小売・流通 エリアマネージャー

【小売・流通】スーパーバイザー・エリアマネージャー
×
仕事内容

小売・流通業におけるスーパーバイザー・エリアマネージャーの役割

一般的な物品販売を行っている小売・流通業(コンビニエンスストア、スーパー、〇〇専門店など)に就いているスーパーバイザー・エリアマネージャーは、複数の店舗を管理し、売上を上げるために、商品構成からレイアウト、在庫管理といったすみずみまでチェックし、アドバイスなどを行います。

商品の見せ方や接客方法を総合的にマネージメント

仕事の幅は広く、店舗の売上に貢献するための方策全般に対して関わっていくことになります。

例えば店舗であれば商品の形、見せ方、どこに置けばお客さんが手に取りやすいか、どうやって接客すれば興味を持ってくれるか、人気のある商品はどれでどういった見せ方をすれば魅力的に見えるかといったことも判断し、総合的に売上アップに貢献します。

現場のスタッフの声に耳を傾け、本社との橋渡し役も担う

経営状況は商品に関してはもちろんですが、社員同士の関係性によってお店の雰囲気、売上にも影響してきます。そうしたコミュニケーションに関してもアドバイスするのがスーパーバイザー・エリアマネージャーの仕事です。

また、本社から情報を各店舗へ伝え、逆に店舗の声を本社へ伝える橋渡しの役目も担い、店長や現場スタッフといった関係する人たちの声をすみずみまで広い、間接的に交流させ、意思疎通を図ります。

フランチャイズ店があるところでは、自社の直営店舗だけではなく、別のオーナーが持っている店舗も手がけ、オーナーとタッグを組みながら、1からお店作りをしていきます。その時も本社とオーナーの意思疎通において大きな役割を担います。

こうしてみると、スーパーバイザー・エリアマネージャーの仕事は多岐にわたり、また正確な情報の受け渡し、マーケティングやマネジメントの正確なアドバイスといった、ビジネスを成功させる上で欠かせない中核を担っているともいえるでしょう。

小売・流通業のスーパーバイザー・エリアマネージャーに向いている人は?

主に、スーパーバイザーは約5店舗から、多い人だと数10店舗以上を担当し、定期的に足を運びます。それぞれのお店にある売上目標を達成するためのアドバイスを、店舗に並んでいる商品から従業員のサービスまで行います。

情報収集は主に会議などで行われ、これまでにあった結果、それに対する原因といった過去のデータ、そしてそれらをどう改善していくかといった未来の目標設定などが行われます。

こういった具体的な仕事内容を見ると、人と関わる場面が多いことがわかります。色々な店舗に足を運び、様々な性格の店長や従業員とコミュニケーションを取りながら上手に付き合っていくことができないと、大変な仕事と感じるでしょう。

スーパーバイザー・エリアマネージャーの仕事で伸ばせるスキル

スーパーバイザー・エリアマネージャーになることで伸ばせるスキルは、売上をアップさせるマネジメント、マーケティングなどのアドバイス、それを行うコミュニケーション能力を養うことができます。

また、コンサルティングも行うので、独立したい人にとって必須ともいえる売上を上げる能力を高めることができるので、独立も視野に入れることも可能でしょう。

ビジネスについて知りたい、売上はどうすればあがるの?、仕事をしている人たちが一致団結している姿が好きという人は、この仕事を好きな仕事にできるでしょう。また、それぞれの業態に同じ方法が通用しないのが、この仕事の難しいところでもありやりがいを感じるところです。

物販系の店舗の場合は、扱う商品によって使う言葉も当たり前の常識も違うので、その都度頭をひねることが必要ですが、歯車がぴたっと一致し、売上が上がれば、とてもやりがいを感じる仕事になるでしょう。

小売・流通業の管理職の仕事に役立つ関連資格

スーパーバイザー・エリアマネージャーにとってコミュニケーション能力は必須のスキルといえます。多店鋪を周り、正確にコミュニケーションを取り、その情報を正確に伝え、かつアドバイスをするとなれば、高いコミュニケーション能力は求められます。

また、コンサルティングとなると、そのお店のどこが課題で、その原因が分かりそれを解決する解決策の提案ができることも必須です。

こういったスキルを順調に伸ばしてくためにはしっかりとした地盤が必要です。

そこでおすすめしたいのが「リテールマーケティング(販売士)検定」です。商工会議所による検定資格で、小売・流通における検定資格としては国内唯一のものになります。

3級~1級までの段階が設けられており、スーパーバイザークラスの方なら1級の取得を狙いたいところです。

職場によってはこのリテールマーケティング検定1級をスーパーバイザーやエリアマネージャーへの昇格条件にしているところもあります。