Webライター・編集担当

Webライター・編集担当
×
求人・転職

Webライター・編集担当の求人傾向

Webライターの求人は各転職サイトやアルバイト求人サイトなどで出回っています。ただし、正社員で募集しているところは編集を兼ねていることが多く、Webライターという仕事のみに限定すると、正社員の求人が少ないです。

Webライターの求人の多くが、業務委託やアルバイト・パートという形で募集されています。

一方、編集担当の求人ですが、Webライターよりも求人数が多く、正社員での採用が一般的です。ライターは外注するが、編集は自社の人材に任せるといったスタイルの企業が多いということでしょう。

フリーランスのWebライターの案件

フリーランスWebライターの案件についてですが、多くの案件が出回っています。案件は転職サイトなどでなく、フリーランス向けの案件紹介サイトにて掲載されるものです。

サイトについては、後ほど詳しく述べますが、それぞれのサイトにWebメディアを運営している会社または仲介業を営んでいる個人が募集をかけています。

近年の案件掲載の特徴としては、サイトによっては同じ会社ばかりが掲載しているということが挙げられるでしょう。同じ会社・同じ案件が再度掲載されているというのが多く、新しい案件を見つけるのが、難しくなっています。

Webライター・編集担当者になるための転職活動のポイント

自分の得意分野・専門分野を定める

Webライターに転職するのであれば、自分の得意分野や専門分野を定めるところからはじめましょう。

ライター経験者であれば必要ない作業ですが、未経験であれば必ずやっておいた方が良い作業です。この作業をするかしないかで、案件の単価が変わってきます。

自分が何について詳しいのかを洗い出す作業ですが、まずは現在の職業や前職などについて考えましょう。

例えば、金融業界に勤めていたということであれば、金融業界の内情や金利・ローン関係に強いということになるかと考えられます。金融は需要が高いジャンルなので、それだけで転職の強みになりますね。

仕事から得意分野・専門分野を洗い出すことができない場合は、大学や専門学校・高等学校で何を専門的に勉強したのかを考えましょう。そこから、専門分野・得意分野を見つけると効率が良いです。

個人ブログを流行らせよう

これはライターでも編集担当でも同じですが、未経験ならまずは個人のブログを流行らせることから始めてみれば良いでしょう。

編集としては、ディレクション業務がどのようなものかを知るきっかけにもなりますし、ライターは会社と契約をとる際にブログの有無を問われる場合があり、それが選考の材料にもなるので、必須です。

個人のブログが流行っており、大きなコンテンツとなっているのであれば、それは十分に実績として使うことができます。

また、ブログとツイッターを連動させている人は、SNSでの集客力が大きいと判断され、宣伝効果も期待されることが多いのです。仕事で作成しているサイト・コンテンツをツイッターで共有するといったことですね。

マーケティングまでを行うことができるライターや編集者というのは、重宝されます。

フリーランスとして働くのにおすすめの案件サイト

フリーのWebライターは、案件サイトを利用してクライアントと契約をとったり、案件を回してもらうのが一般的となっています。たくさんある案件サイトの中から、フリーランスに特におすすめしたいサイトをいくつか選んでみました。

  • クラウドワークス
  • ジョブポータル
  • SOHO人材市場

クラウドワークスは、とても有名なクラウドソーシングサイトです。サイト利用料として報酬から一部金額が引かれるのが痛いですが、案件の数とクライアントの種類はとても多くなっています

前述したような「同じクライアント」「同じ案件」ばかりという状況は、クラウドワークスには当てはまりません。長期案件から単発のタスクまで、さまざまな案件を受けると良いでしょう。

ジョブポータルは、クラウドワークスとは違って直接契約をする場です。同じクライアント・同じ案件が多いですが、中には変わった案件も出回ります。こまめにチェックしていると良いでしょう。直接契約をとりたいという人は、利用してみると良いのではないでしょうか。

SOHO人材市場は、利用するのに年齢制限があるなど、ハードルが高いサイトです。案件のハードルも他より高く、ある程度経験を積んでから利用するようにしましょう。