ここに引用文が入ります。

宅配の仕事には、悩みがつきものですよね。まず体力的にしんどいし、再配達が多くて二度手間三度手間……走行距離はあまりないのに、丸12時間以上も拘束されるなんていうのはよくあることです。

ECサイトの発達によって宅配の仕事はどんどん忙しくなっています。

「もう辞めてやる!」と思ったことは何度もあることでしょう。そして、本当に辞めたいと思ったとき気になるのは「転職」のことですよね。失敗しないためにはどうしたらいいのか、どんな仕事が考えられるのか……。

そこで、それらの転職の悩みを解決すべく転職で失敗しない方法について説明します。

悩みを解決できる職種はどんな職種か

転職するからには、やはり宅配の仕事での悩みからは解放されたいですよね。そこで、宅配の仕事から転職を考えることができて、悩みを解決できる仕事は何なのかを紹介します。

朝早くから長い間拘束されるのがキツイ人の転職先

宅配業者の朝は早い。朝7時30分や8時といった早い時間から荷物を積み込んで、そこから12時間・14時間拘束されます。朝早いのに夜も遅く、自分の時間なんてなかなか持てませんよね。走行距離が短いのに時間だけが経つということもあります。

そんな現状が嫌で転職したいという人には、残業の少ない仕事がいいでしょう。

具体的には製造業や宿泊業、小売業やスポーツ系のサービス業などが考えられます。反対にIT系やメディア系は残業が多いですし、宅配で培ったスキルも活かせないのでおすすめできません。

「残業が多い業種」と「残業が少ない業種」一覧から考える【転職先に求める残業のありなし】
職場を探すにあたり、残業が多いか少ないかということは大きな判断の基準として重視されるもの。 プライベートの時間がしっかり確保されることを重視するならば、決まって定時で...

体力的にしんどい人の転職先

限度はありますが、多くの荷物をトラックから玄関先まで運ばなければならないのが宅配の仕事です。軽いものがあれば重いものもありますよね。荷物は軽くても、エレベーターの無いアパートやマンションへの宅配が重なれば足腰がきつくなってきます。

体力的にしんどいから辞めたいという人には、デスクワークなど体力的に楽な仕事がおすすめです。宅配の仕事でも電話対応などがあるので、事務員などのデスクワーク系に全く向いていないわけではありません。

特に事務の仕事はパソコンが扱えて電話対応ができれば、ある程度年齢が高くても雇ってもらえる可能性が高いです。

一人当たりの仕事量が多すぎるという人の転職先

宅配業界は慢性的な人材不足に悩まされています。若い人材を正規雇用で雇えばいいのに、何故か若手を正規で雇いたがらず、バイトで雇うことが多いですよね。バイトから正規雇用という流れですが、多くのバイトがそれに至らず辞めてしまいます。

人がなかなか増えないため、宅配の仕事は一人当たりの仕事量が多くなっています。

製造業や飲食業界・宿泊業や小売業などは、一人当たりの仕事量が少なくおすすめです。特に客室清掃は非正規雇用でも給料が比較的高く、その割に一人当たりの仕事量が少ない傾向があります。拘束時間も短いです。

スキルを活かして転職する

宅配の仕事の悩みを挙げていきましたが、悩みだけでなく宅配の仕事で学んだことや培ったスキルがあるはずです。本人は「無い」と思っている人が多いかもしれませんが、実は他の仕事で欠かせないものが養われています。

そこで、スキルを活かして転職するならどんな仕事がいいのか、どんなスキルを活かせるのかを紹介しましょう。

身に着けた礼儀を活かす

宅配の仕事では、礼儀が養われます。電話対応をしなければならないこともそうですし、実際に玄関先でお客様と対面する仕事なので当然、礼儀が必要になるのです。そこで、礼儀を活かして転職することが考えられます。

仕事は接客業が良いでしょう。接客業と言っても飲食業・宿泊業・小売業などさまざまな業界の仕事が考えられますよね。その中から、「悩みを解決できる仕事」や「自分に合った仕事」を探すことができます。

宅配の仕事はつぶしがきかないかと思われがちですが、案外つぶしがきくのです。

宅配の経験を活かす

宅配の仕事を「拘束時間が長い」「残業が多い」ということが理由で辞めたいなら、企業の流通部門がおすすめです。宅配の経験を総合的に活かすことができます。流通部門は残業が比較的少ないので、流通の仕事が嫌いではない・好きだという人には良いのではないでしょうか。

総合的にスキルを活かせる職種

先述のように、宅配の仕事をすると接客のスキルが身につきます。さらにフットワークの軽さも身についている人が多いため、総合的にスキルを活かすなら営業職がおすすめです。営業も大変な仕事ですが、重いものを持ったり朝早くから夜遅くまで拘束されるということもありません。

法人営業・ルート営業は特にノルマに追われたりすることもないので、おすすめですよ。

転職を失敗しないため起こすべきアクション

どんな仕事に転職できるかという可能性について話してきましたが、実際に転職で失敗しないためにどうすればいいのかという話はこれまでしていませんでした。そこで、自分に向いている仕事を明確にした上で、今度はどうすればいいのかをこれから説明します。

複数のツールを使おう

転職をするためのツールは、ハローワーク・求人サイト・転職エージェントといろいろなものがあります。求人サイトや転職エージェントとひとまとめにしていますが、その中にはいろいろなサイトがあるわけで、どのツールを使うかの選択肢はとても多いです。

せっかく豊富な選択肢があるのですから、ひとつでなく複数のツールを使いましょう。

特におすすめなのが転職エージェントです。複数のエージェントを利用したり、求人サイトと併用したり、複数サービスを組み合わせて使いましょう。

転職エージェントがおすすめ! その理由とは

転職エージェントがおすすめなのは、求人票では見られないような職場の実情を知ることができるからです。担当者がおすすめしてくれる求人の中には、求人先の調査が済んでいるところがあります。そういう求人は、残業時間や職場の雰囲気・年齢層までしっかりと担当者が把握しているのです。

求人票ではそれらを多少良く見せようと盛るところが多いですから、実情を知って安心して選考を受けることができるというのは大きなメリットですよね。職種だけでなく、自分に向いている職場かどうか、職場の良し悪しまで判断できるのです。

求人先が自分にとって良い仕事かどうかはわかっても、良い職場かどうかはなかなかわかりません。個人で調べるのにも限界があるので、転職エージェントを利用してそれを知ることが、転職活動を成功させるためには大切です。

また、ここで「宅配の仕事をしている人はこんな仕事が向いている」と述べてきましたが、やはりそれは人によるでしょう。一概に述べたところで、それが当てはまるかは自分次第です。

自分にどんな職種が向いているのかを判断するために、転職エージェントを利用するというのもひとつの手でしょう。担当者と一緒に自分の経験からスキルを掘り起こしていき、「何が向いているか」と相談をすれば、考えうる転職先を挙げてくれます。

宅配の仕事を辞めて、転職を成功させるには転職エージェントの利用はとても有効ですよ。

まとめ

宅配の仕事は、決して潰しがきかない仕事ではありません。接客スキルやフットワークの軽さなど、他の仕事に役立つものを必ず持っているはずです。それを自分で掘り起こすも良し、ここでおすすめした職種で転職を考えるも良し、転職エージェントに相談するも良し……。

転職を失敗しないためには、転職エージェントや求人サイトを複数利用して多くの求人を見比べて、とにかく応募してみることが大切です。自分に合った仕事、自分にあった職場をじっくりと探しましょう。