アパレルショップ販売スタッフ・売り場担当の役割

工夫した販売

販売スタッフ・売り場担当はアパレル・ファッション分野ですとブティックやアパレル専門店、百貨店のほか個人経営の店舗の服飾ショップが勤務先となります。

単純に売り場で立っているだけでなく、接客を工夫することなどによって多くの商品を売り上げることが役割です。

自らが取り扱う商品についてしっかりした知識を持ち流行している素材やカラー、スタイルなどを把握した上でアドバイスするなど勉強することも必要です。

以下、来店者があった際の対応としての一例です。

  • 希望や好みを聞き出してそれに合わせたアイテムを提案する
  • 着こなし方などのアドバイスをする

店舗のファッションアイコン

アパレル・ファッションにたずさわる販売スタッフ・売り場担当はその店舗にとって、店内の雰囲気やイメージを来店者へ伝えるファッションアイコンのような役割を果たすことにもなります。

そのためたとえばブランドショップであれば自社ブランドのアイテムを身につけ、スタッフたるにふさわしい着こなしをすることなども必要です。

来店者にとってはスタッフが「生きたマネキン」のようにも見え、自分で買おうとしているアイテムを着用したイメージとして重ねることもできます。

店舗のイメージ向上

アパレル・ファッション系のショップで働く販売スタッフ・売り場担当にとっては、来店者にまた店舗を利用したいと思ってもらうことも重要な役割です。

そのためには気持ちの良い接客をすることはもちろん、ほかにもさまざまなアプローチによって店舗のイメージを高める必要があります。

その方法は直接的な対応にとどまらず、以下のようないわゆる裏方作業にも重要な意味があるのです。

  • 商品の置かれている状態に関するチェック…誰かが手をつけたまま乱れた状態になっていると、だらしない印象へつながる
  • 頻繁なディスプレイの変更…季節の商品を意識することで旬の雰囲気につながり、どのタイミングでも時期とマッチしたアイテムを見つけやすい店舗であると認識される
  • 清掃…開店前や閉店後の時間できれいにしていても営業時間内でホコリや靴の汚れなどが目立ってくる場合はあるため、ちょっとした空き時間で軽く掃除するだけでもきれいな店内というイメージが増す

アパレルショップの販売スタッフの仕事で身につくもの

コミュニケーション力

アパレル・ファッション系のショップには、店舗のコンセプトや品ぞろえによって性別も年齢層もさまざまな人が訪れます。

販売スタッフ・売り場担当はそんな誰に対しても自然な笑顔で対応する必要があり、日々の業務経験が自然とコミュニケーションスキルを伸ばしていくことにもつながるのです。

接客対応については、いろいろな場面が想定されたロールプレイングなどで学ぶ研修の機会を設けている職場も多くあります。

基礎的な体力

アパレル・ファッション分野の販売スタッフ・売り場担当として仕事をしていると、あまりイメージはないのですが体力の向上にもつながります。

業務中は立ち仕事となる時間が長く忙しさによっては勤務時間も不規則になりがちであるということもあって、身体的にハードな面も多々あるのです。

働いている人の平均年齢がほかの職種と比較して低くなっていることも、体力が必要とされることに関係している部分があると解釈されています。

人と接することが好きな人におすすめの仕事は?~人好き転職マニュアル~
人と接する仕事は山のようにあります。しかし、業種や職種によって仕事内容や顧客対象も違うため、転職先で苦しむ人もいるのです。 そうならないように、今回は人と関わる仕事の...

アパレルショップの販売スタッフが1日の中で担当する業務例

朝礼

売上目標の確認や本社からあった連絡事項の伝達などが行われ、必要な情報を一同で共有します。

アパレル・ファッション系の販売スタッフ・売り場担当としては、身だしなみに問題がないかどうかの確認なども始業前の時間帯で万全にしておきます。

午前の業務

入荷業務

発注内容にもとづいてアパレル・ファッション関係のショップへ入荷した商品は、接客の合間を見ながら販売スタッフ・売り場担当が確認します。

一般的には段ボール一箱でもさまざまなサイズやカラーの別アイテムが混載されていますから、バックヤードで保管するにあたっても誰が見てもわかるよう処理しなければなりません。

ストック整理

アパレル・ファッション系ショップの在庫スペースには常時あらたに入荷した商品や返品待ちの商品が置かれていて、販売スタッフ・売り場担当が整理しなければ片付きません。

どこに何があるかをすぐわかるようにしておかなければ店頭に出していない在庫商品のリクエストがあった際にもスムーズに対応することができず、売上の損失にもつながりかねないのです。

午後の業務

マークダウン

店舗によりますが、アパレル・ファッションアイテムを取り扱うショップではオープンからの売れ行きを受けて一部アイテムの値引きを行うケースもあります。

タイムセールを実施する場合ですと、販売スタッフ・売り場担当が呼びこみなどを担当することもあります。

報告業務

アパレル・ファッション系のショップにおいては本社へ向けて日々の売上や在庫に関する報告をしなければならず、販売スタッフ・売り場担当がかかわる場合も多くあります。

終業前にまとまった時間をとって処理する場合のほか、近年ではシステムが整備され接客しながらのデータ入力でリアルタイムに集計することができるようにもなってきています。