工場勤務など、製造業の仕事から転職しようとする場合にはせっかくですからこれまでの業務経験を活かす方向で転職先を考えたいところです。

転職活動の中で企業の求人へ応募しても、応募書類や面接ではやはり過去の職歴が大きく注目されることになります。

キャリアを活かすならば業務を通じて身についた実務面のスキルを同業の仕事で直接的に役立てる、ヒューマンスキルの部分を未経験の仕事に応用してみるといった考え方があるでしょう。

いずれにしても、前職の経験を自己PRの大きな材料にすることが転職活動を成功へと近づけます。

工場勤務・製造業からの転職活動を考えるタイミング

製造業の現場や工場などで働いている人の中には、年齢とともに身体面が厳しくなってくるなどの理由で転職を希望するようになる人が少なくありません。

ただ、転職を考えるにしても次の職場が見つかりやすいタイミングというものがあるのです。

若いうちが吉

工場勤務や製造業の仕事から転職したいという場合、できるだけ早いタイミングで決断をしなければなりません。

どこの業界においても、企業が積極的に未経験者を採用する場合は体力や仕事の吸収力に優れている20代が第一に優先されます。

勤続期間が長くないと転職活動では不利になるように思われがちですが、若いうちであればそうでもありません。相応の熱意ややる気が伝わることで、将来有望な人材として評価される可能性は十分にあるのです。

転職の難易度が上がるリミット

工場勤務や製造業の仕事をしていて別の仕事に就いてみたくなったとしても、30代へ突入する頃には未経験者としての需要が下がってしまいます。

30代は将来的なポテンシャルが期待されるというよりも、即戦力としてのニーズが高い年代。同じ業種や職種での転職であれば前職の経験が有利な材料となる一方、未経験分野への挑戦は非常に厳しくなるのです。

工場勤務・製造業からの転職活動のポイント

製造業の企業で働いていた、工場勤務をしていたといった経歴があって転職活動へ臨むにあたってはポイントとなることがいくつかあります。

前職で働いていて足りなかったと思われるものを意識して、重点的に対策することが重要です。

十分な準備をする

勉強の必要性

次に働いてみたい業界がまったく未知の分野であれば、あらかじめ希望する業界のことを勉強するなど予備知識を身につけておく必要があります。

また、仕事をする上で特定の資格を持っていることがプラスとなるならば働きながらも資格取得のための勉強を進めておきたいところです。

コミュニケーションの訓練

製造業の仕事では、工場など製造現場での勤務ですと一人で黙々と作業を続ける場面が多くなります。

職人気質の人も多く、他の職場と比較すると独特の空気感がある中で働くことが少なくありません。現場によっては、ほとんど言葉を発することのないまま一日が過ぎていくという例もあるのです。

ですから、別の仕事へ転職しようと考えるにあたってはコミュニケーションの訓練をしておくことが必須。

特別な訓練ではなく、次のように仕事の場でも訓練になることがあります。

  • 話の内容しっかり聞き確認のために言われたことをそのまま、あるいは言葉を変えての「オウム返し」をする
  • いろいろな言葉について、連想するイメージをたくさん頭の中で思い浮かべる
  • 同僚の良いところを探して会話の中で言葉にする
  • 自分の情報を会話に盛り込む

転職エージェントを利用する

製造や工場の現場でしか働いた経験がないと、転職活動をするにも何に重きを置けば良いかがわかりにくいもの。

履歴書や職務経歴書の作成にしても面接にしても、現場で勤務していてはそうそう経験しないことです。

そこで、転職をサポートするプロである転職エージェントに頼ることによって良い職場が見つかる可能性は高くなります。

いろいろなアドバイス、書類の添削や面接のシミュレーションなど一人だけの転職活動では受けることのできないサービスが転職を後押ししてくれるでしょう。

自己PRを意識する

ダイレクトに経験とスキルを活用する

ずっと現場の作業にたずさわっていると、当然に取り扱っている製品についての知識が深まり技術も身についていきます。

必要に応じて資格の取得を迫られる場合もあり、実務経験が長くなるほどアピールの材料となるものは多くなります。

近年の工場作業では機械化が進んでいることから、大体の場合に基本的なパソコンスキルは備わります。そのほか、何人かのスタッフを束ねるポジションに就いているとマネジメントスキルが磨かれていきます。

