パタンナーの役割

型紙の制作

デザイナーのインスピレーションを形にする

パタンナーにとってもっとも大切な役割は、デザイナーが描いたアパレル・ファッションアイテムのデザイン画から実際に完成品のベースとなる型紙を制作することです。

デザイナーがデザイン画だけでそのアイテムに関するすべてのイメージを表現することは非常に難しく、そのまま型紙を起こしたとしても良いものができあがるわけではありません。

そこでデザイナーとの共同作業をすることがきわめて重要であり、意図されているものが忠実に具体的に表されるよう細部まで考えて型紙を作らなければなりません。

量産へ入るために

実際の製品化が決まったアパレル・ファッションアイテムはもちろんさまざまなサイズで生産されることになり、それぞれサイズを変えた型紙を用意する必要があります。

パタンナーは標準とするサイズのパターンをもとにして、展開するサイズごとに量産するための型紙を用意することが役割として任されています。

型紙は従来から手書きで作られてきましたが、最近はファッション分野に特化されたアパレルCADを使用するケースが一般的になっているほかイラストレーターなどのソフトウェアが用いられる例もあります。

サンプルのチェック

パタンナーが制作したアパレル・ファッションアイテムの型紙からは、まずサンプルが作られます。

発表会などのイベントで展示されるほか営業時のプレゼンテーションなどにも用いられるものですから、できあがったサンプルをあらかじめチェックすることも大きな役割となっています。

そもそものデザインでコンセプトとしていたものが十分に表現されていなければ、イベントもプレゼンテーションも成功しないのです。

パタンナーに向いている人はどんな人か

正確な仕事を得意とする

アパレル・ファッションアイテムの実物はパタンナーが手がけた型紙から作られるものですから、わずかな計算ミスがあるだけでもまったく異なるものになってしまいかねずミスがあることは許されません。

そこで普段から緊張感を持ってこまかな点にまで気を配った作業をしなければならないため、元から正確性が高い仕事が得意であれば職種として適性があるということになります。

一人での作業が苦にならない

アパレル・ファッション業界においてパタンナーはデザイナーとの密な話し合いによって仕事を進めていきますが、実際の作業に関していえば一人で打ち込むことになります。

このあたりは職人のような気質が求められるところでもあり、黙々と目の前の作業に集中することが好きであれば資質もあるということができるでしょう。

柔軟に考えることができる

アパレル・ファッションにかかわる職種の中でも、パタンナーは感性をフルに活かすというより技術畑の仕事であるということができます。

職人は時にこだわりが強くなりすぎて異なる考え方を受け入れにくくなるといった事態に陥りがちですが、周囲の話をよく聞いて柔軟な考えを持つだけの受け皿があればそれで仕事を続けていくにも十分に向いているということができます。

パタンナーの仕事で得られるもの

世界で通用する力

アパレル・ファッション界で力を蓄えた人材は、日本国内にとどまらず活躍の場を世界に広げている事例も多くあります。

パタンナーについても世界規模で人材を欲している企業は数多く、実務経験を積み続けていくことで後々国際的なステップアップへつながることも夢ではありません。

独立するための基礎

パタンナーとして実務にあたっている中ではおのずとアパレル・ファッションに関しても知識が深まっていき、デザイナーとともに仕事をすることで刺激になるところや吸収することのできるものも多々あります。

業界の中心で長い間にわたって仕事を続けていくことで世の中から必要とされているものの情報なども得られ、将来的に独立して自分で仕事をしていくための基礎をかためることもできるのです。