楽しい仕事をしたいと思って入ったのに、実際は全く違っていたと言う人もいるのではないでしょうか?嫌々働いている人は、転職を考えるのもひとつの。なぜならばモチベーションが上がらない状態で長年勤務したとしても、精神的に病んでいく可能性が高いからです。

そこで今回は、楽しくやりがいのある仕事をしたいと言う人におすすめの職種・業界を紹介します。終わりの方には、転職成功した人の体験談も載せてありますので、想像力を湧かせながら読んでみてください。

仕事が楽しくないと思う瞬間はどういうときか?

マイナビが実施したアンケートによると、48.2%の人は「仕事が楽しくない」と答えています。なぜ仕事が楽しくないと思うのか理由を見ていきましょう。

サービス残業が多い

現代では「ブラック企業」と呼ばれる場所も多くなっており、その中でも残業代を出さない「サービス残業」をさせる会社はたくさんあります。毎日のように深夜まで残業を行うため、睡眠時間をとることができない状態になるのです。

その結果疲れが残った状態で出勤すると言う「悪循環」に陥る人もいます。そのため、体力的・精神的に追い込まれていき、仕事が楽しくないと思ってしまうのです。

サービス残業のある会社は避けて、定時で帰ることができる会社を選ぶべきです。

自分の思い通りに進まない

業務に関して指摘しても、全く相手にされない。聞き入れてもらえない状況で働いている人も、仕事がつまらないと感じてしまう原因です。やはり、自分の意見が通りにくいと言うのは「モチベーションを下げる」原因にもなりかねません。

そのうち、仕事に対してやる気がなくなります。最終的には、自分の業務に対して楽しさ・やりがいを感じなくなってしまうのです。

業務内容がつまらない

決まった業務内容ばかり行っている人の中には、刺激が足らずだらけてしまう人もいます。

例えば「工場」で働いている人を例に挙げてみると、「ひたすら同じ部品をはめ込む」あるいは、「食品をひたすら容器に詰める」と言うように単調な作業のため、飽きてしまうこともあるのです。それを長い期間繰り返すことで、業務内容がつまらないと感じ、退職してしまう人もいます。

人間関係が良くない

上司をはじめ、社内の人間関係がギクシャクしていると、仕事が楽しくないと思ってしまいます。どうしても、1人で全ての業務をこなすと言うのは難しいです。

しかし、上司に相談しても「自分で考えて」あるいは「そのぐらい分かるだろ」と何度も言われてしまうことで、次第に心の距離があいていきます。それが進んでいくことで、自分だけでは解決できない仕事も山積みになるため、業務に対して楽しさややりがいもなくなってしまうのです。特に、上司から威圧的な態度をとられている人は当てはまる人が多いでしょう。

楽しい仕事、やりがいのある仕事とはどういうものを指すのか?

それでは、一体楽しくてやりがいがある仕事とは、どういう内容を言うのか見ていきましょう。さまざまな視点がありますので、あなた自身がどれを重視したいか考えながら読んでみてください。

自分の意見が反映される

仕事に対する意見・考えをどんどん採用してくれる仕事は、やりがいや楽しさを感じやすいでしょう。自分で言った発言で仕事が進むと言うのは、責任感もついて来るため業務に対するモチベーションを上げてくれます。

さらに人から言われて行う仕事ではないため、自分の業務を大事にする傾向も強いのです。仕事に対するプレッシャーは強くなるかもしれませんが、それを「ハラハラ」しながら業務を遂行するのは、スリリングもあってやりがいも感じるでしょう。

お金をたくさん稼げる

仕事をやった分だけ給料が上がると言うのは、仕事に対してやる気を出させてくれます。結果を出した分だけ給料に反映されるわけですから、自分の実績を残そうと必死に動こうとし、仕事に対して夢中になれることも多いです。特に「営業職」は顕著に給料に反映されるため、仕事のモチベーションを上げるには最適な職種だと言えるでしょう。

重要な仕事を任される

会社によっては入社1年目からプロジェクトの責任者になると言うように、重要な案件を任せてもらえる会社も良いでしょう。この状態は、社歴に関係なく仕事の実績をアピールできる場が与えられるため、「早く出世するために頑張ろう」あるいは、「良いところを見せて給料を挙げてもらおう」と自分の「ワクワク感」を上げやすいです。

その結果、プロジェクトを成功させるためにどうするか、必死に考えるようになるため業務に夢中になるのです。

仕事の出来が良かったら褒めてもらえる

仕事の出来で褒めてくれる会社も、業務を行うのが楽しいと思うきっかけになるでしょう。頑張ったことを褒めてもらうと言うのは「自分の仕事を見てくれていたんだ」と安心感をもたらすことにつながります。

その結果、「たくさん褒めてもらいたいから、もっと仕事を頑張ろう」と前向きな気持ちになりやすいため、仕事をするのも楽しくなるのです。特に、誰も見ていないような細かい部分を褒めてもらえたときは、気分も最高に良くなるでしょう。

楽しくてやりがいがある仕事へ転職するには?

