情報アーキテクト・UI/GUI/UXデザイナー

情報アーキテクト・UI/GUI/UXデザイナー
×
求人・転職

情報アーキテクト・UI/GUI/UXデザイナーの求人傾向

まず、情報アーキテクトについてですが、求人はとても少ないです。

対照的にUI/UX/GUIデザイナーについては、多くの求人があります。GUIに限定すると求人は少なくなりますが、UI/UXデザイナーの求人はとても多いです。

近頃はアプリ開発の現場などでUI/UXデザイナーが多く求められています。アプリ開発をする会社も多くなってきているため、需要が高いのです。

さらにWeb業界の会社の求人まであるため、求人数がとても多くなっています。もちろん、中にはUIと書いてあるだけで違う職種の求人であるということもあり得るため、厳密にはもう少し少ない可能性は否めません。

情報アーキテクト・UI/GUI/UXデザイナー転職活動のポイント

特別な資格は必要ない

情報アーキテクトやUI/GUI/UXデザイナーの仕事に就くのに、特別な資格は必要ありません。資格を持っていなくとも、転職は可能です。

それは、未経験でも経験者でも同じこと。ただ、特定の資格が必要ではないということで安心してはいけません。逆に、転職に有利になるような資格も特に無いと考えても良いでしょう。

必要なのは、知識と技術です。それを証明するのは資格ではなく、ポートフォリオとして見せることのできる過去の制作物。実力主義な職種であるため、必要になるのはポートフォリオです。これも、経験者でも未経験者でも同じこと。

未経験ならプログラミングも学ぼう

未経験なら、何か転職に有利になるオプションをつけなければなりません。UI/UX/GUIデザイナーは、「デザインをする」仕事です。プログラミングやHTMLなどのコーディングは、仕事内容とは少し違いますが、そういった技術を学んでいると、重宝されます。

そういった技術を学ぶことによって、開発陣と専門的にコミュニケーションをとることができるようになるので、UIデザイナーとして活躍する場の幅が広がります。ソーシャルゲームなどの分野でも重宝される人材になれるのです。

学ぶべきなのは、HTMLとCSS・JavaScriptにPHPなど。さらにC言語も学んでおけば良いでしょう。C言語が難しいということであれば、HTMLからPHPまでを学ぶと良いです。そうすることによって、他の応募者と差をつけることができ、転職にも有利になります。

ディレクションができればとても強い

UI/UX/GUIデザイナーは、デザインができるだけではダメだと言われています。求められているのは、自分で作ったものを自己否定することができる人材です。自己の制作物について公平な目線で、批評ができる能力が必要とされています。言い換えれば、何がユーザーのためになるのか、ユーザーの胸に刺さるのかということを考えることができる人ですね。

もっと踏み込んだところまで言えば、2Dや3D・アニメーションなどの要素を全てシミュレーションしてデザインをすることができる人材です。さらにユーザーが使う機能を取捨選択することができる。つまり、ディレクションができるUIデザイナーが求められているということです。

しかし、そういった人材はなかなか居ないのが現実。転職をするだけなら、そういった能力は必要無いように思えるのかもしれません。

ただ、そういった能力があれば年収はどんどんアップしていくでしょう。決して年収が高いとは言えないこの業界で、高い年収を得るためには、そういったプラスアルファの能力が必要になるのです。

未経験でも、経験者でも頭にとどめておきましょう。

転職をするだけなら、しっかりとしたポートフォリオがあれば良い。でも、稼げる人材になろうと思ったら、自分でデザインをして、そのUIを選んだ理由をしっかりと答えられる人材になる。

ディレクターのようなデザイナーになることができれば、UI/UX/GUIデザイナーは給料を大幅にアップさせて働くことができるのではないでしょうか。