人と接する仕事は山のようにあります。しかし、業種や職種によって仕事内容や顧客対象も違うため、転職先で苦しむ人もいるのです。

そうならないように、今回は人と関わる仕事の中でも、おすすめの業種・職種を詳しく紹介させていただきます。本文の終盤には、履歴書・職務経歴書・面接の際に注意することも記載してあるので、就職試験の参考にしてみてください。

人と関わる仕事が好きな方の特徴とは?

まず初めに、人と関わる仕事が好きな方の特徴を見ていきます。あなた自身、一体いくつ当てはまるか確認しながら読んでみてください。多く当てはまるほど、人と関わる仕事に向いていると言えるでしょう。

人付き合いが好き

仕事やプライベートでも誰かとつるんでいることが多い方は、人と関わるのが好きだと言えます。ここでは「不特定多数」の人とつるんでいるかがポイントです。とにかく人とのつながりを大事にして、いろいろな人と結束力を結んでいる方は、人と関わる仕事に向いているでしょう。

人見知りが少ない

初対面の人とでも、気兼ねなく話せる人も人と関わる仕事に向いています。そういう人は、コミュニケーションのとり方が得意だと言う人も多いです。そのため、仕事においても生かすことができるでしょう。特に、年代関係なく話すことができる人は相当な強みですよ。

積極的な行動ができる

自ら話を振ったり、相手が喜びそうな行動をとれる方は人と関わることに向いているでしょう。例えば接客業で働いていると、店員に気を遣って自分から聞けないお客様も見受けられます。

そういうときは「店員から話す」あるいは「お客様が声をかけやすいようにゆっくり近くを歩いてみる」など、工夫することが大事になるのです。日頃の立ち振る舞い方が仕事にも生きるため、積極的な行動をとることができる人は、人と関わる仕事に向いていると言えます。

嫌な感情を表に出さない

どうしても、人と関わっていると自分の嫌なことをされたり、クレームを言われることも起こります。しかし、そんなときでも嫌な感情を出さず「ニコニコ」した状態で会話ができる方も、人と関わる仕事に向いているでしょう。このタイプは、自分の顔の表情をコントロールできる人に多いです。

クヨクヨしすぎない

少し傷つくことを言われても、落ち込まず平然とした状態で働ける方も人と関わる仕事に向いているでしょう。会社によっては、毎日お客様から文句を言われる場合もあります。そのため、毎回落ち込むと身も心も疲れてしまう原因に。「仕事だからしょうがない」で済ませることができる人がGOODです。

人と関わる仕事を探す際のポイントを紹介

実際に人と関わる仕事をしたいと思っても求人数は山のようにあるため、どの会社へ応募すれば良いか見当を付けづらいです。

そこで転職活動をよりスムーズなものにするために、あなたに合った求人先企業を見つける方法を紹介させていただきます。

自分のキャラを生かすことができる場所が良い

あなたが普段から実践している、人との関わり方で大丈夫と言われる会社もあれば、ダメだと言われる会社も存在します。そのため、働く場所によって自分のキャラを生かせるかが決まってしまうのです。

また求人を探す前に、あなたのキャラがどういう雰囲気の職場だとウケが良いか考えるのも重要でしょう。ちなみに従業員の男女比率によっても、環境は違うためその辺りも意識して考えてみてください。

お客様の年齢層を考えてみる

実際に、転職を考えている会社の顧客対象年齢を考えることも重要です。例えば20代以下の女性に人気の場所もあれば、50歳以上の男性が顧客の大半を占めている場合もあります。

実際に、自分の接客がどういう客層に受け入れられるか考えることも重要です。スーパーであれば「主婦層」、ゲームセンターであれば「若い男女」と言うように考えてみると、求人先も見つけやすくなるでしょう。

心の底から働きたいと思う会社を選んだ方が良い

本当に働きたいと思える会社でないと、いざ接客を行おうと思ってもその通りにできない場合もあります。

やはり、店員の不満がたまっている店舗だと全体的にギスギスした印象がありますし、逆に従業員同士で団結していると、明るい雰囲気の店舗に見える場合が多いです。「身を粉にしても、後悔しない」と言う会社を選ぶと良いでしょう。

在籍平均年齢が低い場所はなるべく避けよう

会社の在籍平均年齢が低いと言うのは、退職者が多いことを表わしているケースもあります。例えば、人と関わる仕事だと思ったら雑務が多かった。あるいはサービス残業ばかりで体力的に持たないなどさまざまなパターンが考えられるでしょう。

