内勤営業

内勤営業・カウンターセールス
×
給料・待遇

内勤営業・カウンターセールス職の給料情報

●平均年収
内勤営業職として働いている場合の平均年収については、300万円を若干下回る程度の水準となっています。

内勤というスタイルもあって営業職として考えると低めの水準になっているのですが、実績によってはトップセールスでボーナスを含めて800万円ほどを稼いでいるといった場合もあります。

●月収
月給は20万円から25万円というケースが半数以上にのぼっていて、15万円から20万円の月収を得ている事例も3割を超えています。

カウンターセールスという職種の性質もあって自分から顧客と接触する件数を増やすことができないところもあるため自分次第で業績給を増やしていくということもできず、月に35万円を超えるような給料が支給されている例はほとんどありません。

●賞与
1年間の支給回数は一般的な2回から、企業によっては4回の支給日が設けられているケースもあります。

金額は2ヶ月分前後というところが標準的ですが、業績いかんによっては7ヶ月分といった実績も見られています。

他の営業職と比較した内勤営業・カウンターセールス職の給料

受動的な営業なので、給与は上がりにくい

さまざまな営業職の働き方で比較してみると、内勤営業職は自分から見込み客へアプローチしていくのではなくいわゆる受け身の反響営業というかたちで行われる仕事です。

そのために受動的という部分で給与面の評価が高くなりにくくなってしまい、営業職の中ではもっとも低い水準となっています。

事務職的な要素が給料に反映されることも

カウンターセールスということで携帯電話ショップのほか自動車ディーラーや保険代理店などですとショップスタッフという立場で接客することも多く、またそれほど各店舗の規模も大きくないため純粋な営業職として勤めるケースはあまりありません。

申込書や契約書などといった書類に関する手続きを担うなどして事務職の範疇にあたる業務も少なくなく、そういった業務の割合から事務職にあたる部分の評価が給与の金額に影響を及ぼしているところもあるのです。

内勤営業・カウンターセールス職で年収を伸ばすには?

反響営業の場合

チラシやダイレクトメールなどの内容を見て興味があるというお客さんへ対応することになりますから、その興味をより強める営業活動がポイントとなります。

特に一戸建てや分譲のマンションなどを取り扱っている不動産仲介業などですと商品の単価が大変に高額であるため、1件の成約があるだけでも売上が数千万円から数億円単位に及ぶ可能性もあるのです。

大きな契約を成立させることで設定されている目標金額を一気に達成し、多額のインセンティブを獲得することのできるチャンスもあります。

テレセールスの場合

電話を使った営業活動ですと自分から架電していうアウトバウンドのスタイルで仕事をする場合に、成績を伸ばすチャンスがあります。

やはり電話をかける本数が多いほど商品やサービスの案内を聞いてくれる人の割合も高くなるためルーティンとしてどれだけ効率的に架電するか、また見込みがないときに話を切り上げるタイミングも考えなければなりません。

インセンティブの規定がこまかく定められている場合も多く職場によっては成約に対してだけでなく一定の架電件数を超えた場合、次につながるアポイントメントをとることができた場合などに給与の加算がなされることもあります。

そのほかチーム内での順位や部署内でのチーム順位などに対して業績給が設けられているケースもあり、さまざまな部分でモチベーションを高めることができるようになっているのです。