ショートステイは要介護者の認定を受けた高齢者が、介護老人福祉施設などに短期間だけ入所するサービスを指します。連続した入所は30日間という決まりがあり、30日連続を過ぎて31日目に突入した段階から全額自己負担になります。

実はこのショートステイは介護に疲れてしまった家族を癒す救いのサービスだと、かなり人気になってきており施設を今後増やしていく傾向があると言われています。

ということは、ショートステイに多くの人材が必要になってくるため求人量も増えると予想されています。

ではショートステイはどんな特徴があり、求人状況はどうなっているのかについて見ていきましょう。

ショートステイとは

ショートステイとは短期入所生活介護とも言われており、施設へ短期間入所して食事の世話やレクリエーション、理学療法士によるリハビリなどを受けることができます。

要介護者を短期間だけ預かるぐらいではメリットが無いように思えるかもしれません。

しかし介護を毎日行っている家族にとっては、一時的でも気分転換を行えたりリラックスできるので精神的な負担が減ります。

介護疲れからの犯罪も社会問題にされていますから、介護の疲れを一時的にでも軽減できるショートステイは今後益々必要とされるでしょう。

要介護や要支援の認定を受けている人は、その程度によって月間利用目安が定められています。基本的には目安回数以内の利用に留め、多くの高齢者が利用できるようにしておく必要があるのです。

費用は地域や年齢、要介護や要支援の程度によって大きくことなります。介護保険が適用されるので、負担は1割ですが1日ごとに費用が発生するのでトータルで考えると中々の金額に。

家族がしっかりと将来設計を考えて、利用を計画する必要があるでしょう。

ショートステイ職員の求人傾向

入所が基本のシステムのため、ショートステイ職員は運営している老人ホーム等に出向き、勤務を行います。

入所している関係で夜勤は必ず発生しますし、残業もある程度は覚悟しなければならないでしょう

資格を保有していなくても歓迎する求人もありますが少数派で、ほとんどは資格保持者を優遇しており、資格未保有者は募集していないところも多いです。

資格は必須だと考えて、ショートステイ職員の求人を見るのが無難だと言えます。

ショートステイと似たような職業に、有料老人ホーム職員がありますが、こちらは資格保持をしていなくても歓迎してくれるところは多いです。

資格は持っていないが実務経験をしたいと思っている人は、ショートステイではなく有料老人ホーム職員から求人を探したほうが良い条件と巡り合えるかもしれません。

基本的に経験ある人材を求める傾向にあるので、以前働いていたり、転職を考えている人にとっては魅力的な待遇などが多いでしょう。どちらかというと、経験者向きだと言えそうです。

ショートステイの求人分析データ
ショートステイは要介護者の認定を受けた高齢者が、介護老人福祉施設などに短期間だけ入所するサービスを指します。連続した入所は30日間という決まりがあり、30日連続を過ぎて31...

ショートステイの求人選びのポイント

ショートステイの求人選びのポイントは、「転勤があるか、ないか」という点を考慮に入れてください。

短期間の入所で介護をするショートステイ職員は、人材としては魅力的な場合が多いと言われています。夜勤勤務もできますし、残業もこなしてくれるし、ある程度の知識と経験が備わっている場合が多いからです。

人手不足が深刻な介護業界において、優秀な人材の確保はどの企業も最重要課題だと位置づけしています。

ショートステイ職員のような優秀な人材がいれば、経営している違う施設へ転勤させることも経営側の視点に立てば十分にあり得ます。

ですから、求人票に「転勤あり」となっているところであれば、短期間での転勤の可能性もあると思っておいた方がいいです。

自分の生活と相談してみて、転職が可能かどうかを吟味しショートステイの求人を選ぶようにしましょう。

また比較的他の介護職員に比べて待遇面は優遇されていると言われていますが、求人を出す企業の中には待遇面が厳しいところがあるのも事実。

文面だけに釣られず、職場の雰囲気なども意見を聞きながら参考にしてみるのが、賢い選択です。

いかがでしたか?

ショートステイの仕組みや求人選びのポイントなどについて紹介しました。

基本的に優秀な人材が揃っていると言われるショートステイ職員ですから、転勤はある程度は覚悟したほうが良いのかもしれませんね。