いよいよ楽しさ・やりがいがある業界、職種を紹介したいと思いますが、その前にあなたに合った求人先を見つける確率をアップさせる方法を先に記載させていただきます。

これを頭に入れておくことで、あなたに良い影響をもたらす会社で働ける可能性も広がるためチェックしておきましょう。

自分の好きなことを探す

まずは自分は何が好きか考える必要があります。例えば、パソコン関係が好きであれば「システムエンジニア」と言うように、自分の趣味の延長線上で転職先企業を探すと良いでしょう。

その代わり中途半端にかじっている程度の趣味だと、いざ働き出した際、後悔する場合も考えられるため、「これなら一生続けられる」と言う根拠があるモノを基準に転職先企業を探すのがBESTです。

転職先候補企業で働いている人から生の声をきく

実際に、転職を受けようと思っている会社で働いている人の声をきくのも重要です。大学の先輩、あるいは取引先で知り合った人などいろいろと人脈の活かし方はあります。

最近では、インターネット上の口コミもありますが古いデータのものもあるため、あてにできない部分もあります。それに対して生の声だと「リアルタイム」でその会社の状況が分かるため情報としての価値は比較的高いと言えるでしょう。

会社の規模だけで決めない

単に大企業だから転職をしようと言う安易な考え方も辞めておいた方が良いです。例えば、業界売上1位の会社に転職をしようと思っても、実際には、深夜まで残業するのは当たり前で休日出勤も多いと言う場所もあります。しかも、同業他社に追いつかれないように寝る時間を惜しんでまで、仕事をする状況になることも考えられるのです。

そのため、会社の規模については「つぶれない会社か?」と言う部分を見る程度にしておくと良いです。ちなみに私が転職活動を行った際は「負債の金額が多くないか?」、「赤字になっていないか?」の2つの視点を見ていました。

会社巡りをしてみる

例えば小売業などだと、実際に店舗へ買い物しに行くついでに様子を見ることができます。例えば、全国100店舗ある服屋の店員になりたいとあなたが思っているとしましょう。そしたら、最低でも5~10店舗はチェックすることをおすすめします。

なぜなら場所によって慌ただしさや忙しさが違うためです。都心店から郊外店まで幅広い種類を見てみましょう。店員の表情や店内の様子を見てから、実際に転職先候補に入れるか決めるのもアリですよ。

転職エージェントの登録を数社行う

転職エージェントに登録をして、実際に担当者の人と話してみるのも大事でしょう。やはり、転職エージェントで働いている人と言うのは、その道のプロだと言う人がほとんどです。あなたが、どういう仕事をしたいか伝えるだけで、おすすめの転職先を紹介してくれます。

「あなただけでは見つけ出すことができなかった転職先の紹介」あるいは、「意外な業種を進めてもらえる」と想定外の良いことが起こる可能性もあるのです。そのため、内定後もミスマッチが起こりにくく快適に楽しく働ける確率も上がるでしょう。

次の章からはいよいよ業界、職種を具体的に紹介させていただきます。

楽しさ・やりがいがある業界、職種を紹介

営業

仕事内容

自社製品を1人でも多くの人に売っていくのが「営業」です。まさに「弱肉強食」の世界だと言えるでしょう。数字が全てと言われるこの職種はシビアです。ただ人間性や話術がある人には有利でしょう。

楽しさややりがいを感じやすい理由とは?

この仕事の最大の魅力は「成果主義」だと言うことです。社内でも、優秀な売上成績を挙げることができれば、どんどん給料も上がっていきますし、出世もしやすくなります。そのため、若くして管理職に就くのも夢ではありません。

ほかの職種と違って、学歴がなくても仕事の実績を出しやすいため、売上実績が上がるたびに笑みがこぼれるでしょう。

接客業

仕事内容

ドラッグストアや家電量販店など、実際に店舗を構え販売するような業種を指します。商品の棚を変えたり、お客様から聞かれた内容に対して答えたりと、仕事内容も細かく分かれているため忙しいでしょう。しかし、忙しいほど時間が過ぎるのは早く感じるため、退屈さは感じにくいです。

楽しさややりがいを感じやすい理由とは?

お客様から「ありがとう」や「助かった」と直接言ってもらえることが多いです。そのため、仕事にやりがいを持って行動しやすくなります。さらに、商品の陳列方法などで売上が変動することもあるため、結果が目に見えやすいです。

売上をどんどん伸ばしていこうと、向上心がある人はさらに楽しさややりがいを感じやすくなるでしょう。

エンジニア

仕事内容

ものを作る人のことを「エンジニア」と呼びます。例えば、金属製品や部品、あるいはコンピュータシステムを作るのであれば「システムエンジニア」と言われています。途中の工程のみを作業する場合もあれば、初めから終わりまで全て作業することも存在するものまで多種多様です。

楽しさややりがいを感じやすい理由とは?

