ゲームスクリプター

ゲームスクリプター
×
求人・転職

ゲームスクリプターの求人状況

ゲームスクリプターの求人は、ゲーム業界の中では少ないですが、それでもある程度は見られます。アルバイトも覆いですが、中には正社員としてスクリプターを雇っているところもあるようです。

正社員でも200万円から300万円程度の年収が提示されていることがほとんどですが、中には320万円から630万円というような高い年収を設定しているところもあります。

そういったところは、スクリプターに様々な知識を求めているようです。たとえば、アニメや映画などの映像表現に造詣が深いことを求めていたり、シナリオライターとしての経験を求めていたり・・・。

そういった特別な知識・経験を求めるところは、年収が高いです。その分ハードルも高くなるため、「気軽に仕事ができるゲームスクリプター」というイメージからは離れます。

スクリプターは、正社員の場合何か他の業務を兼ねることがほとんどなので、それは仕方がないかもしれませんね。気軽というイメージの中におさまるところであれば、契約社員や派遣社員・アルバイトなどの雇用形態が多くなっています。

ゲームスクリプターになるには ~転職活動のポイント~

未経験からでも簡単にスタートできる

ゲームスクリプターは、ゲーム業界でもハードルが低い仕事となっています。スクリプト言語と聞けば、難しいプログラミングの知識が要求されそうに聞こえるかもしれません。

しかし、スクリプターが使っているスクリプト言語は、会社独自で開発されたものが多く、誰でもわかるように作られています。会社によっては、マニュアルが用意されているほどです。

スクリプト作成についても、ディレクターなどの指示を受けて行うため、特別な技術が必要とされません。

正社員の場合はプログラミング・シナリオライティングなどの技術が必要とされることが多いですが、契約社員・派遣社員・アルバイトは専業としてスクリプト作成を行うため、そういった技術は求められません。

そのため、特別なスキルが無いという人や、未経験であったとしても、簡単にスタートできます。

シナリオ経験が役立つ場合もある

正社員だと兼業となる場合が多いと述べましたが、特にシナリオライターとの兼業が多いです。

スクリプトエンジンが使われるのは、主にアドベンチャーゲームやノベルゲームといった、シナリオを楽しむゲームとなっています。そのため、シナリオライターがスクリプト制作の指揮をとることも珍しくありません。

ライターと、ディレクターが指揮をとり、スクリプターがスクリプト作成をする・・・。

しかし、それでは非効率だということで、シナリオライターがスクリプト作成をすることが多いのです。シナリオライターであれば、自分が書いたシナリオについて熟知しているため、スクリプト作業もやりやすくなります。

そういったことがあるため、シナリオ経験が役立ち、シナリオライター兼スクリプターとして採用されるということもあるでしょう。

求められる人物像

ゲームスクリプターに求められる人物像は、積極的な人です。ゲームはチームで作成するものであり、コミュニケーションが重要になります。それは、契約社員のスクリプターも同じことです。

プログラマーやディレクター・シナリオライターと積極的にコミュニケーションをとり、質問が出来る人は、とても好まれます。

プログラマーやシナリオライターになりたいという目的がある人もまた、好まれる傾向があるようです。

スクリプターを踏み台に、ゲーム業界へ

ゲーム業界に興味があるけど、業界未経験だから躊躇っている・難しいと考えている人は、最初にスクリプターを経験してみると良いかもしれませんね。

プログラミングスキルやシナリオライティングに自信があって、それでも一歩踏み出せない人は、業界を知らないことが怖いという人が多いのではないでしょうか。

人間は未知を怖がる生き物ですが、知ってしまえば怖くありません。興味があるけど未経験という人は、契約社員などの形でゲームスクリプターとしてゲーム業界に入ってしまいましょう。

その会社の雰囲気や、ゲーム業界の制作現場の実態について知るには、良い機会です。ゲームスクプターとしてゲーム業界を経験したことをきっかけに、ゲーム業界に深く入り込むのも、転職の戦略としてはアリでしょう。