受付・窓口担当者の求人・転職動向

受付・窓口担当者になるための資格はとくに必要がないので未経験であってもチャレンジしやすい仕事です。人と関わる仕事に就きたい!という方にとっては魅力的な職場です。

最近では企業だけでなく、百貨店のインフォメーションや複合オフィスビルの総合受付や病院などでの求人も増えているので活躍できる選択肢は広がってきています。

募集の数は増加傾向にあり、正社員や派遣社員はもちろん、アルバイトのような非常勤求人も出やすくなっています。

今後の展望

未経験でも挑戦することができる受付・窓口の仕事は、その企業の顔となる可能性もあるのでやりがいはあります。

経験を積んでいくことでどんな事態にも対応できるようになり、的確で俊敏な応対ができる受付・窓口担当者になればステップアップができるチャンスも増えるでしょう。

企業が存在している以上は欠かすことができないポジションであり、人材の必要がなくなるということはないでしょう。

受付・窓口担当者の求人の選び方

能力を伸ばせる職場を選ぶ

さまざまな人に合わせて応対することができるようになれる受付・窓口担当者は、高度なコミュニケーションスキルを習得することになります。

さまざまな経験を積むだけでなく、語学力なども身につけることができれば、受付のスペシャリストとなっていくことも可能です。

生活スタイルに合わせて職場を選ぶ

受付・窓口担当者の求人には未経験でも可能という募集も多いですが、最近ではさまざまな生活スタイルに合わせて雇用形態が選べるようになってきています。

正社員や契約社員やアルバイトなどの雇用形態があるだけでなく、正社員でもさまざまな制度を利用して生活スタイルに合わせて働ける職場もあります。

さらに、受付・窓口担当者として求人を選ぶときにワークライフバランスを考えているのであれば、福利厚生が充実していることも重要です。

募集している企業の福利厚生の中には、子育て制度や介護支援制度、映画などの娯楽を格安で楽しめる制度などまで整っているところがあります。

研修制度が充実している職場を選ぶ

未経験でも応募ができる求人の場合は、研修制度が整備されているかのチェックが必要です。

研修を受けることによって、言葉遣いや立ち振る舞いなどから冠婚葬祭のマナーなどまでを仕事のひとつとして身につけることができます。

受付・窓口担当者として採用されるためのポイント

高いホスピタリティーや好感が持てる笑顔、そして的確なビジネスマナーが求められる仕事なので接客経験があれば十分に活かすことが可能です。

とくに高級ホテルなどでの接客経験がある人は、受付・窓口担当者として採用される可能性が高くなります。

「接客業から事務系の仕事に転職したい」と思っている方にはおすすめの職種と言えます。

パソコンスキル

社員のスケジュール管理や会議室の管理などはパソコンを使用する企業が多くなっています。

ExcelやWordなどのソフトを使ってスケジュール管理をしたり来客数の集計をしたりするのでパソコンスキルは必要になってきます。

臨機応変さ

すでに臨機応変な対応力を持っているという人は、受付・窓口担当者に向いていると言わざるを得ません。

必ず起きる予想外な事態においても臨機応変に対応し、的確に判断できる能力は受付・窓口担当者には必須です。

活かせる資格

受付・窓口担当者に採用されるための資格はありませんが、持っていた方が有利になる資格はあります。

秘書検定という資格は人気があり知名度も高い資格で、社会人に求められる一般常識やマナーが身につくので転職活動ではアピールできます。