Webクリエイターの最初のステップアップ、それがWebプランナーへのステップアップです。

一般的なWebクリエイターは「企画されたものを作るために、それぞれの専門分野を担当する」のが仕事。プランナーになれば、企画をする側に回ることができます。つまりは少し上の工程を担当することができるわけです。

一般的なWebクリエイターからWebプランナーにステップアップしたいなら、実務経験を積みつつ勉強をしなければなりません。その勉強をするのに打ってつけの資格というものが、いくつかあります。

Webプランナーになるために取得しておきたい資格

Webデザイナー検定

Webデザイナー検定は、一般的なWebクリエイターが是非受けておくべき検定試験です。Webデザイナーであっても、コーダーであっても受けておいて損はありません。

プランナーの仕事はデザインの知識も絡んでくるため、デザイナー以外の仕事をしている人ほど、おすすめの検定です。3級から1級まであり、徐々にステップアップしていけば良いでしょう。

プランナーを目指すなら、1級は欲しいところですね。1級の範囲というのが「実際の現場で企画やデザインを行うことができる能力」を測るものとなっていますから、ちょうどプランナーの仕事と被り、良い勉強になります。

マーケティング・ビジネス実務検定

Webプランナーとして仕事をするのに必要な知識は、デザインやコーディングの知識だけではありません。

企画を作るために必要な要素ということで忘れてはいけないのが、マーケティングやビジネスについての知識です。特にウェブマーケティングの分野については精通していなければなりません。

そのため、マーケティング・ビジネス実務検定を受けることをおすすめします。マーケティングやビジネスについての考え方を基本的なところからより深い部分まで学ぶことができるため、それらの知識を身につけたいという人にはとてもおすすめです。

ウェブデザイン技能検定

上記二つの資格でも十分心強いのですが、この資格を取得していれば鬼に金棒です。これはWeb業界初の国家資格で、他の資格よりも難易度は高くなります。ただ、この資格でカバーできる範囲はとても広いです。

その範囲は、インターネットの概論やブラウザについての知識・セキュリティ・ネットの最新事情・ネット関連の法令・Webデザイン・マルチメディア全体について・サイトの設計・構築技術・運用管理技術などなど・・・。細かく分類すれば、その分野はもっと多くなります。

この資格は3級から1級までありますが、2級までは取得しておきたいところです。1級は受験するのに実務経験7年以上というハードルがありますから、とりあえず2級取得を目指しましょう。この資格があるだけでも、プランナーへのステップアップは楽になります。

Webプランナーにはどのようなスキルが必要になるのか

プランニングの力

プランニング・企画の力といっても、そこにはさまざまな能力が必要とされます。まずはビジネス的な視点です。

作る側というよりも、それを運用する側の視点も必要になりますし、ビジネスにどのように活かすのかというような考えも必要になります。マーケティングの能力も、このプランニング能力の中に含まれているのです。

Webクリエイターとしての高い能力

Webプランナーになるには、その下地となるクリエイターとしての高い能力が必要となります。

一般的なWebクリエイターからのステップアップですから、当然その「クリエイターとしての能力」は必要です。自分が専門的に仕事をしていた分野(デザイナーならデザイン、コーダーならコーディング)はもちろんですが、そのほかの分野に対する理解も必要になります。

コミュニケーション能力

資格取得のための勉強で身に着けることができない、証明することができない能力が、ひとつあります。それがコミュニケーション能力です。

プランナーになればクライアントやディレクター・プロデューサーなどと打ち合わせをする機会が今よりも増えます。そのため、当然コミュニケーション能力は必要になるのです。