消防士は市民からすると人や街を守るヒーローかもしれませんが、消防士には多くの苦難がありますよね。

人間関係で全てが決まるほど人との関わりが密接で、人間関係がうまくいかないと地獄です。

民間から消防士になりたいという人も多いですが、消防士から民間企業へ転職したいという人も多いです。

ただ、消防士は公務員。民間企業への転職には不安が多いですよね。

消防士が転職するならどんな職業がいいのか、転職活動を成功させるにはどうすればいいのか。わからない人が多いでしょう。

そこで、消防士が転職を成功させるために考えるべきことなどをまとめてみました。

まずは「どうしたいか」を考える

「消防士を辞めたい」

辞めて、何をしたいのでしょうか。

消防士で培った経験やスキルとは全く関係ない、違うタイプの仕事がしたいのか。それとも、それらをしっかり活かせる仕事がしたいのか。活かすとすれば体力なのか、デスクワーク経験なのか……。

転職を成功させるために、まず最初に考えるべきことはそれです。

自分がどうしたいのかを自分自身に問いましょう。その答えの先に、転職を成功させる鍵が眠っています。

その鍵を手にし、転職活動という扉を開けましょう。

消防士の悩みから考えるおすすめ転職先

人の命や街を守るという消防士の仕事は、とても特殊なものです。悩みがつき物ですよね。肉体的疲労や精神的疲労、どうしても不規則になってしまう生活への悩み……。

そういった悩みを解決できる仕事は何かを考えることで、自分の進むべき道が見えることがあります。

肉体的にしんどいならこの仕事

消防士は、非常に体力を使う仕事です。出動が無くても訓練をして体力を使いますよね。

出動があった日には、燃え盛る炎を目の前に重いホースを持って消火をし、建物に人が残されていれば救出をしに行かなければなりません。

いったい消防士がどれだけの体力を使っているのか、消防士経験が無い人には想像がつかないでしょう。

肉体的にしんどいのであれば、あまり体を使わない仕事をすることでその悩みを解消できると思われます。消防士ほど体力を使う仕事はあまり無いでしょうから、この条件なら多くの職種が見つかるでしょう。

事務員などのデスクワークなら完全に体を動かしませんよね。少しは体を動かしたいのなら物流や配達の仕事も考えられます。興味がある人なら、飲食も適度に体を動かすのでおすすめです。

不規則な生活が辛いならこの仕事

消防士はシフト制です。夜勤があって、夜勤明けの昼間が休みなんていうのは日常茶飯事。24時間勤務して次の日が非番ということもありますよね。

誰かがいつでも動けなければならない仕事なので、不規則になってしまうのは仕方がないことなのでしょう。

そんな不規則な生活が辛いなら、シフト制の仕事以外で様々な職種が考えられます。そして、出来るだけ残業が少ない仕事が良いでしょう。

消防士の経験やスキルを活かすなら、設備管理の仕事など建物の管理や災害対策にかかわる仕事が考えられます。

消防士を目指している人向けの専門学校などがあり、そこでの講師になるのも良いでしょう。

精神的に限界ならこの仕事

消防士が仕事を辞める理由として多いのが、精神的に辛いということです。

人間関係がうまくいかない、死と隣り合わせの現場で気が抜けないなど、消防士は肉体同様に精神をもすり減らす仕事と言えます。

こういった精神的な疲労や苦痛から逃れたいのであれば、淡々とこなせる仕事がいいでしょう。

事務職、トラックドライバー、警備員、ビルメンテナンス、清掃員、工場作業員などが考えられます。

【消防士からの転職】をプロに相談

消防士から転職しやすい職種は?

「こんな仕事がしたい」という希望だけでは、転職を成功させるのは難しいです。消防士がどんな仕事に転職しやすいのかを知り、それと希望をうまく当てはめることで成功へと大きく近づきます。

