営業マネージャー

営業マネージャー・営業管理
×
求人・転職

営業マネージャー・営業管理担当者の求人・転職動向

2000年代後半から景気の悪化を受けて、各企業では営業社員を削減することで経営の立て直しへ向かう方策をとりました。

それ以降現在に至るまで人材の欠乏している状況が続いていることもあって、一般社員よりもニーズにマッチする人員を見つけることが難しい営業マネージャーや営業管理担当者については求人傾向が二極化しています。

経験者を採用するパターン

営業部署の体制をできるだけ早いタイミングで立て直す目的で、即戦力としてすでに管理の仕事をした経験がある人間を対象に求人募集を出している企業は少なからずあります。

ただ外部から営業マネージャーとして招かれ、職場の風土がわからない中で部下の業績を引き出し成果へつなげることが早急に求められますから仕事は簡単ではありません。

営業マネージャー・営業管理担当者の「候補」として採用するパターン

近年になって内部から管理職を育成していくことでチームとしての結束がより強まることなども期待されるため、自社内から営業マネージャーや営業管理担当者を起用する動きが盛んになってきています。

ただ営業社員として優れた実績をあげていても必ずしも管理職としての適性があるとは限らないため、あらかじめ資質を判断した上で「営業マネージャー・営業管理担当者候補」として新人を採用する求人が多い状況です。

採用当時から将来的な管理職ということを見据えた教育も受けながら一般の営業マンとして働いていき、中小の企業ですと社長が自ら教育役を担当するといったようにその育成にも力が入れられます。

営業マネージャー・営業管理担当者の求人の選び方

求められている役割を読み取る

一口に営業管理担当者といっても企業によって利益を伸ばしてほしい、部署を引き締めてほしいあるいは人材育成に力を入れてほしいといったように重点的な業務として求める内容は異なっています。

経験があるならば、より自分の得意としている領域で力を発揮することのできる求人元を選択することが自分にとってもプラスになります。

応募対象年齢に注意する

営業マネージャーは管理職ですから当然に一般職と比べて求人募集の年齢層が高めに設定されていて、経験があることを前提として30代から40代を中心に50代の応募も可能としているケースがあります。

人によっては担当する部署に所属しているスタッフの年齢層が近い、もしくは自分より上の年代といったこともあるため問題なく業務にあたることができるかどうかをあらかじめ確認しておかなければなりません。

営業マネージャー・営業管理担当者として採用されるためのポイント

必要な経験やスキル

●業務経験
最低限でも営業職としての経験は必須とされていて、募集元によって自社の業界で働いたことのある経験が必須である場合と業界を不問とする場合があります。

さらに営業マネージャーや営業管理担当者を務めた経験があれば、キャリアに関して採用選考の障壁となるものはほぼないといって良いでしょう。

●営業活動における育成能力
営業マンが仕事をする上でのスタンスとしては冷静に交渉する、感情の部分に訴えかけるなどさまざまなスタイルはあるものの、方法論として共通する普遍的な要素もあります。

自分に経験があることで部下へ向けても経験をベースとして精神論や感情論で語る営業管理担当者はいるのですが、あくまでも自分のスタンスを含めて理論的に営業活動の分析をすることができなければスタッフの育成もうまくいきません。

面接での自己PR方法

過去の実績についてアピールする上では具体的な内容がなければ伝わりませんから一般営業職であれば達成した売上金額、管理職であれば何人程度のチームでどれだけ営業成績を改善させたかなどをわかりやすく説明します。

営業の考え方について質問がなされることもありますが、ここでは熱意を持って自分の経験を語るのではなく論理的な意見を述べなければなりません。