内勤営業

内勤営業・カウンターセールス
×
求人・転職

内勤営業・カウンターセールス職の求人・転職動向

求人数の推移

内勤営業職は業種として不動産業や保険業、自動車販売業などといったように人々のくらしと密接にかかわる分野の商品やサービスを取り扱っている企業を中心に多く見られている職種です。

そのため時代の変化にかかわらず商品やサービスの必要は常にあるものですから、その営業活動を担当する人間の需要も安定して推移しています。

求められている人材

●傾聴力がある人
自分からアクションを起こしていく訪問営業などとは違ってカウンターセールスですとお客さんとの対話では聞き手となることが通常であるため、大前提として人の話を聞くことが好きであれば適性はあります。

「聞く力」が強みとなるレベルのものであれば、未経験で挑戦するとなっても人材としてのニーズは十分にあります。

●接遇力がある人
会社の最前線となる現場である店舗などでお客さんへ対応するということで、内勤営業職はいかにも営業社員というように売ろう売ろうという姿勢が見えないことでより望ましいところもあります。

あくまでもお客さんが望んでいることをヒアリングした上で、それに対して提供することのできる商品やサービスの提案とともに理解を求めていくということになるのです。

商談ばかりを優先するのではなくお客さんのプラスになるアドバイスもするなど役に立とうとする姿勢が重要であり、そういった意味でおもてなしの心をもって尽くす力は大いに重視されます。

内勤営業・カウンターセールス職の求人の選び方

高収入を目指したいなら…

カウンターセールスは受動的な営業活動というスタイルであるという以上、無制限に見込み客と接触することのできる外勤営業職のように自分で売上の「種まき」をすることができません。

そういったことを考えると、大きな商談を成立させて高い成果給を狙うといったことが高収入を目指すための選択肢となります。

職場でいうと分譲住宅や土地などを取り扱っている不動産販売業、外国車などの高級車を扱う自動車ディーラーなどですと容易に成約へ至ることがない代わりに話がまとまればリターンも大きくなるのです。

営業未経験から経験を積みたいなら…

内勤営業でもテレマーケティングといった働き方であれば特に、お客さんと直接顔を合わせて話をする機会が基本的にありません。

電話ではありますが経験を重ねることで提案を切り出すタイミングや話の間などもつかんでいくことができますから、未経験から営業の仕事へ挑戦したいというときに適している職種のひとつであるということができます。

内勤営業・カウンターセールス職として採用されるためのポイント

採用に有利な資格

カウンターセールスですと商品やサービスに関して受けた質問などにもよどみなく答えるために自社の知識を十分に持っていることはもちろん、業界全般の情報などもしっかり持っておきたいところです。

業界と関連している資格を持っていれば、求人募集へ応募した際にも採用選考でプラスのポイントとなります。

たとえば旅行代理店などですと旅行業務取扱管理者、不動産販売業であれば宅地建物取引主任者などといった資格が内勤営業職として勤務する上で大きな武器になるものです。

活かせる経験

さまざまなスタイルがある営業職の中で内勤営業はベースとなる仕事として位置づけることもできるため法人営業や個人営業、ルートセールスなどといった経験があれば問題なく活躍することができるでしょう。

また営業職ではなくても志望先と同じ業界で勤務した経験があってある程度の専門知識も持っていれば、それだけでも十分に対応することが可能です。