技術・システム営業

技術・システム営業 × 仕事内容

技術・システム営業職の役割

技術営業

●営業担当かつ技術サポート担当
自分が持っている技術分野の経験や専門的な知識を活かしての営業活動を行うということで、技術営業職はセールスエンジニアとも称されています。

商品やサービスについて提案することはもちろんですがそれにとどまらずクライアントの技術面をサポートする役割も求められ、テクニカル的な質問があれば対応し要望に応じるかたちで製品をカスタマイズすることなども必要です。

●情報を持ち帰る
客先の対応を通じてさまざまな情報を得ることになり、そこから商品やサービスが内包している問題点が浮かび上がる場合やあらたな商品の開発へつながるヒントも少なからずあります。

そういった収穫は自社へと持ち帰りマーケティング、商品開発などといった部署へフィードバックすることも役割として必要とされている点です。

システム営業

●営業担当かつコンサルタント
IT系を中心として機器のほかプログラムやソフトウェアなどの販売にあたる営業職であり、やはり技術系のほかコンサルティング的な色も濃くなっていてソリューション営業とも称されています。

利益をあげることは当然であるのですが、それとともに営業活動の中で顧客の直面している問題を解決へ導く役割も果たさなければなりません。

●技術者のサポート
システムを売るという中ではシステムエンジニアの存在を欠かすことができず、システム営業職との連携がなければ良いものはできあがりません。

そういった点でも自らの経験を踏まえて客先での要望が可能なものであるかどうか判断し、技術職に負担がかからないようカバーする役割も果たさなければならないのです。

技術・システム営業職の魅力

確固たるバックグラウンドがなければ務まらない仕事であり、誰にでも携わることができるものではありません。

クライアントが持っている難しい問題へともに取り組み道筋をつけることができれば、時には企業単位というレベルでクライアントを「変身」させていくこともできますからこの上ないやりがいとなるのです。

技術・システム営業職に向いている人

技術営業の仕事をする上ではまさに技術にまつわる知識が必須とされますから、エンジニアなど技術職の仕事をしたことがあって基礎の部分も身についていれば十分に活躍することができます。

それとともに客先を訪問しての営業活動、現場での出来事を踏まえて社内で各部署との折衝を行う場面も多くあるため一定のコミュニケーションが備わっていると重宝されます。

技術・システム営業職にも様々なタイプがある

販売方法の違い

技術営業職で取り扱う商品やサービスは有形、無形のものとさまざまであり工業部品のようなものから企業の社内ネットワークまでがあります。

普通に販売する「売り切り」というかたちだけでなく、レンタルのほかアウトソーシングといった契約形態もありますから顧客へのアプローチも一辺倒ではいけません。

相手先の違い

●直販と代理店
商品やサービスはエンドユーザーが直接利用するほかに、販売代理店がいったん購入したものを再販する場合もあります。

システム営業で代理店営業となるとハードルがより高くなり、その営業力に長けていると業界においても人材として大いに重宝されるのです。

●新規開拓の有無
新規開拓については技術・システム営業職の中でも、純粋に営業職としてのスキルがあることで比較的取り組みやすくなっています。

まったくの異なる分野から挑戦するという場合であっても、活躍することのできるチャンスが十分にあります。