サービス付き高齢者向け住宅
×
求人傾向と対策

高齢者に対する対応は年々変化しており、様々な試みを行いながら何が最善なのかを検討しています。

最近になり追加されたものに、「サービス付き高齢者向け住宅」があり不動産関係からも注目されているのです。

サービス付き高齢者向け住宅はバリアフリーが備わっており、介護者が常駐しているため安心した生活が送れる施設です。

介護者が常駐している点からも分かる通り、人材の確保が大きな課題です。

サービス付き高齢者向け住宅の求人は年々増加傾向にあり、勤務を希望している人は大きなチャンスでしょう。

ではサービス付き高齢者向け住宅はどういった特徴を持ち、求人にはどのような傾向があるのかを見ていきたいと思います。

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅は、介護と医療が備わったバリアフリー住宅を指します。

主に民間企業が設置をし、都道府県単位で認可・許可された賃貸住宅のことで、高齢者が安心して暮らすためのサポートが充実しているため最近は特に人気を得ているのです。

この賃貸住宅は高齢者でも入居がしやすく、賃貸形式で契約する企業が多いので初期費用がほとんど発生しません。

有料老人ホームなどは初期費用が高額な場合が多いのに比べれば、経済的な面でのメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

また多少介護が必要になっても、日中は医師や介護士が常駐しているので様々なケアを施してもらえるのも嬉しいところ。

別の施設への移動なども発生しにくいことから、住み慣れた地域で長く暮らせる精神的な安定が得られるのも、人気の秘密です。

しかしながらサービスが付加されているだけに、一般的な間取りの家賃に比べて割高ですし、施設によってサービスに大きな差があります。

また、同居者も限られてくるので、条件面で苦労を感じる人がいるのも事実です。サービス付き高齢者向け住宅に入所できる人は、原則60歳以上で自立した生活を満足でなくても送れることが条件となります。

認知症の介護に関しては基本的には対応しないので、同居人が介護をする必要がある点に注意が必要です。

サービス付き高齢者向け住宅職員の求人傾向

サービス付き高齢者向け住宅は、介護施設ではなくあくまでも高齢者向けの賃貸住宅という位置づけです。

「介護の資格が発揮できると思い就職したが、仕事内容は安否確認ばかりで拍子抜けした」

こうした声が実際に就職した人から多く漏れているので、事前に仕事内容の把握やサービス付き高齢者向け住宅が、どのような形態なのかを理解しておく必要があるでしょう。

不動産業界が注目していることもあり、サービス付き高齢者向け住宅は年々その数を増やしています。

つまり求人数は今後も増加の一途を辿ると予想されますし、実際に売り手市場です。

仕事がら、夜勤を必須とする企業も多いですが、基本的には交代制なので残業が無いところも多い傾向にあります。

また、嬉しいことにシフト制を採用している関係で、パートタイムの人でも積極的に採用をしてくれているため、主婦など限られた時間でしか働けない人にも仕事のチャンスがあります。

仕事内容が少々特殊でもあるので、介護福祉士やヘルパーの資格を有していない人は応募できない求人が結構あるので、その点は注意してください。

サービス付き高齢者向け住宅の求人選びのポイント

サービス付き高齢者向け住宅は指定された場所に常駐をして働くため、転勤というもの自体が存在しません。

転勤が難しい人にとっては嬉しい待遇でしょうが、不規則な勤務時間になるのは覚悟しておいたほうが良いでしょう。

24時間体制で対応をしなければならないので、シフト制で他の人が欠勤した際などは人手が少なければ出勤せざるを得ません。

夜勤などが難しいようであれば、昼勤のみの勤務が多いグループホームや病院施設などを探すのが良いでしょう。

資格は必須と言えるので、未経験者には少々敷居が高い仕事であることは間違いないですが、最近は人手不足からか未経験者を歓迎する企業もあります。

自分に合う条件などを見極めながら、仕事内容も吟味して慎重に決めていくのがポイントですよ。