しんでもらうために管理するなど相当ハードになります。

また、旅行者に急病や盗難被害などがあった際も、瞬時に対応しないといけなく常に一人一人に目を配らないといけません。そのため旅行業務の中でも、体力面・精神面のタフさが要求されるでしょう。

そして、ツアーコンダクターの給料は、月収25万円前後、平均年収も300~400万円です。

どうしてもツアー客に同乗する仕事と言うだけあって、長時間勤務になりがち。そのため、残業代や深夜手当なども付きやすいため高収入となっております。

ツアーの企画提案 <セールスを一緒にやる場合もある>

自分の働いている旅行会社で、どう言った旅行プランを企画するか考えるのも大事な仕事です。社内でどんな企画が良いかプレゼンをするほか、実際に外部への営業も発生します。

例えば、有名なレストランでのランチを組み込みたいのであれば、どういう料理を作ってほしいかお願いしに行く。また宿泊施設についても、プランについて話し合うことも大事な仕事です。

ツアープランニング

例えば、新婚旅行でどういう場所に行ったら良いか分からない?あるいは、今の時期だからおススメできる旅行場所を教えてほしいと言ってくるお客様もいます。

そういう方に旅行プランを紹介する仕事です。お客様の年齢層、性別、人数などから提案することが重要となるでしょう。

旅行事務・旅行カウンター

旅行代理店での航空券発券作業、受付業務。さらに電話対応、書類の整理などを行ないます。

まさに旅行会社の顔となるため、明るい笑顔やコミュニケーション能力が大事になるのです。接客をしながら事務を行なう場合も多いため、ペースをつかむまで大変ですが数か月経つと慣れてくるでしょう。

給料は、大手に転職しても20万円前後、さらに中小企業であれば、月収15万円前後も珍しくありません。

しかも、景気や社会情勢によって旅行者数の増減があるため、ボーナスも安定的にもらえない場所が多いでしょう。

団体営業

会社での慰安旅行や敬老会、修学旅行など大勢の人を相手に行なうのが団体営業です。この場合は、旅行プランの提案から添乗員、ホテルや食事場所の手配まで一通りを行なうことも。

そのため、色々なことに対して臨機応変に対応しなければなりません。

旅行業界は残業が多め

旅行業界では、残業はたくさんあります。例えば、旅行代理店の受付業務であれば、営業時間中にお客様と接しながら、事務処理を行なう。

また、旅行プランの企画提案や営業などを行なっている人についても、取引先の都合に合わせないといけないため、深夜まで残業をすることもあります。

ただ逆に言うと、残業代を支給してくれる会社であれば、年収も高くなるためお金を稼ぎたい人には、もってこいかもしれません。

女性の比率が高い

ほとんどの旅行代理店では、女性の採用数が多いという結果が出ています。

もちろん、会社によって男女比率は違いますが、女性の採用が多い企業ばかりで男性の採用が多い会社は、ほぼ皆無です。

転職するなら知っておきたい有名旅行会社・旅行代理店

JTB

創業から50年以上経っている会社が「JTB」です。国内でも最大手と言っても過言ではないぐらい、老舗企業で大人気です。その分求人倍率も高く採用基準は厳しいかもしれません。