自分の思考や経験を生かしながら仕事に取り組むことができると言うのが大きいです。昔から、自分の想像力を生かしてきた人には、天職の仕事だと言えるでしょう。

もちろん、作業マニュアルなどはありますが、細かい部分については自分で調整しなければなりません。そのため、質の良いものをつくり上げたいと言う思いがある人には、楽しく感じる仕事でしょう。

イベント運営

仕事内容

コンサートなどのイベント会場の準備や指示だし、あるいは企画を組んだりするのが「イベント運営」です。いかに、お客様にたくさん来てもらうかが勝負だと言えます。さらに演出方法などによって、お客様の距離感が変わってきます。そのため運営側とお客様側の両者にとって「WIN×WIN」の関係を作ることも非常に大事になるでしょう。

楽しさややりがいを感じやすい理由とは?

イベント運営は、何人かで行うことが多いため成功したときには、喜びを分かち合うことができます。特に、大規模なイベントだと「何十人
」と大人数で作業をすることもあるため、やりがいを感じるでしょう。多くの人が喜ぶ姿を見ることで、「この仕事をやって良かった」と思えることも増えますよ。

デザイン会社

仕事内容

服や建物、街中などさまざまなデザインを考えるのが仕事です。クライアントと何度も話し合いをしながら行うことも多いため、コミュニケーション能力は必要となるでしょう。さらに、自分の個性を生かせる仕事のため、思う存分自分のセンスを発揮することも可能です。

楽しさややりがいを感じやすい理由とは?

自分の作品が人の目にとまっている姿を多く見ると、「クライアントの役に立っている」とやりがいを感じます。仕事を何個もこなしているうちにいろいろな場所に自分の作品が追加されていくため、さらに仕事が楽しいと思えるでしょう。

企画・マーケティング

仕事内容

会社での商品売上を上げるための戦略を練るのが「企画・マーケティング」です。例えば、有名人を使って「CM」をする。あるいは街頭へ行き実際に商品を試してもらうと言うように、商品と同時に会社を有名にしていくのも仕事の1つとなっています。最終的には市場シェアを広げ、「たくさんの人に知ってもらったか?」と言うのが仕事の出来を左右するでしょう。

楽しさややりがいを感じやすい理由とは?

消費者へ向けてインパクトに残るような企画・マーケティングが大事になるため、自由に仕事ができると言う面です。例えば、「今までやったことがないことに挑戦する」あるいは、「奇抜だけど面白そうだからやってみる」と言うように、個人の価値観で決められる部分も多いため、仕事が楽しいと感じやすいでしょう。

タクシー運転手

仕事内容

タクシー運転手は、お客様を少しでも早く目的地まで運ぶのが仕事です。そのため、裏道などを駆使して到着地へ1秒でも早く届けるのも重要。さらにドライブするのが好きな人も、街並みを見ながら運転ができるため、気分転換になるでしょう。

楽しさややりがいを感じやすい理由とは?

仕事中も運転ができるため、車好きの人にはたまらないと言う点です。バスなどとは違い、運転する場所も決まっていないため飽きにくいと言えます。さらに稼いだ分だけ、給料に反映されるためやりがいも感じるでしょう。

在宅の仕事

仕事内容

在宅は、ライターからエンジニア、デザイナーなどさまざまな種類があります。最近では、インターネットの普及により在宅ワークを行う人も増えています。さらに会社員であっても在宅勤務と言う人もいるため、今後も普及していくでしょう。在宅の利点は、監視する人が周りに誰もいないと言うことです。そのため、仕事さえ行っていれば好きなときに休憩をとりながら行動できるため、とても便利で楽に感じるでしょう。

楽しさややりがいを感じやすい理由とは?

何と言っても自分の生活スタイルに合わせて働くことができると言う点です。特に子育てをしながらで忙しい人も、子供と同じ場所で仕事ができます。そのため、普段の生活も送りやすくなり楽しく仕事ができるでしょう。

楽しさ・やりがいがある仕事への転職を成功させた人を紹介

ここからは、実際に楽しさややりがいがある仕事で活躍されている人についてご紹介していきます。実際にどういうメリットがあるのかも注目しながらご覧になることでより想像しやすくなりますよ。

25歳男性.飲食業→営業

もともと24時間のファミレスで働いていた彼は、「朝・昼・晩」のシフト制勤務でした。ときには、アルバイトの子が休み朝から24時間ぶっ続けで働く経験をしたことも。しかし、働き出して6年たったあるとき、過労が原因で入院することになり2週間ほどの点滴生活を送るようになるのです。