これらも一部踏まえたうえで次の章からは、おすすめの業種・職種を紹介してあります。

人と関わる仕事をしたい人におすすめの業種・職種を紹介

営業

仕事内容

営業の最大の目的は、商品を売り上げることです。いろいろなお客様の元へ実際に出向き、商品を売り込みに行きます。営業先も、法人向けの場合と個人向けと2パターンあります。

また給料も、売上実績に応じて変わります。個人の売上実績が良い場合だと、給料も自然と上がる傾向が強いですが逆だと悲惨なことになることも考えられます。なかには完全歩合の会社もあり月に数万円しかもらえない場合もあるので、完全実力主義だと言えるでしょう。

さらに商品販売以外に、実際に商品を購入してくれたお客様へのアフター対応、場合によっては取引先会社への接待もあり相当忙しいです。なかには、深夜まで営業活動を行う人もいるため体調管理には十分気を付けなければなりませんが、その分見返りも大きくなるでしょう。

おすすめできるポイント

いろいろな人とじっくり話す機会も多いため、おすすめしました。顧客の中には1時間や2時間話を聞いてくれる場合もあります。そのため、長い時間の会話が好きな人にとっては、楽しめる仕事です。

さらに、購入する側も営業マンを見て判断することも多く、あなたのキャラクターが顧客に受け入れられたら、購入してもらえる確率も高くなるため誰でもチャンスがあると言っても過言ではありません。ただし断られることも多いため、強いハートを持って営業活動を行うことも大事です。

店頭販売

仕事内容

服屋や雑貨ショップ、あるいはドラッグストアなど店舗で接客・販売を行う仕事です。不特定多数のお客様を相手にする場合がほとんどです。主な仕事内容として、「接客、レジ業務、電話対応、品出し、商品の棚替え、商品発注、従業員への指導」などと、結構忙しいです。

ただしその分学ぶことも多いため、仕事で役立つこともたくさん身につけられます。

おすすめできるポイント

浅く人と関わりたいにはもってこいの仕事です。と言うのも、営業みたいにガッツリ人付き合いをしなくても良いため、精神的には楽に感じる接客を行うことができます。

さらに接客内容も「この商品はどこにあるの?」あるいは「このなかでどの商品が良いと思う?」と言う内容が多いため、接客時間も短くて済むでしょう。

飲食店のスタッフ

仕事内容

ホールやレジ打ち、さらに材料の発注や簡単な調理など行うのが飲食店のスタッフです。店内を駆け回ることも多いため、体力が必要な仕事だと言えます。

また、料理がお客様の口に合わなかったり運ばれてくる時間が遅いと、クレームを言われることもあるため、愛想良くお客様への対応ができるかがポイントとなるでしょう。

ちなみに、場所によっては賄い飯が付いていたり、社割で安く料理を食べることもできるため、経済的に助かることも多いです。

おすすめできるポイント

飲食店での仕事をしていると、お客様が帰るときに「ごちそうさま」と言ってくれることも多いです。その言葉を聞くたびに「やってて良かった」と言う気持ちになります。

さらにカフェなどでの仕事だと、若い女性が多い場所もあるため男性はモチベーションを上げて働くことも可能です。ちなみに飲食業界は人手不足と言われているため、内定をとるチャンスだと言えるでしょう。

バスの運転手

仕事内容

バスの運転手は、お客様を安全に目的地まで運ぶことが最大の目的です。さらに言えばダイヤ通りにバス停に到着し、事故を起こさないことが重要になるため、安全運転かつスピーディーに運行する必要があるでしょう。

また、運転手に行き先を聞いてくるお客様もいるため、運行ルートを覚えておくことも大事です。バス会社によっては、入社後バスの免許をとれる場合もあるため「普通免許」さえ持っていれば採用試験を受けられる場所も多いです。ドライブが好きな人は、ぜひチャレンジしてみてはどうでしょうか?

おすすめできるポイント

適度に人と関わりたいけれど、そこまで接客スキルを磨きたいと思わない人におすすめです。聞かれる内容は大体決まっているため、そこまで話のネタがない人も安心して働くことができます。さらに、お客様から長時間話されることもほとんどないため楽でしょう。

タクシードライバー

仕事内容

お客様を目的地まで運ぶのが、タクシードライバーの仕事です。この業務は歩合制の会社が多いため、いかにお客さんにたくさんのお金を使ってもらうかが勝負となります。

さらにお客様から「〇〇へ行ってほしい」と言われた際に分からない場所でも、行く必要があります。最近ではカーナビ付きのタクシーを運行させている場所もあるぐらいです。

尚、休憩込みの勤務時間も1カ月につき299時間まで可能なので、ガッツリシフトに入れることもできます。そのため、自分のペースで働きたい人に向いているでしょう。

おすすめできるポイント

運転中にお客様と会話をができる機会も多いと言うことでおすすめしました。例えば、話好きのお客様だと運転中ずっとしゃべり続けるため、寂しがり屋の人も楽しめるでしょう。