このような経験やスキルは、未経験分野への転職を志すにあたっても求人を出している企業から大いに注目されるところです。

人間力をアピールする

製造業や工場勤務の仕事については、スタッフそれぞれに任される役割が比較的明確になっています。

自分の仕事を日々淡々とこなしていかなければなりませんから、一定の期間にわたって勤めあげた経験があることは仕事に対する適性があったということ。

根が真面目で単調な作業が続いても苦にならず、根気があるといった「人間力」の部分をアピールすることができるでしょう。

同業での転職

工場勤務・製造業からの転職先となる新しい職場を選ぶにあたり、やはり同じ業種であれば就業してから苦になる部分が少なくなります。

せっかく今までの職場で年月を重ねてきた経験やスキルを活かそうと考えるならば、うってつけの仕事です。

製造業での強み

前職と希望先の企業規模や工場の設置状況などを比較して、その違いを志望動機に絡めたいところ。

製造現場での経験があることから現場スタッフに対する理解もありますから、職場改善や労務管理などにもかかわることのできる可能性があります。

転職先を選ぶ上では、これまでの職場になく志望先にあるものを求めるという前提で絞り込んでいくことが自然。

今までの経験から活かすことのできる部分をくわしくアピールし、今後あらたにたずさわりたい業務にも言及することが重要です。

それによって具体的なビジョンがあると伝わり、即戦力になり得る人材であると評価されやすくなります。

待遇改善のチャンス

同じ製造業の中でも、会社の経営状況や規模の違いによって社員に対する待遇の詳細には違いがあります。

同業他社の求人へ応募することは、現時点で備えているスキルなど自分の持っているものが給料をはじめとする待遇面でどれだけの評価になるものであるのかという尺度になるのです。

さまざまな事情から就業条件の良くない工場で勤務していて、仕事は好きでも職場に対する不満がふくらんでいくという例は珍しくありません。

待遇がより良い職場を見つけ、より高いモチベーションで仕事に臨もうとすることは立派な転職理由となります。

未経験の仕事に挑戦する

工場勤務・製造業の現場しか知らないという場合、未経験の仕事は数限りなくあるものです。

どのような仕事へ転職すると活躍することのできる可能性が高いのか、いくつかご紹介しましょう。

営業職への転職可能性

製造の現場と営業職の仕事はまったくの別世界であり、工場で具体的な商談を行うような場面はありませんし相手と話をする空気作りに気を遣うといった必要もありません。

ですが、近年の企業においては会社の最前線に立つ営業マンと製造現場との連携がより欠かすことのできないものになっています。

営業が製造部門に無理な要求ばかりをしていては、反発が強まり円滑な協力体制は生まれないのです。

製造現場や工場で工程管理をしていた経験がある人の中には、営業マンとの間がうまくいかなかった過去がある人もいるでしょう。

そうすると「現場にやさしい営業職」の理想像がわかりますから、未経験であっても現場と良好な関係を築くことで営業職として活躍する足がかりにすることができるはずです。

事務職への転職可能性

製造業・工場勤務の仕事をしながらも比較的周囲とのコミュニケーションをとる場面が多いという場合、事務職としての適性は十分にあると考えられます。

それに加え、職場の改善へつながることに取り組んでいた経験があれば気が利くといった評価へつながる可能性もあります。

経理や法務など専門的な知識が求められる事務職は別ですが、一般事務であれば工場などでの勤務を通じて培われるパソコンスキルのレベルがあれば実務上の問題にはなりません。

それとともに、将来的に事務職としてどのような役割を担っていきたいかというビジョンをかためておくことも大切です。

そのあたりを面接で明確にすることができないと、先の見通しなく安易に転職したがっているという印象に結びついてしまいます。

企画職への転職可能性

工場勤務・製造業の分野で工場設備の導入計画、製品の仕様決定にかかわるなどの仕事をしていれば企画職としてあらたな道を歩んでいくチャンスがあります。

アイデアが物を言う仕事であり、普段単純作業に従事しているからといって向いていないと決めつけることは尚早です。

「この工程がこうなればもっと効率が上がるのに」など、常にいろいろな発想が浮かぶ人には挑戦してみる価値があるでしょう。

現場での経験から、製品開発関係であればたとえば現場で試作品を作りやすいようにイメージを伝えるなど配慮することのできる点はいろいろとあります。

まとめ

工場勤務・製造業でも特にラインなど現場の作業を担当している場合、転職を考えるのであれば20代のうちなど早いうちからいろいろな業界や職種を視野に入れて動き出したいところです。

同じ製造業でのキャリアアップを目指すのであれば、ある程度実務経験を積んだ上で即戦力として評価される方向をおすすめします。

未経験の世界に挑戦するためには、働きながらも転職をより良いものとするために勉強するなどの事前準備をすることも重要。

その上で、仕事を通じて身についた人間力や専門的なスキルをしっかりアピールしてあらたな職場を見つけましょう!