また全旅行会社と比較してもツアー料金は少し高額になるため、サービスの質を大事にしている会社だと言っても良いでしょう。

HIS

海外旅行の格安プランを中心に提供している企業が「HIS」です。「カイシャの評判」調べによると、常に新しいことにチャレンジしようとする傾向が強いと言われています。

ただ会社の平均年齢は27.6歳となっているため、在職年数は短い人が多いかもしれません。

日本旅行

創業1905年と、日本国内で最も歴史がある旅行会社が「日本旅行」です。

実はJR西日本の連結子会社となっているため、JRとホテルがパックになっている商品の取り扱いが多くなっています。

さらに業界第3位の規模(2014年時点)なので、売上の面でも安心して働くことができるでしょう。

読売旅行

読売新聞との関連会社が「読売旅行」です。1年目から宣伝や企画など重要な仕事を任せてもらえる場合もあるため、濃密な経験をしたいと言う人には、おすすめの会社です。

また地域密着型を大事にしているため、ほかの旅行会社と比べてアットホームな雰囲気で仕事に取り組めるでしょう。

近畿日本ツーリスト

旅行会社で業界第2位の売上を誇るのが「近畿日本ツーリスト」です。2013年に「クラブツーリズム」を子会社にしてから、巨大企業となっています。

ただ、「カイシャの評判」を見る限り、給料が安いと言っている人も多く見られるため、高収入を期待している人には期待を裏切る結果となるかもしれません。

しかし、福利厚生についてはしっかりしていると言う人が多いため、働く環境としては良いでしょう。

西鉄旅行

福岡県内を中心に営業所を展開しているのが「西鉄旅行」です。本社が福岡と言うだけあって、正直全国的にはメジャーだとは言えません。

しかし、最近ではスポーツツアーを中心に取り扱う「トライアンフ」と呼ばれるブランドを立ち上げたりと、新しいことに取り組むことが好きな会社だと言えるでしょう。

旅行業界への転職を成功させるためのポイント

旅行業界は、20代~30代を中心に採用を行なっています。他の職種と比べても未経験での転職も可能だと言えるでしょう。

もちろん、大手になると採用基準も高くなるかもしれませんが、受験する価値はあると思いますよ。

特に、接客業やサービス業で働いていた人にとっては、業界未経験でも転職できる確率は高いです。

人と接すると言う面で共通部分があるため、採用担当者からも興味を持ってもらいやすいです。

ただ旅行代理店の場合は、スーパーなどの小売店と比べて客単価も上がるせいか、どうしてもお客様からのクレームも増えてしまいます。

そのため、何を言われても折れない心を持っていることが前提となるでしょう。

残業時間をチェックしておく

さきほどもお伝えしましたが、残業時間はほとんどの旅行会社で発生します。しかし、残業時間の大小は会社によって違うのです。

例えば、業務を分担して行なっている会社は残業時間は短くなるでしょう。逆に、営業、企画、ツアーコンダクターなど一人で全ての業務を行なう場合は、残業時間は相当長くなります。

求人票を確認する際に、どんな業務があるのかは見ておくべきです。

勤務シフトを確認しておく

シフトですが、実は夜勤勤務が発生する場合もあるのです。

例えば、海外旅行のツアーコンダクターをする場合は、深夜や翌朝に日本を出発したり帰ってくることもあります。

さらに、早朝に出発するツアーの場合も、現地へ向かう前に、深夜旅行会社で準備を行なってから、勤務するケースもあるのです。

深夜勤務が嫌であれば、旅行カウンターと事務作業のみなど、深夜勤務が発生しないような業務内容の場所を選ぶと良いでしょう。

業務範囲を確認

どこまでの業務範囲を受け持つことになるか見ることも非常に大事です。

会社によっては、ツアーコンダクター業務は別の企業へ委託して、企画や接客に専念すると言う場所もあります。

しかし、その一方で全ての業務を行なう場合もあるのです。

業務範囲を受け持つ度合いによって、働くときのしんどさも変わってくるため、会社の業務範囲は調べておいた方が良いでしょう。

転職エージェントを活用する

シノダ2

上記のポイントを押さえつつ、良い求人に出会うためには『転職エージェント』の利用が必要不可欠です。

旅行業界への転職活動におすすめの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

実績No.1の安心感ももちろんですが、「じゃらん」を運営しているリクルートだけあって、旅行業界の求人も充実しています。

リクルートエージェント

リクナビNEXT

履歴書・自己PRのコツ

出張や転勤が多ければ、色々な場所で勤務したことを伝える

会社によっては、全国転勤、海外転勤が多かったと言う人もいるのではないでしょうか?

書くのが面倒だと思う人もいるかもしれませんが、そこも十分にアピールポイントとなります。土地柄に合わせて、臨機応変に対応することができる人だと見てもらいやすくなるため、採用へ一歩近づくでしょう。

旅行業界と一致する内容を盛り込む

いくら旅行業界が未経験だと言っても、業務内容の中には一致している箇所もあるはずです。

例えば、サービス業などであれば「接客」。また事務であっても、「電話対応」などわずかながら、共通業務部分は存在します。

自分に関心を持ってもらうために、旅行業界でも使えそうな箇所は、あるだけ書きましょう。

積極的な行動をアピール

特にツアーコンダクターの業務が発生する場合は、数十人もいる旅行者を引率しなくてはなりません。全員が素直に従う人だと良いですが、なかには逆らってくる人もいます。

そのため、言うことを聞いてもらうよう自分で動かなければいけないときもあるのです。自主的に状況を考える力があることをアピールすると良いでしょう。

臨機応変に対応できる自分をアピール

例えば、旅行客の中にも安さを重視している人もいれば、それよりも質を重視する人までいます。そのため、一概に旅行と言っても、利用者が旅行会社に求めている内容は違うのです。

相手が一体どんな気持ちなのか?さらに同じツアーに参加している人であっても、ツアーコンダクターとして一人一人違った対応をするのも重要な仕事になります。

気配り上手な一面をアピールすると採用担当者の印象に残りやすいかもしれません。

旅行業界での転職で使える志望動機の例文

例文1.