余談ですが「お釣りは要らない」と言って降りる人もいるため、ちょっとした小遣い稼ぎになるかもしれませんよ。

介護職

仕事内容

高齢者や身体に不具合があるなど、自分や家族だけでは生活するのに不自由な人のお世話をするのが介護職の仕事になります。「食事を食べさせる」あるいは、「身体を拭く」と言った身の回りのお世話をするのが業務の中心です。

入居者が介護施設だと24時間フル稼働していますが、デイサービス専用の「日中のみ」営業している場所も存在します。

もし夜勤が苦手であれば、利用者の元へ訪問する会社で働くと良いでしょう。すると、日中に業務を完了し夜は家で休むことも可能です。

おすすめできるポイント

利用者と過ごしている間は、ずっと話すことができることです。利用者の中には、一人だと寂しいため介護職員にかわいらしく話しかけてくる人もいます。まるで子供と一緒に話している気分になるため、心も癒やされるでしょう。

ときには、自分勝手なことを言ってくることもありますが、小さい子供だと思って接していると気持ちも少しは楽になると思いますよ。

受付業務

仕事内容

会社の顔として持つ受付業務は、来客への案内。あるいは質問されたことに対して答えると言った業務が発生します。

また、ほとんどは女性を対象にした求人で男性は厳しいかもしれません。都市部へ行くと、外国人の人が来社されることもあるため、条件として英語や中国語が話せる人と限定する場合もあります。来社された人を不愉快にさせないために、気配りが大事になるでしょう。

おすすめできるポイント

たくさんの人と接する機会があると言うことです。一般の人から会社の取引先までさまざまな人を相手にするため、自然と応対のレベルも上がっていきます。

さらに一流企業の受付をしていると、身分が相当高そうな人がいらっしゃる場合もあり、その人から学べることもあるため、人間としてのレベルも上がるでしょう。

講師

仕事内容

自分の持っているスキルを生徒に分かりやすく伝え、技術を習得してもらうようにするのが「講師」です。

例えば学習塾であれば「成績を上げてもらう」あるいは、ジムのインストラクターであれば「引き締まった体を作ってもらう」と言うように、それぞれ目的が違うのです。何であれば、生徒に教えることができるか考えることが大事でしょう。

おすすめできるポイント

自分のスキルをいろいろな人に教えたいと考えている人にはピッタリです。「〇〇先生のおかげで△△ができるようになりました」と言う声を聞いた日には、とてもうれしくなりますよ。

また、生徒へアウトプットすることで、自分のなかで今まで思いつかなかった「アイデア」が生まれるきっかけにも。そのため生徒へ教えるスキルと同時に、あなたの「知識」もどんどん積みあがっていくでしょう。コミュニケーションが得意な人にもってこいです。

人と関わる仕事をしたい人に教える履歴書・職務経歴書の書き方とは?

求人先を必死に探したとしても、内定をもらわないと今までの努力も水の泡です。そこでここからは、就職試験で内定を勝ち取るための秘訣を「コッソリ」ご紹介します。

他の従業員とどういう風に働いたかを書く

人と関わる仕事が好きな人であれば、前職でどういう人と過ごしたかは言っておいた方が良いです。たまに、前職で働いていたエピソードを書く際に、「自分は●●を頑張った」で終わらせてしまう人もいます。しかし、それではもったいないです。

採用担当者に注目してもらうのであれば「同じ〇〇部にいた同僚と××の仕事を行い、結果的に△△の結果を出すことができた」と言うように、協力性、団結性が感じられる内容を書きましょう。すると人と関わることが好きな方だと採用担当者に思ってもらいやすいです。

大勢で取り組んだ内容を書く

前職や学生時代のイベントに取り組んだ。あるいは、普段からボランティア活動を地域の人と行っていると言うように、たくさんの人と関わる環境を作っていることもアピールポイントです。

それが応募先企業に伝わることで積極的な人間とだと見てもらいやすくなります。そのため、人と関わる仕事に向いていると採用担当者も思ってくれ印象も良くなるでしょう。

リーダーシップがとれることもアピールする

転職先企業で仮に働き出したとしても、自分がずっと社歴が浅いと言うことはありません。年がたつにつれて、どんどん部下も入ってきて「従業員の指導」や「教育係」に回ることもあります。

