IR担当者 × 仕事内容

IR担当者の役割

IRは「インベスター・リレーションズ」といい、IR担当者の仕事は株主や投資家といった会社関係者へ向けて行われるものです。

外部に対して情報を提供することが役割であるのですが、宣伝を目的としてメディアへ情報を発信するPR活動とは異なります。

自社の財務に関する情報など投資をする上での判断をするにあたって必要とされる材料を提供するということで、ひいては将来的な自社の経営をも左右することになりかねませんから責任も大きなものとなるのです。

社外とのコミュニケーション

IR担当者は市場へ向けて実施する定期的な決算報告のほか、業績にかかわるプレスリリースを発信することも役割です。

それに対して投資家が気になっている収益の状況や将来的な業績、経営面や財務的な戦略に関して問い合わせがあればそれにも対応することになります。

取り扱う情報としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 他社の買収や合併
  • 役員に関する人事
  • 業績数値の予想修正
  • 資金の調達

会社の顔としての対応

株主や投資家からIR担当者へ寄せられる質問や確認事項の内容には企業の戦略などにもかかわるものも多く、それに対して適切に対応することは、社長をはじめとする自社の上層部が本来行うべきことを任せられているということにもなります。

担当者としての職位であっても、経営側の視点を持って自社のことを十分に理解して業務にあたらなければなりません。

また、投資判断を行う上で必要なものとして企業が実施しているそれぞれの事業や特定の商品、サービスなどに関する情報が求められるケースもあります。

そのような場合にもIR担当者は幅広く対応することが役割となり、仕事をしながら自社の全般にわたって知識も蓄えなければなりません。

IR担当者の仕事に向いている人

数字に強い人

IR担当者は財務諸表などの帳簿を素材として自社の財政状況などについて説明しますから、さまざまな数値の意味を知っていなければなりません。

職種としての実務経験が浅いとしても経理や財務、経営などにかかわった経験があって、ある程度の数字を知っていると適性は十分にあるということになります。

コミュニケーションに長けている人

IR担当者は経営のことを理解した上で、株主や投資家へ自社のことについて十分な説得力のある説明をしなければなりません。

基礎知識は学習によってカバーすることもできますが、経験によって培われるコミュニケーション力はそれだけでも職種としての適性になるということができるでしょう。

IR担当者の仕事で得られるもの

幅広い業務知識

IR担当者として仕事をする上では自社のあらゆることに関する知識を要求される場面が生じ得ますから、さまざまな分野へかかわる必要もあります。

通常はいち部署に所属して自社事業の一翼を担うというところ、いろいろな部署が手がけている業務の知識までも蓄積されていくのです。

キャリアアップの基礎

一般的には規模の大きい職場で勤務するほど全社的なことは知り得ない部分も多いのですが、IR担当者として働いていることで経営面のことなどにもふれる機会があります。

身についたことは、将来的に転職したり独立したりしてあらたなステップへ進んが場合にも、仕事をする上でのノウハウとして十分に役立てることができます。