「このままでは体が持たない」と思った彼は意を決して転職をすることに。その結果、インターネット会社の営業に内定をもらいました。現在では、部内でもトップクラスの成績をたたき出し、毎月の家賃が15万円するマンションに住んでいるとのことです。

28歳女性.一般事務→在宅ライター

一般事務で働いていた彼女は、結婚3年目で妊娠中。毎日決まった仕事の繰り返しで毎日22時以降に退社していたため、子供が産まれた後の生活が心配でした。

そんな中、ふと「転職」の2文字が頭の中をよぎりました。何かできることがないか探していた彼女は、幼いころから文章を書くことが好きだったことを思い出します。そこからの行動は早かったのです。

早速在宅ライターを募集している会社がないか、転職エージェントを頼りに探してもらったのです。すると、未経験でも応募ができる会社が10社ほどあったため即応募し1社内定をもらえました。現在はその編集会社の記事執筆・編集を子供と過ごしながら、在宅で行っています。

31歳男性.公務員→デザイナー

中学校で美術の教員をしていた男性は、あることが悩みになっていました。それは「学級崩壊」です。生徒が言うことを聞かず、さらに「モンスターペアレント」と呼ばれる保護者の存在もあり、精神的にしんどい思いをすることもたくさんありました。

しかし転職はしたいけれど、美術の仕事には携わりたい。そう思った彼は、デザイン会社への転職を決意します。現在では、立体的なものから平面的なものまでデザインをするようになり、ゆくゆくは事務所を構えることが夢だそうです。

38歳女性.経理事務→企画・マーケティング

経理事務を行っていた38歳女性の体験談です。18歳の頃から経理事務として20年ひたすら働いてきた彼女。しかし、このままで良いのだろうか?と自問自答する日々が続きます。

と言うのも、入社当社10人いた経理部も現在では3人となり仕事に追われる日々。さらに毎日同じような業務ばかりで、人生後悔しないか悩んでいたのです。

そんなあるとき友人に相談したら、「転職を考えているんだったら、ウチの会社で企画・マーケティング募集しているから試験受けてみたら?」との提案が。そういう仕事はやってみたいと思っていたため、迷った結果受験することにしました。

未経験ではありましたが、人柄や発想力を気に入られ採用されることに。現在では、羽を伸ばして仕事ができ、さらに帰社時間も2時間前後早くなり最高の職場環境と喜んでいます。今でもその友人には頭が上がらないとのことです。

転職先で失敗しないために、仕事のやりがいを出すセルフプロデュース法を紹介

最後に転職後について少し紹介します。実際に転職先が決まったとしても、自分のマインドによって楽しさややりがいの感じ方は職場での過ごし方で全然違うのです。

そこで最後に仕事に対するモチベーションを上げるための「セルフプロデュース法」を記載していきます。これを実践し、今まで行った転職活動の努力を無駄にしないようにしましょう。

自分で明確な目標を持ち仕事をする

仕事をやるからには、何に向かって突っ走るのか目標を決めることが大事です。やはり何も考えずに仕事をしてしまうと、どうしても無駄に時間をつかいがちです。

そのため、仕事をしていても楽しくないと感じやすくなります。それを防ぐために、目標を立てることは大事なのです。例えば、「1日、1週間、1カ月、3か月、半年、1年」と言うように短期から長期までの目標を設定しておくと、ゴールが明確なので一生懸命働きます。目標を達成するたびに仕事も楽しく感じるでしょう。

仕事に関する勉強をしてスキルを高める

仕事に関係がある勉強をするのも、業務にやりがいを感じるコツです。スキルを高めることで仕事の効率も上がりますし、理解度も増します。そのため、毎日30分でも良いので習慣付けてみましょう。

すると、勉強していくうちに仕事でつかえるアイデアも生まれる可能性があります。特に電車で通勤をしている人は、参考書を眺めるだけでも良いのでやってみましょう。続けていくうちに習慣化できるはずですよ。

ゲーム感覚で仕事を楽しむ

仕事と思わずに一種のゲームとして楽しむのも、一つの手です。例えば、上司に提案する内容が通らない。と言うのであれば、「どういう方面から攻めればアイデアが通るか」あるいは、「上司をぎゃふんと言わせる一撃はないか」と言うように、さまざまな視点から考えてみましょう。すると、仕事が楽しくなりそのうちやりがいも出てきます。

まとめ

楽しい仕事をするためには、その場を楽しむことが重要です。そしてやりがいを感じるためには、一生懸命仕事ができる環境をつくり上げることが大事になるでしょう。

それを踏まえたうえで、転職活動を行うと良い会社との巡り合いも増えるはずです。ぜひ、仕事も人生も楽しくなる職場を探していきましょう。