アパレル業界の事務職の求人・転職動向

アパレル・ファッション関連の事業を手がけている企業で事務職を募集する求人の数は、世間でも景気が少しずつ良くなってきているにつれて増加しています

事業の拡大などに先立っていち早く人員を確保しようとしている会社も多く、この場合は採用にあたっての応募条件を緩和していることも多々あり必ず経験が求めるということもありません。

採用枠自体が広がっているとはいってももちろん、経験があってスキルも身についていれば選考上での利点となります。

今後の展望

アパレル・ファッションに対する興味を持っていて事務職に魅力を感じているということであれば、未経験からでも就業しやすい現在は大きなチャンスであるということができます。

年齢層については、未経験者で30代以上を対象として含めているとなるとさすがに求人数も減少します。

ですが絶対に何かしらの資格が必要とされる職種ではありませんから人柄や臨機応変な対応力、やる気があれば十分に挑戦することは可能です。

アパレル業界の事務職の求人の選び方

残業の多少

アパレル・ファッションという業界で働くにあたってはどうしても残業が多くなりがちであり、事務職も例外ではありません。

業界大手でサービス残業の多さからうつや退職へ追い込まれている社員が多いといった実態が明らかになったこともあり、残業の多少という観点から職場選びをするとなると慎重な情報収集が必要です。

求人票に記載されている残業や休日に関する条件と実態が一致していない現場も少なからずあるため、現場の声を情報として収集するなどのアクションも起こす必要があります。

スキルアップを意識する

事務職とはいってもアパレル・ファッションの世界で仕事をするのであれば、おしゃれのトレンドや別の職種についての知識を深めたいなど実務の中でほかに望むところがある場合があります。

求人元によっては現場のサポートやイベントのヘルプ要員といった部分に比重を置いているケースもありますから、働きながら幅広いスキルを身につけることのできる可能性もあるのです。

ブランド力を意識する

アパレル・ファッションに対して興味を持っている以上は、最前線ではない事務職とあっても名前を広く知られている企業で仕事をしてみたいという気持ちが志望の原動力になっていることも往々にしてあります。

ブランド力がある企業はそれだけ社員の待遇を充実させている傾向もあり、自由な風土で雰囲気も良く働きやすい環境であれば理想的です。

そのほかキャリアアップへつながる選択肢が多くあることも特徴であり、40代を過ぎてからでも活躍する道が十分に用意されていることでも人気が高くなっています。

アパレル業界で事務職として採用されるためのポイント

活かせる経験

販売職の経験

アパレル・ファッション系の事務職では、商品の入出荷や在庫関係の管理を担当することも多くあります。

このあたりは過去にショップなどで販売職として勤務した経験があるとスムーズな事務処理をすることができ、選考でも注目されやすくなります。

接客業の経験

アパレル・ファッション界においては、職場によって事務職として採用されているスタッフであっても現場のサポートなどにあたる可能性があります。

そういった場面でこれまでに接客業関係の仕事をした経験があると現場でも失礼のない最低限の行動はとることができ、応募先で採用されるためのプラス要因とすることもできます。

事務職の経験

業種は異なっても事務職として勤務した経験があれば、アパレル・ファッション関係の仕事でも応用することのできる部分が多々あります。

広く経理事務や営業事務などといった職歴も役割分担が進んでいる大手の企業を中心として活きるものとなっていて、選考を有利にするでしょう。

ここをアピールするべき

パソコンスキル

アパレル・ファッション業界においても、事務職にパソコンを操作するスキルは今や必須のものとなっています。

MOSなどの資格を取得していることはもちろん、専門学校へ通った経験や日々のタイピング練習などもアピールすることのできるポイントになります。

サポート職への適性

アパレル・ファッション分野の企業で働く事務職には、サポートとしての役割が多く任されています。

元から人を支えることが好きである、地道な作業を得意としているなどの性格的な部分も職種の適性として前面へ押し出したいところです。