経理・財務

経理・財務 × 給料・待遇

経理・財務職の給料情報

●平均年収
経理・財務職として勤務している場合の平均年収についてはおよそ300万円となっていて、これは新卒で入社したばかりなどあらゆるキャリアを総合していることもあり事務系の職種として群を抜いて高い数字にはなっていません。

就職したばかりの段階から高給を得るといったことは難しいのですが、そこから経験を積んでいくことが重要です。

20代前半ともなれば平均年収は250万円弱といった水準にとどまりますが、年齢とともに金額も上がっていきベテランの域になれば500万円以上が支給されているような実例もあります。

●月収
経理・財務職として得られる月収については、平均すると25万円前後の金額が支給されています。

キャリアの初期では20万円程度からスタートしますが、勤続期間にともなう昇給の機会も多々あります。

●賞与
経理・財務職に対するボーナスの金額は職場の業績や方針によっても異なった判断がなされるところであり、もっとも一般的な支給形態は1年につき2回ですが別途手当などのかたちで3回から4回の賞与が得られるケースもあります。

通常ですと利益があがるほどに賞与として期待される金額も多くなっていき、自社の台所事情についてある程度の情報が得られる職種として動向は把握しやすい傾向もあります。

アルバイトなどの非正規雇用ですと原則としてボーナスの支給対象にはならないため、月収の金額で差がつかないとしてもここで正社員との差異が増すことになります。

●時給
派遣社員やアルバイトなどといった雇用形態で経理・財務職のスタッフを充足させている企業は、少なくありません。

時給は平均すると1,200円前後に設定されている場合が多く、純粋な金額だけでいえば正社員の月給を日割りした額とそれほど変わらないようになっています。

経理・財務職として得ている給料の妥当性

仕事の大変さと給料のバランス

経理・財務職の仕事は普段から責任が大きくかつ忙しいものであり、一時も気を抜くことなく緊張感を持って働きながらミスもなくこなさなければなりません。

決算期には残業もかさんでくるような中で給料に関しては極端に高い金額が提示されているわけではありませんので、大変さということでいうとミスマッチな部分があるとも考えられます。

査定に見る経験のウエイト

キャリアが浅い時点では正直モチベーションにつながりにくい収入の金額であったとしても、長く働き続けていくことによって倍以上の金額へ跳ね上がる可能性は十分にあります。

地道な作業も多い経理・財務職では経験の長さがスキルのあらわれとして判断されるところもあるため、実務経験が豊富で仕事のノウハウも蓄積されているということであれば査定においてもプラスに作用するでしょう。

経理・財務職と他職種との給料比較

事務職として

会社組織の中で同様に管理部門の事務職として区分されることが多い法務や総務といった分野は、基本給の部分で比較するとより高い水準になっています。

ただ経理・財務職については経験や持っている資格なども手当などとして考慮するところがあるため会計や税務、コンサルティングなどに関する資格の取得を目指すことなどは収入を伸ばそうと考える上でも有効です。

管理部門として

経理・財務職として働いていく上で漫然と業務をこなしている場合、高いモチベーションと責任感を持って社内で認められていく場合とでは給料にも大きな開きが生じることになります。

管理部門の職種ということで人材としての資質によっては将来の経営陣に名前を連ねるといった可能性もなきにしもあらずであり、そうなれば昇進にともなう昇給も期待されるところです。