営業企画・販促企画
×
給料・待遇

営業企画・販促企画担当者の給料情報

平均年収

営業企画・販促企画担当者として働いている人が得ている平均年収については比較的近しい実務を担っている職種の中ですと高水準になっていて、金額としてはおよそ500万円です。

仕事をしていく中では多岐にわたる情報収集を行わなければならず、また担当する企画に関係する社内部門での連携や調整に奔走しなければならないといったこともあってそのあたりの力量が評価されることになります。

月収

営業企画・販促企画担当者に設定されている基本給の平均金額に注目すると、1ヶ月あたりで25万円程度といったところが標準的です。

実際には20万円から30万円程度を支給されている割合が6割以上になっていて15万円から20万円程度という割合も全体にするとおよそ4分の1、35万円を超えている例はあまり見られません。

賞与

営業企画・販促企画担当者が勤務している職場においては賞与に関する規程として夏季と冬季、年に2回の支給としているケースが大部分となっています。

金額の支給実績としては給料にして4ヶ月分程度になっている企業がもっとも多く、決算賞与も支給している会社では6ヶ月分以上に及んでいる事例も散見されています。

営業企画・販促企画担当者の給料面から見た将来性

給与の支給実績データ

●男女別
男性の営業企画・販促企画担当者は平均年収がおよそ550万円、女性ですとおよそ450万円となっています。

男女それぞれのいずれについても水準は高く100の職種を対象にしたランキングにおいて30位以上になっているデータがありますから、将来性も十分に見込むことができます。

  • 男性のうち15%程度は年収800万円以上
  • 女性のうち80%程度は年収300万円から600万円

●世代別
世代別で見た営業企画・販促企画担当者の平均年収は20代のおよそ400万円から30代でおよそ500万円、40代以上でおよそ700万円に達しています。

順調な昇給によって年齢に応じた年収もしっかり伸びていて、続けていく上でのモチベーションも持続される仕事です。

  • 20代では90%以上が年収600万円未満
  • 30代では50%程度が年収500万円以上で5%未満が年収1,000万円以上
  • 40代以上では50%以上が年収600万円以上で10%程度が年収1,000万円以上

実務の面から考える将来性

あらたな商品やサービスは常に生み出され続けているものであり営業企画・販促企画担当者はそれを売るための戦略を構築するために膨大な情報、自分の発想力も最大限に活用していきます。

そこから成果があがれば当然に実績の評価が給料へと反映されますから、将来への可能性も無限であるということができます。

営業企画・販促企画担当者の給料につながるスキル

発想力

営業企画・販促企画担当者は大規模なイベントやテレビコマーシャル、チラシの作成といったようにさまざまな企画を担当することになりますが用いることのできる予算は限られています。

その中で幅広くより大きな効果をもたらすべく柔軟な発想にもとづく多彩なアイデアをかたちにしていかなければならず、企画が成功すれば給与査定での評価にもつながります。

行動力

営業企画・販促企画担当者が企画を実現させる上ではたくさんの関係者とコミュニケーションをとり人を動かしていかなければならず、人並み以上の行動力がなければなりません。

時には現場へ出ての交渉やイベントの指揮をとるといったこともあり、ひとつの場所にとどまらないアクティブさも昇給のポイントとなるのです。