多くの消防士が転職先に選ぶ職種

転職しても人命救助の仕事がしたいと考える人は、民間の救急会社に転職する人が多いです。

消防のスキルや経験を活かすことができますし、消防の仕事の誇りや良いところを引き継ぐことができるので多くの人に選ばれています。

それ以外だと、引越し・物流・トラックドライバー・警備員・土木関係が多いです。

適度に体を動かす仕事なので、消防士は有利だと考えられます。これら以外にも、体を動かす仕事を転職先に選ぶ人が多いです。

デスクワークに自身があるなら

消防士は体を使うだけでなく、デスクワークもしますよね。会社の事務員が行うような電話応対や書類作成などの作業を一通り経験しているので、デスクワークも可能です。

特に事務員なら、その経験をアピールすれば内定を得られる可能性が高いでしょう。

営業やIT関係だと完全な未経験からになるので他の仕事を選ぶよりは厳しいですが、30歳までなら十分可能性があります。

興味があるのならチャレンジしてみても良いのではないでしょうか。

消防士からの転職を成功させる方法

消防士からの転職活動には「転職エージェント」を使うのがベストです。

転職エージェントは求人サイトと違って、キャリアコンサルタントが自分の転職活動をサポートしてくれます。

どんな仕事がしたいのか、どんな職場がいいのか条件を事細かにヒアリングしてくれ、それに合った求人を探して紹介してくれるのです。

【実力No.1】登録必須の転職エージェント

無料登録はこちら

転職エージェントでは、転職活動におけるさまざまなな悩みを相談したり、応募書類の添削をお願いしたりすることもできます。

消防士から民間企業へと転職する際の悩みや不安などを解消しながら、求人を探すことができるのです。

キャリアコンサルタントは転職のプロ。転職エージェントにはさまざまな転職者の情報や、企業の情報が蓄積されています。民間企業全体の実態や、職種ごとの実態を把握しているのです。

場合によっては、応募先の調査をキャリアコンサルタントが行っていて、その職場がどのような職場かを求人情報より深く知ることもできます。

こういった理由から、消防士の転職活動には転職エージェントが有効なのです。

急いで転職したいなら

転職エージェントは「今すぐ求人に応募したい」という人には、不向きです。担当のキャリアコンサルタントと二人三脚でじっくり取り組むという体制なので、どうしても少し時間がかかります。

急いで転職したいなら、自分で求人を探すタイプの『求人サイト』を使うのが良いでしょう。インターネットから閲覧が出来て、応募ボタンを押して必要情報を入力するだけで応募できます。

複数の求人に今すぐ応募できるので、急いでいる人にはぴったりです。

また、サイトによっては面接対策マニュアルなどの転職お役立ち情報をコラムとして用意しています。求人に応募しながら、それらを見て対策を立てましょう。

転職者の8割が使うNo.1求人サイト

気軽に使える「適性診断」も活用しよう

実際に求人を探し始める前に、自分の強みなどを知ることが大切です。自分で紙に得意なことを書いてまとめるのも良いですが、ネットで簡単に診断してみるのも良いでしょう。

おすすめはリクナビNEXTのグッドポイント診断です。

大手リクルートグループの転職支援ノウハウに基づいた診断なので求人探しの指標になるでしょう。

消防士からの転職活動の前に知っておきたい民間企業の実態

消防士は公務員ですから、民間企業の実態をよく知らない人が多いのではないでしょうか。

実態を知らずにいては「何が良い求人で、何が悪い求人か」がわかりませんよね。そこで、民間企業の実態について説明します。

まず給料ですが、国税庁の「民間給与実態統計調査によれば、民間企業で働く男女の平均年収は正規雇用で485万円、非正規雇用で171万円とのことです。

正規雇用の男性は平均年収539万円、非正規の男性は226万円となっています。

残業時間は厚生労働省の調査によると、月々10.8時間が平均とのことです。

企業の口コミを社員が投稿するVORKERSというサイトの調査によれば、月々47時間となっています。

平均年収は案外高いと思うかもしれませんが、平均年齢が男性45.4歳で平均勤続年数が男性13.3年と長く勤めていてその年収なので、転職をして最初から平均年収を得ることは難しいです。未経験からだと300万円得られれば良いといったところでしょう。

求人を見るときに考えるべきこと

実態を知った上で、今度は求人を見えるときに考えなければならないことについて説明します。

実態を知ると、自分にはどれくらいの給料・条件が見合うのかが「なんとなく」わかってきますよね。それと、「これくらいは得たい」という希望の折り合いを付けなければいけません。

消防士からの転職は未経験職種が多いでしょう。

消防士から転職をすると、給料が下がることが多いです。今までと同じ給料は望めないとしても、いたずらに自分の価値を下げることはありません。

どこまで給料を下げられるのか、平均年収などを参考にしてラインを考えてみましょう。

給料以外の希望条件と照らし合わせ、給料を優先させるか他の条件を優先させるか優先順位をつけることも必要です。順位によって最低限の給料ラインは下がることがありますし、上がることもあります。

最後に

消防士を辞めて民間企業へ転職するのは、大きな冒険です。決断するのに大きな勇気が必要ですし、決断した後も不安や悩みは尽きませんよね。

けれども、焦らないことが大切です。

ゆっくりと転職活動の準備をして、転職エージェントを使ってじっくり求人を精査して応募する。これが、転職を成功させるための近道です。

ここまで読んだ人ならもう準備はできているでしょうから、後は動き出すだけ。後悔しないようにしましょう。

消防士からの転職におすすめの転職エージェント

無料登録はこちら