私が御社へ入社したい理由は、お客様と共に海外の文化について触れ合っていきたいからです。私は大学で、元々観光に関する勉強をしておりました。

当時の就活では、私の好きなブランドがあったためアパレル業界へ進みました。しかし入社して5年が経ったある日、観光について何も生かしていない自分に気付きました。

そこで今ならまだやり直せると思ったため、旅行業界の中でも伝統がある御社を転職先として希望しました。

入社後は、持ち前の明るさで旅行者が何倍も楽しめるよう、スマイルを大事にしていきます。

旅行業界で何を活かすか、さらに、夢などを語り絶対に叶えたいと言う気持ちを伝え、採用担当者に興味を持ってもらう狙いがあります。

例文2.

私は、今まで事務一筋で働いてきました。色々な部署や取引先とのやりとり、業務管理とオフィスワーカーとして10年ほど仕事をさせていただいています。

そんなある日、大学の同窓会に行く機会があり同級生から「あれだけ旅行好きだったのにもう全然行ってないんだね」と何気に言われた一言が、ハートに火を付けました。

就活時代の私は、旅行業界は人気があるから内定はとれないと自分で決めつけていました。しかし、今となってはそれを後悔しています。

自分自身、一から出直す覚悟で旅行業界に飛び込み、一人でも多くのお客様の笑顔を見たいと思って御社を応募させていただきました。

中途半端な気持ちで求人募集に応募したわけではないことを伝えましょう。さらに、採用してもらったら身を粉にして働くと言う強い決意を示すのも、印象良く見てもらうためのポイントです。

どういう人が採用されやすいか?

コミュニケーション能力がある人

大前提として色々な人と接する業界の為、コミュニケーション能力がある人でないと仕事は難しいです。

例えば、旅行者によっては大人しい人もいれば、思ったことを発言する人もいます。

さらに、外部へ営業する際も色々な業界の人と接する機会が多いため、相手のことが嫌いでも愛想良い表情をしなければならないことも多々あります。

そのため、人見知りも少なくどんな相手に対しても、受け答えすることができると言う人は、採用されやすいでしょう。

色々な場所へ行くのが好き

ツアーコンダクターとしての業務を受け持つ場合は、国内海外問わず色々な場所へ行くこともあります。そのためアクティブに動くことが好きな人は採用してもらいやすいです。

特に地理について詳しく、しかも旅行名所を言われて「ピンッ」と来る人は、まさに旅行業界は「天職」だと言っても良いかもしれません。給料をもらえて、色々な場所を回れるのであればまさに「一石二鳥」です。

英会話が得意

最近では外国人が旅行を申し込むケースも増えています。海外旅行をメインで取り扱っている会社では、色々な国にツアーコンダクターとして同行するケースもあるのです。

そのため英会話が得意でないと、これからは仕事をするのも難しいでしょう。また最近では、英語以外に中国語も大事になってきています。語学の知識は常日頃から身につけておいた方が良いでしょう。

体力がある

旅行業界での仕事内容は、正直ハードです。そのため体力がないと仕事が務まりません。

もし体力作りを行なうのであれば、普段から筋トレを行なう。あるいは電車通勤を自転車通勤に変えるなどし、体力が付く生活環境を整えましょう。すると、旅行業界へ転職した後も少しは楽に働けるはずですよ。

旅行代理店・会社へ転職する際に有効な資格

旅行業務取扱管理者

旅行業界についての法律、国内旅行の実務についての知識について勉強できる資格が「旅行業務取扱管理者」です。

各営業所にこの資格を持っている人を最低1人はいないといけないという決まりがあるぐらいなので旅行業界では相当な力を発揮します。ちなみに合格率は2割~3割台のため、勉強をすれば合格できるでしょう。

AXESS実用検定試験

AXESSとは、航空券の発行や空席照会などを行なうときに使用するシステムです。その使い方に関する検定試験もあります。

専門学校や大学へ通いながらAXESS操作について勉強をしている人は、受験することが可能です。これを持っていることで、受付カウンター業務に携わる採用の場合は有利になるでしょう。

まとめ

旅行業界は、未経験でも転職しやすいと言えます。持ち前の接客スキル、さらにお客様を喜ばせようとする熱意があれば、きっと夢が叶うはずです。

現在は外国人観光客も増えていますし、2020年には東京オリンピックも行なわれるため、まさにチャンスと言っても良いでしょう。

また、ハローワークだけでは旅行業界の求人も少ないため、転職エージェントに登録することも転職活動をする上において大事になります。

シノダ4

特に「リクルートエージェント」のような旅行業界に強い転職エージェントは必ず利用しましょう。

「リクルートエージェント」の公式サイトはこちら