それを踏まえ、リーダーシップを持っていることもアピールすると良いです。結果的に、コミュニケーションをとるのが得意だと思ってもらいやすく、内定をとれる確率も上がるでしょう。

人と関わることが好きな人が面接のときにやってはいけないことを紹介

暗い雰囲気を出す

疲れたような姿で面接に臨んでしまうと、「社内で人と関わりながら仕事ができるのか?」と面接官から冷たい目で見られることもあります。

そのため、面接前日には睡眠をしっかりとり「シャキッ」とすることが大事です。また女性は顔の血色を良くするために、「暖色系」のメイク道具を使うのも一つの手ですよ。

モゴモゴ話す

どうしても緊張してしまうと、口があまり動かなくなり言葉をはっきり伝えられないケースも出てきます。しかし、その状況が面接で続くと、「会社で従業員とのやり取りは難しい」と判断され落とされる確率が上がる原因に。

それを防ぐために、普段から活舌を良くする練習をしましょう。毎朝起きたら、「あ」から「ん」まで五十音順に大きく口を動かしながら発音することが重要です。すると緊張していたとしても、話し方の習慣が付いているため、ハッキリと言葉を伝えられるでしょう。

つまらない表情・態度をする

グループ面接だと他の人が話している際に「つまらなそう」な表情をする人もいます。

例えば「あくびをする」あるいは、「下を向く」など態度に出てしまう人も。面接官は、ほかの人が話している際に聞いているかも見ているのです。

さらに、「〇〇さんの意見を聞いてどう思いましたか?」と聞かれることもあります。ちょっとの油断が、あなたにとって大ダメージになるため注意です。

勢いに任せてしゃべる

面接官に質問をされて、分からないのに勢いで話してしまう人は「コミュニケーション下手」だと思われやすいです。確かに、「何か言わないと」と言う気持ちになる心情は分かります。

しかし実際仕事となったときを考えてみましょう。全て分かったふりをしていると上司も「理解しているんだ」と思い、説明を詳しくせず仕事を任せてしまいます。その後あなたが仕事が完了したと報告した際に、上司から「実はこうだったんだよ」と言われやり直さないといけないこともあるのです。

そのため面接では分からないことがあれば「30秒ほど考えさせていただいても良いでしょうか?」あるいは、「申し訳ございません。私の勉強不足のため答えることができません」と言い回しを考えて発言することも重要になります。その部分もコミュニケーションがとれる人間か判断する基準となっているのです。

<転職後>人と関わる仕事で楽しく働くためのコツとは?

実際内定をもらったとしても、その会社で長期間働かないと再度転職活動をしなければならないことに。それを回避するためにも、転職先企業で心地よく働くための秘訣を紹介させていただきます。

相手の話をまず聞く

人と関わることが上で大事なのは「譲り合い」です。自分の話をするよりも、相手の話を聞くことに専念するのもスムーズに仕事をするためのコツですよ。

例えば、お客様が「Aについて教えてほしい」と言っているにも関わらず、「Bについて教えた」とします。その結果、あなたは話が通じない店員だとお客様から思われ評判もがた落ちです。あくまで、お客様が求めている内容の情報を提供してこそ仕事として成り立ちます。

ネガティブな発言は少なめにしておく

ネガティブな内容の話が多いと、相手の気持ちまでブルーな気分にさせてしまいます。そのため会話も弾みにくくなり、空気感が重くなる場合もあるため、話のほとんどは「ポジティブ」な内容で受け応えることがコツです。

例えば、お客様から「〇〇ってお店は本当嫌になるわ」と言われたら「お店によって個性がありますもんね」と切り返しましょう。くれぐれも「私もそう思います」とネガティブな話に合意しないことも重要です。特に普段から後ろ向きに物事を考えてしまう人は要注意です。

しゃべるのではなく話すことを意識しよう

自分の好きなことだけをしゃべるのは、仕事として成り立ちません。お客様をイライラさせるだけです。あくまで相手のためになることを話すのが大事になります。

「しゃべる」と言うのが、自分を中心にした行動だとすると「話す」と言うのは相手を意識した行動と言う意味合いが強いです。くれぐれもはき違えないようにしましょう。

まとめ

人と関わる仕事で働くためには、それなりの準備を行い就職試験を受ける必要があります。プライベートで人と関わるのとは、違う部分もあるため仕事上で何が求められているのかも、しっかりと研究することも大事です。

あなたの才能・パフォーマンスを思う存分発揮できる会社をぜひ探し当てて、楽しく働きましょう!