実務研修者
×
求人・転職

介護職員初任者研修よりも取得が難しく、それゆえに人材が圧倒的に足りていない資格が「実務研修者」です。この資格を保有していると、「サービス提供責任者」としてやりがいのある仕事に就くことも可能です。

また、ケアマネージャー(介護支援専門員)になるための通過点になる資格でもあります。

資格保有者が圧倒的に少ない実務研修者は、求人や転職では有利になる得るのか気になりますよね?

やはり資格を持っているなら、それを武器として優位な条件で仕事をしたいものです。ここでは、実務研修者が求人や転職でどのような立ち位置なのかを、詳しく見ていきます。

実務研修者の求人が出される職場

実務研修者の資格を持っている人は、どういった職場で求人が多いのでしょうか?

介護職員初任者研修よりもカリキュラムが長く、費用もかなり高額になることから取得している人が非常に少ない実務研修者。

資格を取得となれば、訪問介護では「サービス提供責任者」というリーダー的な役職に就けるので、ニーズは年々高まっています。

そのため、訪問介護を筆頭にして、特別養護老人ホームやデイサービス、ショートステイなど介護のあらゆる施設において求人があります。

そして嬉しいことに、「実務研修者は優遇」と求人要綱に書かれている場合が多いです。

何を意味しているかというと、待遇などの条件が良い企業には多くの就職希望者が集まります。

採用枠は決まっているので、希望者を選考にかけて絞り込みを行っていくのですが、この時に実務研修者の資格を持っているとそれだけで就職を決定できてしまうのです。

実務研修者を持っている人は、介護の仕事に責任感を抱き長年従事する決意がある者だと企業側は判断します。

この資格を持っているだけで、採用に関して圧倒的な有利さを持てるため、安定した数のある求人の中から比較的自分の思い通りに進められるでしょう。

パートや派遣の求人について

介護の職場では正社員が一般的な採用条件とされていますが、人手不足からそうも言ってられない状況があるため、採用の基準を引き下げている企業も多いものです。

特に特別養護老人ホームや有料老人ホーム、デイサービス、訪問介護など人材を特に欲しているところはシフト制にして、パートや派遣でも受け入れています。

こうした状況の中、実務研修者の資格を保有しているとこちらの条件を企業側が受け入れてくれるケースもあるほどです。

本来であれば正社員でしか募集していないところでも、実務研修者の資格を持っている人がどうしても欲しい企業であれば、特別にパートなどの区分で採用をしてくれます。

ですから求人には、「正社員のみ」と書かれているところでも、相談をしてみると案外パートでも大丈夫と返答してくれたりするので、諦めずに積極的に動いていきましょう。

実務研修者は転職でかなり有利に

介護職員初任者研修のカリキュラムを受講し証明書を交付してもらっている、介護施設従事者は多いですが、実務研修者の資格を持っている人は圧倒的少数です

転職をしようとしたとき、この資格は最強の強さを発揮するとみて間違いありません。

転職活動の際に見る求人の量が、資格があるのと無いのとでは大きく違っていることに気付くハズです。

今後の介護業界を引っ張っていく存在になり得る、実務研修者は企業から見ても「即戦力」と期待されるので、訪問介護の分野であれば好条件の中採用をしてくれるところもあるでしょう。

転職をしてどの分野で働きたいのかによって、求められる資格や素質は変わってきます。それでも介護・福祉施設で働くと希望しているのであれば、必ず実務研修者の資格を保持していると伝えましょう。

転職では希望しているほぼすべての人が、今よりも条件が良く働きやすい優良施設を探しており、実際にそのような施設は倍率が高くなります。

激しい競争を勝ち抜く強い武器が、実務研修者ですので持っていれば積極的に応募してみましょう。